キリスト教徒(きょうと)は「律法(りっぽう)管理下(かんりか)」に()るのでしょうか?  
pdf version

 

 

「キリストが私達(わたしたち)にお(あた)(くだ)さった自由(じゆう)(とも)にしっかりお()ちなさい」と福音伝道者(ふくいんでんどうしゃ)聴衆(ちょうしゅう)の「アーメン」と(とも)(さけ)びます。

 

律法(りっぽう)管理下(かんりか)」に()かれるという(こと)は、キリスト教徒(きょうと)(もっと)(しん)じたくない事柄(ことがら)(ひと)つです。    (たし)かに、「(ひと)(ただ)しさは律法(りっぽう)善行(ぜんこう)ではなく、信仰(しんこう)によって(さだ)められる」(ローマの信徒(しんと)への手紙(てがみ)(しょう)28(せつ))という(こと)はキリスト教徒(きょうと)なら(だれ)でも()っています。

 

だからと()って、キリスト教徒(きょうと)は「十戒(じっかい)」に(したが)必要(ひつよう)がないのでしょうか? ()()えれば、キリスト教徒(きょうと)(ほか)(かみ)(あが)めたり、他人(たにん)(もの)(ねた)み、(うそ)をつき、不倫(ふりん)をし、(ぬす)んだり、「偶像(ぐうぞう)」にひれ()すといった(よう)十戒(じっかい)(そむ)いた行動(こうどう)をとっても、(つみ)にはならないのでしょうか?

 

ガーナー・テッド・アームストロング(ちょ)

 

(みな)さんは、青春時代(せいしゅんじだい)(ほう)(おか)して牢屋(ろうや)(はい)った(こと)がある、と無邪気(むじゃき)(みと)める(ひと)(はなし)何度耳(なんどみみ)にした(こと)がありますか?

 

演説法(えんぜつほう)実践(じっせん)として、または食事中(しょくじちゅう)緊張(きんちょう)をほぐす(はなし)の「きっかけ」として学生達(がくせいたち)がこうした(こと)(はな)場面(ばめん)を、(わたし)数多(かずおお)(おぼ)えています。

 

(なか)には(なん)エーカーもの松林(まつばやし)放火(ほうか)し、(おお)くの納屋(なや)自動車等(じどうしゃなど)破壊(はかい)して損害(そんがい)(あた)えたという(ひど)(はなし) もありました。

 

 

なぜか今日(きょう)では「()がさした」という言葉(ことば)面白(おもしろ)がられています。

 

では、私達(わたしたち)(ほう)(はん)する行動(こうどう)自慢(じまん)させる、(ひと)本質(ほんしつ)一部(いちぶ)である()とはいったい(なん)なのでしょうか?

 

年配者(ねんぱいしゃ)(あいだ)にはなぜ、「若気(わかげ)(いた)りで放蕩(ほうとう)して」(おこな)った犯罪(はんざい)や、街中(まちなか)での喧嘩(けんか)公共物(こうきょうぶつ)破損(はそん)といった(わる)ふざけ、悪質(あくしつ)悪戯(いたずら)、そして警官(けいかん)からの必死(ひっし)逃亡(とうぼう)(など)といった(よう)(こと)をした青年時代(せいねんじだい)(ほこ)りに(おも)傾向(けいこう)があるのでしょうか?

 

私達(わたしたち)権力(けんりょく)嫌悪(けんお)させる(ひと)本質(ほんしつ)とをは、いったい(なん)なのでしょうか?

 

人間(にんげん)には、まるで()まれ()った、(ほう)(やぶ)りたいという(うち)()めた衝動(しょうどう)があるのでしょうか?

 

無法(むほう)時代(じだい)

 

第二次世界大戦後(だいにじせかいたいせんご)植民地帝国(しょくみんちていこく)崩壊(ほうかい)(ともな)い、 世界(せかい)は、何百万(なんひゃくまん)という(いのち)(うば)ったぞっとする(よう)粛清(しゅくせい)や、大虐殺(だいぎゃくさつ)事実(じじつ)何度(なんど)(おびや)かされてきました。

 

異教(いきょう)(くに)の「野獣(やじゅう)」という聖書(せいしょ)記述(きじゅつ)(よう)政府指導者達(せいふしどうしゃたち)は、ますます人権(じんけん)正当(せいとう)(ほう)、また国際法(こくさいほう)(まった)無視(むし)して(みずか)らを(ほう)たらしめています

 

(ふく)()がる独裁制度(どくさいせいど)、つまりは、世界中(せかいじゅう)国々(くにぐに)()こっている「強力(きょうりょく)な」独裁者(どくさいしゃ)による支配(しはい)(たい)して、抗議(こうぎ)する(こえ)はワシントンや(ほか)地域(ちいき)でもほとんど()かれません。

 

人権(じんけん)」は独善的(どくぜんてき)政府指導者(せいふしどうしゃ)によって、ある(くに)での人権(じんけん)欠落(けつらく)非難(ひなん)する一方(いっぽう)(べつ)場所(ばしょ)でのおぞましい大量殺人(たいりょうさつじん)()()けるといった(よう)な、都合(つごう)のいい使(つか)われ(かた)をしています。

 

 米国(べいこく)では、近所(きんじょ)()(あらそ)いが銃撃(じゅうげき)決着(けっちゃく)する(よう)危険(きけん)時代(じだい)(ちか)づいています。

 

十代(じゅうだい)非行集団(ひこうしゅうだん)街中(まちなか)(たが)いに(じゅう)手榴弾(しゅりゅうだん)(あらそ)い、様々(さまざま)超右翼派(ちょううよくは)独裁主義(どくさいしゅぎ)組織(そしき)が、(かれ)らがやがて()ると主張(しゅちょう)する革命(かくめい)()()けて、(あるいは(かれ)らが(つね)主張(しゅちょう)する、ユダヤ主義者(しゅぎしゃ)共産主義的(きょうさんしゅぎてき)教会協議会(きょうかいきょうぎかい)(ひと)つである「秘密結社(ひみつけっしゃ)イルミナティ」の(よう)現実(げんじつ)あるいは空想(くうそう)陰謀(いんぼう)(たい)する最後(さいご)防戦(ぼうせん)(ため)に)武器弾薬(ぶきだんやく)()めこんでいます。

 

(みな)さんが()世界(せかい)暴力(ぼうりょく)世界(せかい)なのです。(かな)しいほど権力(けんりょく)乱用(らんよう)されるために、(おお)くの()ばかりのキリスト教徒(きょうと)が「大切(たいせつ)なものを無用(むよう)なものと一緒(いっしょ)()て」てしまい、あらゆる権力(けんりょく)()()けがちになっています。

 

米国南部(べいこくなんぶ)田舎者(いなかもの)保安官(ほあんかん)が、黒人(こくじん)移住労働者(いじゅうろうどうしゃ)容赦(ようしゃ)なく拳銃(けんじゅう)(なぐ)ったり、残忍(ざんにん)看守(かんしゅ)無力(むりょく)受刑者(じゅけいしゃ)(たた)きのめしたり、精神病棟(せいしんびょうとう)新入患者(しんにゅうかんじゃ)大柄(おおがら)看護師(かんごし)非人道的(ひじんどうてき)(あつか)(よう)喜劇番組(きげきばんぐみ)を、私達(わたしたち)()(こと)があります。

 

こうした権力(けんりょく)乱用(らんよう)暴露(ばくろ)されていない日刊新聞(にっかんしんぶん)()(こと)滅多(めった)にありません。

 

大統領官邸(だいとうりょうかんてい)から議会(ぎかい)州都(しゅうと)から刑務所制度(けいむしょせいど)警察(けいさつ)から教会(きょうかい)(いた)るまで、政府権限(せいふけんげん)地位(ちい)非道(ひどう)乱用(らんよう)一般的(いっぱんてき)である(こと)私達(わたしたち)()っています。

 

この(よう)政府権力(せいふけんりょく)違反行為(いはんこうい)から「(のが)れた」と(おも)人達(ひとたち)は、無意識(むいしき)政府(せいふ)官僚主義(かんりょうしゅぎ)(すべ)てを拒絶(きょぜつ)する傾向(けいこう)にあります。

 

こうした状況(じょうきょう)において、(あい)(ゆる)し、信仰(しんこう)慈悲(じひ)というナザレのイエス・キリストの寛大(かんだい)(おし)えを(しん)じる()ばかりのキリスト教徒(きょうと)にとっては、大切(たいせつ)日々(ひび)(つと)めを放棄(ほうき)し、十戒(じっかい)(したが)うという義務(ぎむ)さえも(わす)()り、「自由夲放(じゆうすすむほう)に」()きるのは容易(たやす)(こと)です。

 

その結果(けっか)大勢(たいせい)人々(ひとびと)が「(かみ)()んだ」と(しん)じ、また、(かみ)は「()きて」おられると(しん)じる(おお)くの人々(ひとびと)さえ、(かみ)の「律法(りっぽう)」は()んだと(おも)ってしまうのも無理(むり)ありません。

 

(かみ)律法(りっぽう)と、あなたと律法(りっぽう)関係(かんけい)(かん)する真実(しんじつ)を、(いま)こそご自身(じしん)()で、ご自身(じしん)聖書(せいしょ)でご(らん)なって(くだ)さい。

 

慈悲(じひ)とは(なに)でしょう?

 

(もっと)頻繁(ひんぱん)使(つか)われる言葉(ことば)(ひと)つに、「律法(りっぽう)(もと)ではなく、慈悲(じひ)(もと)()る」というものがあります。

 

しかし、慈悲(じひ)とは(なに)でしょう?(ひと)が「慈悲深(じひぶか)」という(さい)は、一般的(いっぱんてき)(やさ)しく、親切(しんせつ)善良(ぜんりょう)である(こと)意味(いみ)します。 (おお)くの(おや)誕生(たんじょう)した (むすめ)に、(おだ)やかで柔和(にゅうわ)気立(きだ)てになるようにと「グレース(慈悲(じひ))」と名付(なづ)けてきました。しかし、聖書(せいしょ)(しる)されたその言葉(ことば)意味(いみ)(とく)に「律法(りっぽう)(もと)ではなく、慈悲(じひ)(もと)()」と()うのはどういう意味(いみ)なのでしょう?

 

手始(てはじ)めに、それは(つみ)(おか)許可(きょか)(あらわ)しているのでしょうか?

 

「それは(ちが)います!」という(こた)えが(かえ)ってくるでしょう。  しかし、(つみ)(おか)許可(きょか)でないとしたら、それは(かみ)律法(りっぽう)(まも)必要(ひつよう)がないという意味(いみ)なのでしょうか?

 

「それは…また(べつ)(はなし)です」という(こた)えが(かえ)ってくるでしょう。

 

それでは、ウェブスター・ニュー・カレッジ英英辞典(えいえいじてん)Webster’s New Collegiate Dictionary)で慈悲(じひ)grace)の意味(いみ)()てみましょう。

 

慈悲(じひ)とは「(のぞ)み、親切(しんせつ)慈悲(じひ)(など)」の意味(いみ)です。教会(きょうかい)用法(ようほう)では、「(かみ)慈悲(じひ)もしくは(ゆる)し」です。

 

慈悲(じひ)とは、単純(たんじゅん)親切(しんせつ)善良(ぜんりょう)かつ(やさ)しい気立(きだ)てであるだけではなく、(かみ)(のぞ)みと慈悲(じひ)、つまり神聖(しんせい)なる慈愛(じあい)または(ゆる)しの意味(いみ)(ふく)んでいるのです。

 

しかし、(なん)(ゆる)しなのでしょう?

 

もちろん、(つみ)(おか)した(こと)(たい)しての(ゆる)しです!

 

しかし、ここでまた(べつ)言葉(ことば)定義(ていぎ)()になりませんか?(つみ)とは(なに)なのでしょうか?

 

聖書(せいしょ)はこう()っています。「(つみ)とは、律法(りっぽう)(そむ)(こと)です」(ヨハネ(よはね)手紙(てがみ)I(しょう)(せつ)

 

もし(つみ)(かみ)律法(りっぽう)(やぶ)(こと)であるならば、それはまた(かみ)律法(りっぽう)を「(まも)らない」(こと)でもあるのです!

 

ヘブライ()由来(ゆらい)する(つみ)という言葉(ことば)厳密(げんみつ)には、「(まと)をはずす」あるいは「失敗(しっぱい)」を意味(いみ)します。してはいけない(こと)(おか)(つみ)もあれば、すべき(こと)をしない(つみ)もあります。(つみ)を「(おか)す」という行為(こうい)は、(かみ)十戒(じっかい)や、イエスが山頂(さんちょう)での説教(せっきょう)やご自身(じしん)生涯(しょうがい)そして教訓(きょうくん)(つう)じて(しめ)された十戒(じっかい)に、(たと)間接的(かんせつてき)にでも(はん)する行為(こうい)(こと)です。

 

(ぜん)(おこな)わない(こと)で、無意識(むいしき)のうちに(ひと)(つみ)(おか)しているのかもしれません!  (かみ)はこう()われています。「(ひと)がなすべき(ぜん)()りながら、それを(おこな)わないのは(つみ)である。」

 

(つみ)とは(かみ)律法(りっぽう)(やぶ)(こと)だけではなく、(かみ)律法(りっぽう)(まも)らない(こと)でもあるのです。

 

(かみ)律法(りっぽう)(やぶ)った(とき)(ひと)は「罪人(ざいにん)」と()われます。

 

(ひと)皆罪(みなつみ)(おか)し、(かみ)栄光(えいこう)により(とお)のいてしまった。」(ローマの信徒(しんと)への手紙(てがみ)(しょう)23(せつ)

 

(ひと)(みな)(かみ)(せい)なる律法(りっぽう)である十戒(じっかい)(やぶ)ってきました。 (つみ)とは、キリストによって新約聖書(しんやくせいしょ)強調(きょうちょう)された、原則(げんそく)としての律法(りっぽう)(やぶ)(こと)です。(ヨハネの手紙(てがみ)I、3(しょう)(せつ)

 

私達(わたしたち)(みな)基本的(きほんてき)本質(ほんしつ)一部(いちぶ)として、(かみ)律法(りっぽう)(たい)する反抗心(はんこうしん)()まれながらに()っています。(ローマの信徒(しんと)への手紙(てがみ)(しょう)(せつ)私達(わたしたち)(かみ)十戒(じっかい)(やぶ)るという(つみ)(おか)しているのですから(かみ)(ほう)(たい)して有罪(ゆうざい)なのです!私達(わたしたち)(つみ)(おか)(とき)律法(りっぽう)私達(わたしたち)()()(ばつ)()します。(ローマの信徒(しんと)への手紙(てがみ)(しょう)23(せつ) (かみ)視点(してん)からすれば、私達(わたしたち)は「ひどく罪深(つみぶか)い」とみなされ、私達(わたしたち)(いのち)をもって支払(しはら)わなければならないのです!

 

しかし、ナザレのイエス・キリストが私達(わたしたち)(つみ)(あがな)いの(ため)()くなられたので、私達(わたしたち)()必要(ひつよう)もなく、(みずか)らの違法(いほう)不法行為(ふほうこうい)代償(だいしょう)(はら)わずに()んでいます。

 

慈悲(じひ)とは(かみ)のお(ゆる)しなのです。私達(わたしたち)がイエス・キリストが(なが)された()と、私達(わたしたち)(つみ)告白(こくはく)()()れて、私達(わたしたち)救世主(きゅうせいしゅ)としてイエスを()()れた(とき)(かみ)(あた)えて(くだ)さる、私達(わたしたち)のとっては不相応(ふそうおう)な、()(あま)る、(ろう)せず()(ゆる)しです。

 

(かみ)(ゆた)かな慈悲(じひ)により、私達(わたしたち)はそのお(かた)(キリスト)を(つう)じて、その()によって(すく)われ、(つみ)(ゆる)されました!」(エフェソの信徒(しんと)への手紙(てがみ)(しょう)(せつ)

 

(したが)って、慈悲(じひ)とは、(かみ)十戒(じっかい)(やぶ)り、(つみ)(おか)した私達(わたしたち)(ゆる)す、(かみ)(あい)()ちた()意思(いし)なのです!

 

これは聖書(せいしょ)にはっきりと(しる)されています。にもかかわらず、(おお)くの人々(ひとびと)がこの事について(いま)困惑(こんわく)したままでいます

 

慈悲(じひ)の「許可(きょか)」への変換(へんかん)

 

新約聖書(しんやくせいしょ)記述(きじゅつ)()わる(まえ)に、(かみ)(みちび)きによってユダは(つぎ)(よう)(しる)しました。「(あい)する人達(ひとたち)よ、(わたし)情熱(じょうねつ)(すべ)てを()めて、「私達(わたしたち)救済(きゅうさい)」についてあなたに()(あた)えます。あなた(たち)これを()(しめ)聖者達(せいじゃたち)にかつて(つた)えられた、信仰(しんこう)(ため)精進(しょうじん)する(こと)(すす)める必要(ひつよう)があったからです。(いにしえ)より(さば)かれる(さだ)めにある不信心(ふしんしん)者達(ものたち)(ひそ)かに(しの)()み、私達(わたしたち)(かみ)慈悲(じひ)怠惰(たいだ)(あく)(おこな)許可(きょか))に()え、私達(わたしたち)唯一(ゆいいつ)(しゅ)であるイエス・キリストを否定(ひてい)しているからです。(ユダの手紙(てがみ)(しょう)(せつ)

 

(かみ)慈悲(じひ)怠惰(たいだ)()える」には、(ひと)不注意(ふちゅうい)生活(せいかつ)(おく)るよう「奨励(しょうれい)」する(ため)(かみ)善意(ぜんい)偉大(いだい)さ、お(ゆる)しが、際限(さいげん)()いものであるという、嘘偽(うそいつわ)りを(ひろ)めなければなりません。それは、(なに)をしても自分(じぶん)(ゆる)されるだろうと(しん)じ、(かみ)偉大(いだい)さ、善意(ぜんい)慈悲(じひ)(つね)(たよ)りきった罪深(つみぶか)()(かた)です。

 

この狡猾(こうかつ)(おし)えは、聖書(せいしょ)完成(かんせい)する以前(いぜん)から(すで)(はじ)まっていました。

 

ティアティラ、コリント、ローマ(など)都市(とし)では、(にせ)教師達(きょうしたち)(あら)たに改宗(かいしゅう)した異教徒(いきょうと)(あいだ)(まぎ)()み、(かれ)らの複数(ふくすう)(かみ)(あが)めた神殿(しんでん)霊的(れいてき)な「儀式(ぎしき)」としての性的(せいてき)行為(こうい)(ふく)む、(むかし) がらの習慣(しゅうかん)(もど)るよう(かれ)らに(すす)め、こうした行為(こうい)(まった)(つみ)ではなく、(かみ)はそれを祝福(しゅくふく)されるだろうと(おし)えたのです!

 

イゼベルという()売春婦(ばいしゅんふ)は、ティアティラの(かみ)(まこと)協会(きょうかい)信徒(しんと)に「宗教的儀式(しゅうきょうてきぎしき)」と(しょう)して彼女(かのじょ)淫行(いんこう)(おか)すよう(おし)えました。

 

イゼベルは(うつく)しく官能的(かんのうてき)だったそうなので、その教会内(きょうかいない)に、これを(すす)んで(しん)じた者達(ものたち)がいくらでもいた(こと)(うたが)いの余地(よち)はありません。

 

現在(げんざい)、こうした行為(こうい)嫌悪(けんお)する一方(いっぽう)で、(かみ)完全(かんぜん)なる十戒(じっかい)(そむ)いた生活(せいかつ)を、(ほか)のもっと些細(ささい)行動(こうどう)(つう)じて(おく)り、それでも、自分(じぶん)が「キリスト教徒(きょうと)」であると自負(じふ)している非常(ひじょう)(おお)くの「キリスト(きょう)人々(ひとびと)」がいます。

 

何百万(なんひゃくまん)という()ばかりのキリスト教徒(きょうと)は「(ただ)しい生活(せいかつ)」を(おく)るべきだという信念(しんねん)()っています。しかし、その「(ただ)しい生活(せいかつ)」を形作(かたちづく)指針(ししん)大抵(たいてい)社会(しゃかい)特定(とくてい)一部(いちぶ)でしかない教会(きょうかい)団体(だんたい)集落(しゅうらく)社交界(しゃこうかい)、そして、核家族(かくかぞく)親戚(しんせき)によるものです。

 

(ほとん)どの(ひと)は、(かみ)(したが)(ため)必要事項(ひつようじこう)()づかないまま満足(まんぞく)した生活(せいかつ)(おく)り、自分(じぶん)周囲(しゅうい)社会(しゃかい)宗教的(しゅうきょうてき)生活要素(せいかつようそ)束縛(そくばく)される(こと)(みずか)()()れています。

 

こうした人々(ひとびと)にとって「罪深(つみぶか)生活(せいかつ)」とは、おそらく不適切(ふてきせつ)映画(えいが)(おお)()たり、歓楽街(かんらくがい)()き、飲酒(いんしゅ)博打(ばくち)をして馬鹿騒(ばかさわ)ぎをしたり、(おお)いに「悪口(わるぐち)」を()(など)様々(さまざま)な「世間(せけん)」の風習(ふうしゅう)快楽(かいらく)にふける(こと)でしょう。

 

(おお)くの人々(ひとびと)自分達(じぶんたち)(あたま)(なか)に、自分(じぶん)なりの「キリスト教徒(きょうと)」としての()(かた)(かか)えており、そうした社会(しゃかい)生活要素(せいかつようそ)束縛(そくばく)された生活(せいかつ)(おく)っています。彼等(かれら)自分達(じぶんたち)がキリストの「慈悲(じひ)」の(もと)にいるのだから、特定(とくてい)律法(りっぽう)実際(じっさい)(したが)必要(ひつよう)はないと(おも)っています!

 

いわゆる「()まれ()わり(信仰(しんこう)更新(こうしん))」を経験(けいけん)した()ばかりのキリスト教徒(きょうと)は、その(ほとん)どが「(かみ)(ため)()きる」と(くち)にします。それは、邪悪(じゃあく)人生(じんせい)ではなく善良(ぜんりょう)人生(じんせい)(おく)るという意味(いみ)です。(かれ)らにとってそれは、(あく)よりも(ぜん)(かんが)えを()き、不正直(ふしょうじき)であるより正直(しょうじき)であり、社会(しゃかい)(むね)()れるよう努力(どりょく)し、友人(ゆうじん)地元(じもと)人々全員(ひとびとぜんいん)から「善良(ぜんりょう)だ」と(おも)われる(こと)です。

 

(おお)くの(ひと)にとって、慈悲(じひ)とは「(かみ)(ため)()きるキリスト教徒(きょうと)という()(かた)」となっています。

 

こうして慈悲(じひ)は、(かみ)御心(みこころ)資質(ししつ)(ひと)つというより「個人(こじん)()(かた)」を(しめ)すものだと、(おお)くの(ひと)意識(いしき)(なか)(わず)かずつ()()えられていったのです。

 

聖書(せいしょ)明示(めいじ)されている慈悲(じひ)という言葉(ことば)本当(ほんとう)意味(いみ)理解(りかい)する()わりに、(おお)くの人々(ひとびと)慈悲(じひ)とはキリスト教徒(きょうと)が「(すく)われた状態(じょうたい)」にあるという、漠然(ばくぜん)とした聖書(せいしょ)表現(ひょうげん)だと(おも)うようになりました。つまり、(かみ)はそういった(もの)微笑(ほほえみ)(とも)()()され、「慈悲(じひ)加護(かご)」を(あた)え、キリスト教徒(きょうと)とされたと()うのです!

 

それは真実(しんじつ)ではありません!

 

慈悲(じひ)とは、(ひと)(つみ)()(あらた)めた(とき)にのみ、イエス・キリストが()しみなく(あた)えて(くだ)さる、不相応(ふそうおう)(ゆる)しなのです!

 

()(あらた)めるとはどういう(こと)でしょう?

 

使途(しと)ペトロは、ペンテコストの()にエルサレムで数千(すうせん)人々(ひとびと)(まえ)にこう()いました。「()(あらた)めなさい。(つみ)()(はら)(ため)洗礼(せんれい)()ければ、あなた(がた)聖霊(せいれい)(さず)かるでしょう!」(使途言行録(しとげんこうろく)(しょう)38(せつ)

 

(のち)にペトロは()いました。「だから、() (あらた) めて改心(かいしん)しなさい!」(使途言行録(しとげんこうろく)(しょう)19(せつ)

 

イエスは人々(ひとびと)()(あらた)めるよう(めい)じる(こと)で、ご自身(じしん)聖務(せいむ)(はじ)められました。

 

「その(とき)からイエスは『()(あらた)めよ、(かみ)王国(おうこく)(ちか)い!』と()(はじ)めました。」(マタイによる福音書(ふくいんしょ)(しょう)17(せつ)

 

どの辞書(じしょ)にも、()(あらた)めるとは、(ふか)反省(はんせい)し、(こころ)(いた)め、違反(いはん)(つみ)(みずか)らを()じる(こと)、と()かれています。それは、悔恨(かいこん)という、(ひと)間違(まちが)い((つみ)(あやま)ち、失敗(しっぱい)悪行(あくぎょう))を(おか)した(こと)(ふか)反省(はんせい)する(こころ)()(かた)だけでなく、今後(こんご)これ以上罪(いじょうつみ)(おか)さず、「より()()きるという決意(けつい)()(ふく)んだ悔恨(かいこん)であり、より崇高(すうこう)(ただ)しい()(かた)()()れる(こと)なのです。

 

使途(しと)ペトロが「改心(かいしん)しなさい」と()った(とき)(かれ)は「()わりなさい」という意味(いみ)()めたのでした!聖書(せいしょ)(しめ)すこの変化(へんか)とは漠然(ばくぜん)とした曖昧(あいまい)なものではなく、(かみ)があなた個人(こじん)人生全面(じんせいぜんめん)において(もと)められている、とても明確(めいかく)変化(へんか)なのです!

 

イエスは()われました。「あなた(がた)()(あらた)めなければ、皆等(みなひと)しく(ほろ)びるだろう!」

 

(ひと)()(あらた)め、(かみ)(つみ)(ゆる)しを(もと)める(とき)、それは同時(どうじ)に、これからは(かみ)律法(りっぽう)に「(したが)う」意思(いし)があると()っているも同然(どうぜん)なのです。悔恨(かいこん)とは(おか)した(つみ)(ふか)後悔(こうかい)する(こと)なのですから!

 

(つみ)とは(かみ)律法(りっぽう)(そむ)(こと)です。  (つみ)()(あらた)める(こと)(かみ)律法(りっぽう)(そむ)いた(こと)反省(はんせい)する(こと)す。 もし反省(はんせい)するならば、(かみ)律法(りっぽう)にこれ以上背(いじょうそむ)かないという(こと)になります! (つぎ)(れい)(とお)して説明(せつめい)しましょう。 (みな)さんは様々(さまざま)法律(ほうりつ)規制(きせい)されている社会(しゃかい)()んでいます。連邦(れんぽう)(しゅう)(ぐん)地域法(ちいきほう)によって事実上(じじつじょう)あらゆる行動(こうどう)規制(きせい)されています。それが連邦法(れんぽうほう)民法(みんぽう)(たん)なる道路交通法(どうろこうつうほう)であろうと、(おな)原則(げんそく)適用(てきよう)されます。

 

自由(じゆう)市民権(しみんけん)維持(いじ)する(ため)には、(くに)法律(ほうりつ)(したが)(こと)必須(ひっす)です。(やぶ)った(ほう)によっては罰金(ばっきん)些細(ささい)(ばつ)もしくは警告(けいこく)()けるだけで、自由(じゆう)なままでいられるでしょう。

 

もっと深刻(しんこく)違反(いはん)もあります。  重窃盗(じゅうせっとう)窃盗(せっとう)放火(ほうか)強盗(ごうとう)住居不法侵入(じゅうきょふほうしんにゅう)自動車窃盗(じどうしゃせっとう)殺人(さつじん)場合(ばあい)は(最近(さいきん)のひどく(あま)判決(はんけつ)にもかかわらず)刑務所(けいむしょ)(はい)(こと)になるでしょう。

 

あなたが丁度(ちょうど)(つぎ)(よう)(こと)をしたと仮定(かてい)しましょう。

 

感情的(かんじょうてき)になり、(わる)仲間(なかま)(そそのか)されて(あき)らかに違法(いほう)(なん)らかの行為(こうい)(おか)します。逮捕(たいほ)され、やがて裁判(さいばん)にかけられたとしましょう。しかし、裁判官(さいばんかん)があなたが到底支払(とうていしはら)えないような高額(こうがく)罰金(ばっきん)(たと)えば百万(ひゃくまん)ドル)を()した(とき)(まった)()()らずの(ひと)があなたの擁護(ようご)()()がってこう()います。「裁判官(さいばんかん)(わたし)はこの(ひと)真剣(しんけん)(ふか)後悔(こうかい)していると(おも)います。(わたし)(かれ)一時(いっとき)感情(かんじょう)(なが)されて(わる)仲間(なかま)影響(えいきょう)()けてしまったのだと(おも)います。(かれ)誠実(せいじつ)(ひと)で、自分(じぶん)()(かた)(あらた)めてより()生活(せいかつ)(おく)(こと)(ほんとう)(ねが)っていると(おも)います。」

 

「ですから、(かれ)自由(じゆう)になれるよう、(わたし)(かれ)罰金(ばっきん)支払(しはら)います!(かれ)がこの罰金(ばっきん)支払(しはら)必要(ひつよう)はありません!」

 

この(よう)(こと)私達(わたしたち)社会(しゃかい)ではまず()こらないでしょうが、要点(ようてん)(つか)んでいます。((ちち)なる(かみ)原型(げんけい)としての)裁判官(さいばんかん)が(イエス・キリストとイエスが私達(わたしたち)(つみ)(ため)犠牲(ぎせい)となられた(こと)原型(げんけい)としての)擁護者(ようごしゃ)()います。「それで()いでしょう! あなたが裁判所(さいばんしょ)百万(ひゃくまん)ドルを支払(しはら)えば、我々(われわれ)裁判歴(さいばんれき)被告人(ひこくにん)放免(ほうめん)となったと記録(きろく)しましょう。」

 

そして裁判官(さいばんかん)は、逮捕(たいほ)され、裁判(さいばん)にかけられ、(けい)宣告(せんこく)されたあなたを()()います。「あなたは放免(ほうめん)となりました。しかし、もう二度(にど)とこの(よう)状況(じょうきょう)(おちい)ってはいけません!」

 

()かりでしょうか?

 

(みな)さんは自由(じゆう)(くに)国民(こくみん)として法律(ほうりつ)(したが)義務(ぎむ)があるのです。それを(やぶ)ったらどうなるか!()わずとも()かるでしょう。

 

(かみ)(せい)なる律法(りっぽう)場合(ばあい)律法(りっぽう)()っているかどうかに(かか)わらず(律法(りっぽう)無知(むち)()(わけ)になりません)、キリスト教徒(きょうと)かどうか、キリスト教徒(きょうと)だと公言(こうげん)しているかどうか(など)(かか)わらず、(かみ)十戒(じっかい)(したが)(こと)義務付(ぎむづ)けられています。

 

何百万(なんひゃくまん)という(おお)くの人々(ひとびと)日々気軽(ひびきがる)十戒(じっかい)(そむ)いていますが、(かれ)らは気付(きづ)事無(ことな)律法(りっぽう)(ばつ)である()(あゆ)()っているのです。(ローマの信徒(しんと)への手紙(てがみ)(しょう)23(せつ)

 

あなたが()(あらた)める(とき)(かみ)律法(りっぽう)(そむ)いた(こと)(ふか)反省(はんせい)している、とあなたは(かみ)()います。

 

ナザレのイエス・キリストは被告弁護人(ひこくべんごにん)として、あなたの悔恨(かいこん)告白(こくはく)(しん)じ、あなたの(つみ)(ため)(みずか)らを犠牲(ぎせい)とする(こと)(のぞ)む、と正義(せいぎ)裁判官(さいばんかん)である(かみ)()われます。

 

そして不貞行為(ふていこうい)(おこな)った女性(じょせい)にイエスが()われた(よう)に、(かみ)(おな)(こと)をあなたに()われます。「 (わたし)もあなたを(とが)めない。()きなさい。もう(つみ)(おか)してはなりません!」

 

(しん)()(あらた)めとは、(かみ)十戒(じっかい)(そむ)いた(こと)(ふか)反省(はんせい)し、(かみ)聖霊(せいれい)(ちから)と、あなたの日々(ひび)大祭司(だいさいし)かつ仲裁者(ちゅうさいしゃ)であるイエス・キリストの(たす)けによって、今後(こんご)十戒(じっかい)(そむ)かない(こと)決意(けつい)する(こと)です。


ダビデは(ふか)悔恨(かいこん)気持(きも)ちを経験(けいけん)し、(つぎ)(よう)()いました。「(かみ)よ、あなたの愛情(あいじょう)をもってどうか(わたし)にお慈悲(じひ)を、あなたの奥深(おくぶか)(あわ)れみによって(わたし)(とが)(ぬぐ)()って(くだ)さい。

 

(わたし)不義(ふぎ)完全(かんぜん)(あら)()り、(わたし)(つみ)からお(きよ)(くだ)さい。」(詩編(しへん)51(しょう)1-2(せつ)

 

ダビデが(かみ)慈悲(じひ)(ゆる)しを懇願(こんがん)した(とき)(かれ)自身(じしん)(つみ)(ゆる)されて(わす)()られ、二度(にど)言及(げんきゅう)されぬよう、(つみ)(ばつ)から(きよ)められる(こと)(ねが)いました。

 

この場合(ばあい)、ダビデは(かみ)慈悲(じひ)(なさ)けを(もと)めたのです。

 

(のち)(かれ)()いました。「(わたし)はあなたの律法(りっぽう)をどれほど(あい)していることでしょう。一日中深(いちにちじゅうふか)(おも)っています」(詩編(しへん)119(しょう)97(せつ)

 

(つみ)とは律法(りっぽう)(そむ)(こと)」(ヨハネの手紙(てがみ)I(しょう)(せつ))だという(こと)と、(つみ)(おか)した(こと)(ほんとう)()(あらた)めるという(こと)は、(かみ)律法(りっぽう)(そむ)いた(こと)()(あらた)める(こと)だという(こと)(けっ)して(わす)れないで(くだ)さい。

 

パウロが()った(よう)に、「(したが)って、あなた(がた)(いのち)(かぎ)りある(からだ)を、(つみ)支配(しはい)させてはいけません。欲望(よくぼう)(したが)ってはなりません。あなた(がた)五体(ごたい)不義(ふぎ)(ため)道具(どうぐ)として(つみ)(ささ)げてはいけません。そうではなく、その()(かみ)(ささ)げなさい(つみ)があなた(がた)支配(しはい)する(こと)はないのですから。あなた(がた)律法(りっぽう)ではなく慈悲(じひ)(もと)にいるのですから。」(ローマの信徒(しんと)への手紙(てがみ)(しょう)12-14(せつ)

 

()かりでしょうか?(つみ)(おか)した(こと)反省(はんせい)(しん)()(あらた)めた(ひと)とは、(かみ)律法(りっぽう)すなわち(かみ)十戒(じっかい)(そむ)いた(こと)反省(はんせい)する(ひと)であり、(かみ)(たす)けによって十戒(じっかい)今後二度(こんごにど)(やぶ)らないと決心(けっしん)した(ひと)(こと)です!()(あらた)めた(ひと)理解(りかい)しています。(つみ)肉体(にくたい)欲求(よっきゅう)、そして悪魔(あくま)サタンの策略(さくりゃく)やその影響(えいきょう)、さらに、自身(じしん)()()くこの()(わる)影響(えいきょう)(みずか)らを「支配(しはい)」する(こと)はもはや()(こと)を。それらによってこれ以上罪深(いじょうつみぶか)人生(じんせい)()いられる(こと)()(こと)(みずか)らが(律法(りっぽう)(ばつ)(もと)にいるという意味(いみ)で)律法(りっぽう)管理下(かんりか)()る」のではなく、その()(あま)(かみ)慈悲(じひ)(ゆる)しの(もと)()るという(こと)を!

 

パウロは、慈悲(じひ)という言葉(ことば)本当(ほんとう)意味(いみ)()らない(ひと)(こころ)()かぶであろう質問(しつもん)(こた)(つづ)けます。

 

(かれ)()います。「それでは、どうなのでしょう?私達(わたしたち)律法(りっぽう)(もと)ではなく慈悲(じひ)(もと)()るのだから、十戒(じっかい)(やぶ)るという)(つみ)(おか)しても()いのでしょうか? とんでもありません!」(ローマの信徒(しんと)への手紙(てがみ)(しょう)15(せつ)

 

もうお()かりでしょうか?聖書(せいしょ)の「律法(りっぽう)(もと)()る」と()記述(きじゅつ)は、文脈(ぶんみゃく)から判断(はんだん)して、律法(りっぽう)(ばつ)」の(もと)()るという意味(いみ)なのです!

 

律法(りっぽう)(したが)(こと)は「律法(りっぽう)(うち)に」いる(こと)ですが、(つみ)(おか)(こと)は「律法(りっぽう)管理下(かんりか)(はい)る」という(こと)です。しかし、(さき)裁判(さいばん)場面(ばめん)(たと)えを(もち)いる(こと)で、私達(わたしたち)理解出来(りかいでき)単純(たんじゅん)(ちが)いがあります。

 

我々自由(われわれじゆう)国民(こくみん)は、「建国(けんこく)父達(ちちたち)がもたらして(くだ)さった自由(じゆう)下力強(もとちからづよ)()る」(こと)出来(でき)ますが、その(ため)には「(ほう)従順(じゅうじゅん)国民(こくみん)」であり(つづ)けなければなりません!

 

それのどこがいけないのでしょう?どれ(ほど)のアメリカ(じん)や(イギリス、カナダ、オーストラリアといった)(ほか)自由主義国(じゆうしゅぎこく)()人達(ひとたち)が、(かれ)らが(したが)わなくてはならない法律(ほうりつ)について、毎日文句(まいにちもんく)()っていますか? これは(とき)として不当(ふとう)(おも)える税金(ぜいきん)民法(みんぽう)(こと)ではなく、十戒(じっかい)とたいして(ちが)わない重要(じゅうよう)法律(ほうりつ)(こと)です。殺人(さつじん)強姦(ごうかん)強盗(ごうとう)窃盗(せっとう)略奪(りゃくだつ)、または、隣人(りんじん)所有物(しょゆうぶつ)への放火(ほうか)破壊(はかい)をする(こと)違法(いほう)であり、そうあるべきです

 

いったい何人(なんにん)の「(ほう)従順(じゅうじゅん)国民(こくみん)」が、これらの制約(せいやく)(たい)して日々不満(ひびふまん)(かん)じ、心中反論(しんちゅうはんろん)しているでしょうか?こんな馬鹿(ばか)げた()いの(こた)えなど()くまでもありません!

 

これを(くに)()てはめた場合(ばあい)、「(ほう)従順(じゅうじゅん)国民(こくみん)」である(こと)(わる)いわけなどありません。(みな)さんが(わたし)(かんが)えを(おな)じくしているのなら、実質的(じっしつてき)神聖(しんせい)とみなされる独立宣言(どくりつせんげん)や、修正条項(しゅうせいじょうこう)(ふく)憲法(けんぽう)という文書(ぶんしょ)によって(あた)えられたあなたの自由(じゆう)を、(おお)いに尊重(そんちょう)されることでしょう。

 

(かみ)律法(りっぽう)においても(まった)(ちが)いはありません。なぜキリスト教徒(きょうと)は、(かみ)律法(りっぽう)(したが)うよう制約(せいやく)される(こと)を、()(けず)(よう)重荷(おもに)()た、ひどい負担(ふたん)(かか)えているかの(よう)(かん)じるのでしょう?

 

これは、米国(べいこく)(よう)自由(じゆう)(くに)国民(こくみん)が、隣人(りんじん)(いえ)()()ったり、その(くるま)(ぬす)んだり、その(つま)(おか)したり、また、(かれ)(ころ)したりする(こと)(きん)ずる厄介(やっかい)(かせ)束縛(そくばく)について、文句(もんく)()うだけで(ほか)(なに)もしていないのと(おな)(こと)なのです。

 

(かみ)律法(りっぽう)(なに)(わる)いのでしょうか?

 

(かみ)十戒(じっかい)(なに)本当(ほんとう)間違(まちが)っている(ところ)をあなたは()つけられますか?あなたが十戒(じっかい)()んでからどれほどの(とき)()ちましたか?  記憶(きおく)(あら)たにする(ため)(つぎ)(よう)にしてみて(くだ)さい。ご自身(じしん)聖書(せいしょ)(しゅつ)エジプト()20(しょう)(ひら)き、ゆっくり全章(ぜんしょう)()んで(くだ)さい。

 

十戒(じっかい)だけではなく、前後(ぜんご)(ぶん)()んで(くだ)さい。(かみ)が(旧約聖書(きゅうやくせいしょ)仲裁者(ちゅうさいしゃ)である)モーゼとイスラエル(たみ)(ため)(つく)られた(もっと)偉大(いだい)律法(りっぽう)を、その素晴(すば)らしいお(こえ)(かみなり)(よう)(ひび)(わた)せた、震撼(しんかん)する(やま)について()んで(くだ)さい。

 

十戒(じっかい)をゆっくり()みながら、「これらの律法(りっぽう)(なに)(わる)いのか?」と(みずか)らに()(つづ)けて(くだ)さい。

 

十戒(じっかい)国単位(くにたんい)(まも)られた場合(ばあい)実用性(じつようせい)考慮(こうりょ)してみて(くだ)さい!(たと)えば、米国(べいこく)十戒(じっかい)のどれか(ひと)つに完全(かんぜん)(したが)ったならどうなるでしょう?

 

殺人(さつじん)(たい)する戒律(かいりつ)はどうでしょう?   この(ひと)つの戒律(かいりつ)(まも)られたとしたら、膨大(ぼうだい)(りょう)犯罪(はんざい)米国(べいこく)から消滅(しょうめつ)するだろうと()(こと)は、簡単(かんたん)想像(そうぞう)がつきます。

 

イエスは(やま)での説教(せっきょう)において、(にく)しみ、(はげ)しい(いか)り、殺意(さつい)殺人(さつじん)同様(どうよう)である、とされました。ですから、「理由(わけ)なく兄弟(きょうだい)(いか)り」、「くたばれ」や「この役立(やくた)たず」などと()(ひと)は、すでにこの戒律(かいりつ)精神(せいしん)意図(いと)(そむ)いているのです。

 

律法(りっぽう)精神(せいしん)意図(いと)(そむ)くという(こと)()という(ばつ)()ける(こと)です!このため、イエス・キリストは律法(りっぽう)強化(きょうか)し、それを新約聖書(しんやくせいしょ)で「(とうと)ぶべき」ものとし、かつてない(ほど)拘束力(こうそくりょく)のあるものとされました! 

 

(したが)って隣人(りんじん)不当(ふとう)兄弟(きょうだい)(おこ)(こと)は、すでに(かみ)十戒(じっかい)(そむ)いている(こと)になるのです!そして十戒(じっかい)のどれか(ひと)つに(そむ)(こと)は、その(すべ)てを(おか)すのと同罪(どうざい)なのです!

 

(つみ)とは「律法(りっぽう)(そむ)(こと)」(あるいは十戒(じっかい)(そむ)(こと))という(こと)(おも)()して(くだ)さい。

 

十戒(じっかい)(まも)った(とき)利点(りてん)について(かんが)えてみて(くだ)さい(さき)十戒(じっかい)文字通(もじどお)りの意味(いみ)同様(どうよう)にその精神(せいしん)完全(かんぜん)(まも)られたならば、米国(べいこく)事実上(じじつじょう)理想郷(りそうきょう)になるでしょう!

 

殺人(さつじん)(かん)する律法(りっぽう)完全(かんぜん)(まも)るという(こと)は、(にく)しみの根絶(こんぜつ)であるとい(こと)(おも)()して(くだ)さい。(にく)しみとは、(おそ)れ、自我(じが)虚栄心(きょえいしん)嫉妬(しっと)密接(みっせつ)関係(かんけい)した感情(かんじょう)です。

 

(すべ)ての国民(こくみん)(にく)しみを()たないように、(みずか)らの(こころ)感情(かんじょう)管理(かんり)できる(よう)(くに)は、(つぎ)(よう)画期的(かっきてき)素晴(すば)らしい恩恵(おんけい)()けるでしょう。

 

. 国中(くにじゅう)から一切犯罪(いっさいはんざい)がなくなるでしょう。 虚栄心(きょえいしん)嫉妬(しっと)(おそ)れ、(よく)(にく)しみから無縁(むえん)人々(ひとびと)は、(ぜん)(あい)()ちた正直(しょうじき)人々(ひとびと)であることでしょう。

 

一切(いっさい)人種差別(じんしゅさべつ)()くなるでしょう。  偏見(へんけん)(にく)しみを()み、(にく)しみは偏見(へんけん)()みます。  (にく)しみを根絶(こんぜつ)し、((にく)しみとは対極(たいきょく)の)他者(たしゃ)(おも)気持(きも)ちである(あい)(にく)しみに()って()わる(こと)で、その(くに)人種差別(じんしゅさべつ)最後(さいご)痕跡(こんせき)をも()()るでしょう。それは、経済(けいざい)政府(せいふ)教育(きょういく)宗教(しゅうきょう)など、あらゆる社会構造(しゃかいこうぞう)において、平等(びょうどう)機械(きかい)(あた)えられる(こと)意味(いみ)します。

 

それは結果(けっか)として数十億(すうじゅうおく)ドルという福祉費用(ふくしひよう)節約(せつやく)をもたらすでしょう。公民権(こうみんけん)をめぐる(あらそ)いが(はじ)まって以来(いらい)米国(べいこく)度々直面(たびたびちょくめん)してきた暴動(ぼうどう)火事(かじ)略奪(りゃくだつ)()くなる(こと)数億(すうおく)ドルの節約(せつやく)となり、ユダヤ防衛連盟(ぼうえいれんめい)黒豹党員(こくひょうとういん)過激派学生(かげきはがくせい)、ジョンバーチ協会(きょうかい)、クー・クラックス・クラン(KKK(など)(おお)くの組織(そしき)活動(かつどう)()わるでしょう。人々(ひとびと)十戒(じっかい)のたった(ひと)つを(まも)るだけで、人種差別(じんしゅさべつ)()くなり、平和(へいわ)(あい)善意(ぜんい)繁栄(はんえい)(かぜ)国中(くにじゅう)()()けていくでしょう。

 

娯楽全般(ごらくぜんぱん)見直(みなお)されなければならないでしょう。(にく)しみが()くなれば暴力(ぼうりょく)もなく、平和(へいわ)のみが存在(そんざい)するので、(ほん)新聞(しんぶん)小説(しょうせつ)雑誌(ざっし)映画(えいが)、テレビが(おお)きな影響(えいきょう)()けるでしょう。 暴力(ぼうりょく)がなければ、テレビはより(ため)になる、教育的(きょういくてき)(あか)るいものになり、希望(きぼう)()ち、幸福(こうふく)(たの)しく活気(かっき)あふれる番組(ばんぐみ)提供(ていきょう)し、それは娯楽産業全般(ごらくさんぎょうぜんぱん)革命(かくめい)をもたらすでしょう。

 

. 宗教(しゅうきょう)激変(げきへん)する(こと)になるでしょう。 様々(さまざま)宗教団体同士(しゅうきょうだんたいどうし)無益(むえき)(あらそ)いや、侮辱(ぶじょく)疑念(ぎねん)(おそ)れ、罵倒(ばとう)嫉妬(しっと)(いか)り、(にく)しみが存在(そんざい)しない(ため)(すべ)ての宗教(しゅうきょう)(おお)きく()わるでしょう!

 

()かって(いただ)けたでしょうか?あなた(がた)が、このたった「(ひと)つの戒律(かいりつ)(まも)る」という(こと)を、(いま)社会(しゃかい)実用化(じつようか)する(ため)様々(さまざま)方法(ほうほう)(かんが)、それによって社会(しゃかい)がどう改善(かいぜん)されるのかを(かんが)えてみて(くだ)さい。

 

強欲(ごうよく)(ふく)(ほか)戒律(かいりつ)にも(おな)教訓(きょうくん)()てはめる(こと)ができます。そうした場合(ばあい)物質主義(ぶっしつしゅぎ)虚栄心(きょえいしん)自己中心的(じこちゅうしんてき)強欲(ごうよく)(とみ)追求(ついきゅう)不当利得(ふとうりとく)、そして「(かたち)ある(もの)」にひれ()態度(たいど)一掃(いっそう)することでしょう。私達(わたしたち)社会(しゃかい)では「(ひと)(あい)する(ため)(もの)利用(りよう)する」べきなのに、「(ひと)利用(りよう)して(もの)(あい)する」傾向(けいこう)にあります。

 

(おな)(こと)十戒(じっかい)のどれについても()えます。

 

しかし、()って(くだ)さい!

 

金曜日(きんようび)日没(にちぼつ)から土曜日(どようび)日没(にちぼつ)までの、(せい)なる7日目(かめ)安息日(あんそくび)(まも)らなければならないと明記(めいき)した戒律(かいりつ)は、また(べつ)問題(もんだい)です!

 

(かみ)十戒(じっかい)をどうにかして「修正(しゅうせい)」され、第四(だいよん)戒律(かいりつ)削除(さくじょ)して九戒(きゅうかい)とされていたならば、律法(りっぽう)慈悲(じひ)(かん)する疑問(ぎもん)や、(かみ)十戒(じっかい)()()ろうとするあらゆる神学上(しんがくじょう)議論(ぎろん)そもそも()こらなかったでしょう!

 

(ひら)たく()ってしまえば、(かみ)御前(ごぜん)において霊的(れいてき)(ただ)しい目的(もくてき)(ため)聖別(せいべつ)された、(かみ)特別(とくべつ)(せい)なる()としてその()を「(まも)る」、という義務(ぎむ)反対(はんたい)する要求(ようきゅう)こそが、(おお)くの人々(ひとびと)(さいな)ませているのです。

 

(みずか)考案(こうあん)した宗教的(しゅうきょうてき)習慣(しゅうかん)とその探求(たんきゅう)として、特定(とくてい)()を「(えら)ぶ」(こと)()(こと)()えるでしょう。一方(いっぽう)(かみ)介入無(かいにゅうな)しに、「自分達(じぶんたち)だけ」で七日(なのか)(うち)(ひと)つを保守(ほしゅ)すべきだと「()めつけ」てしまう(ほど)正当性(せいとうせい)は、人々(ひとびと)多大(ただい)自己満足感(じこまんぞくかん)と、(かみ)御前(ごぜん)(ただ)しく()れるという感覚(かんかく)(あた)えます。

 

そういった人々(ひとびと)理屈(りくつ)はこうです

 

(べつ)にその()維持(いじ)する事自体(ことじたい)を『()にして』いるわけではありません。実際(じっさい)全然気(ぜんぜんき)になりません。ただ、(わたし)(かみ)(あい)しているが(ゆえ)にその()維持(いじ)したいのです。(かみ)に『そう()われた』からではなく、(かみ)(あい)(つか)える(こと)(わたし)(のぞ)みだからです!」

 

(ほか)にも色々(いろいろ)(かたち)表現(ひょうげん)されているでしょうが、これこそが理解(りかい)しておくべき根本的(こんぽんてき)態度(たいど)なのです!

 

(おお)くの人々(ひとびと)が「(かみ)言葉(ことば)」に「命令(めいれい)」される(こと)(きら)い、十戒(じっかい)が「(じゅう)提案(ていあん)」へと()()えられるのを(のぞ)んでいる(よう)()えます!

 

もし、(かみ)が「(つよ)(すす)める」基本的(きほんてき)指針(ししん)としての提案(ていあん)しか存在(そんざい)しなかったらな、より(おお)くの(ひと)が、たまにはその(いく)つか無計画(むけいかく)でいい加減(かげん)であっても、(まも)ろうとするでしょう。

 

でも戒律(かいりつ)ですって? 命令(めいれい)ですって? (かみ)(なに)かをするよう「あなたに(めい)じる」ですって? こうなると(はなし)全然違(ぜんぜんちが)います!

 

これが(すべ)ての問題(もんだい)(かなめ)なのです!

 

(かみ)()われています。「なぜなら、肉欲(にくよく)()ちた(こころ)(かみ)律法(りっぽう)(したが)わないからです。いえ、(したが)いえないのです!」(ローマの信徒(しんと)への手紙(てがみ)(しょう)(せつ)

 

(かみ)私達(わたしたち)本質的(ほんしつてき)(かみ)律法(りっぽう)反抗的(はんこうてき)反感(はんかん)()(こと)(しめ)しておられます。しかし、使途(しと)パウロが(つぎ)(よう)()っている(とお)り、十戒(じっかい)問題(もんだい)はありません。「こういうわけで、律法(りっぽう)(せい)なるものであり、戒律(かいりつ)(せい)なるものであり、(ただ)しく()いものなのです」(ローマの信徒(しんと)への手紙(てがみ)(しょう)12(せつ)

 

(かれ)はこうも()っています。「私達(わたしたち)()るとおり律法(りっぽう)霊的(れいてき)なものであるが、(わたし)俗世(ぞくせ)(もの)(ゆえ)罪深(つみぶか)(さだ)めに()。」

 

(わたし)(わたし)(のぞ)んでいない(こと)はやってしまい、(のぞ)んでいる(こと)はやらないでいる。自分(じぶん)では(きら)っている(こと)でさえ、(わたし)はやってしまっている。ならば、(わたし)(わたし)(のぞ)まぬ(こと)(おこな)(こと)で、律法(りっぽう)()いものであると(みと)めている(こと)にもなる。」(ローマの信徒(しんと)への手紙(てがみ)(しょう)14-16(せつ)意訳(いやく)

 

十戒(じっかい)には(なに)も「問題(もんだい)」は()りませんが、十戒(じっかい)指摘(してき)している(よう)に「人間(にんげん)」には多大(ただい)問題(もんだい)()ります。それが(かえ)って(おお)くの人々(ひとびと)罪悪感(ざいあくかん)(あた)え、不愉快(ふゆかい)(かん)じさせます。

なので、(おお)くの人々(ひとびと)は、律法(りっぽう)ちゃんと()()い、(みずか)らの(あやま)ちを()(あらた)める()わりに、(かみ)十戒(じっかい)という((かれ)らの個人的(こじんてき)(つみ)(あやま)ちを(さらし)()す)(かがみ) ()()け、身勝手(みがって)独善的(どくぜんてき)(みち)(あゆ)み、()(あらた)める(こと)拒否(きょひ)するのです!

 

(みな)さんはどうですか? (かみ)律法(りっぽう)(したが)うべきだと(おも)われますか?

 

おそらく(みな)さんは、(つぎ)()げる聖書(せいしょ)言葉(ことば)参考(さんこう)に、自分(じぶん)なりの決断(けつだん)(くだ)必要(ひつよう)があるでしょう。

 

もし(せい)()()れられたいのなら、戒律(かいりつ)(まも)りなさい」(マタイによる福音書(ふくいんしょ)19(しょう)17(せつ)

 

(こころ)(そこ)から(かみ)律法(りっぽう)歓喜(かんき)しています」(ローマの信徒(しんと)への手紙(てがみ)(しょう)22(せつ)

 

我等(われら)(しゅ)イエス・キリストを(とお)して(かみ)感謝(かんしゃ)いたします。 この(よう)に、全霊(ぜんれい)()って(かみ)(ほう)(つか)えていますが、この(からだ)(つみ)(ほう)(つか)えているのです」(ローマの信徒(しんと)への手紙(てがみ)(しょう)25(せつ)

 

「もしあなたが『隣人(りんじん)自分(じぶん)(よう)(あい)しなさい』という『崇高(すうこう)(ほう)』に(したが)うのなら、あなたは()くやっています。しかし、贔屓(ひいき)(おこな)った場合(ばあい)は、あなたは(つみ)(おか)した(こと)になり、律法(りっぽう)によって違反者(いはんしゃ)断定(だんてい)されます。(すべ)ての律法(りっぽう)(まも)った(もの)でも、たった(ひと)つでも(おか)してしまえば、その(すべ)てを(やぶ)ったのと同罪(どうざい)なのです。(ヤコブの手紙(てがみ)(しょう)8-10(せつ)

 

私達(わたしたち)(かみ)戒律(かいりつ)(まも)(こと)によって、私達(わたしたち)(かみ)理解(りかい)していると()かります。(かみ)理解(りかい)していると()いながら、(かみ)戒律(かいりつ)(まも)らない(もの)(うそ)つきであり、その(もの)(うち)真実(しんじつ)はありません。」(ヨハネの手紙(てがみ)12(しょう)3-4(せつ)

 

最後(さいご)に、キリスト再来(さいらい)直前(ちょくぜん)の、最悪(さいあく)迫害(はくがい)(とき)における、(かみ)(しん)教会(きょうかい)最後(さいご)()(のこ)りについての記述(きじゅつ)注目(ちゅうもく)して(くだ)さい

 

(りゅう)(おんな)(かみ)教会(きょうかい)』に(たい)して(はげ)しく(おこ)り、その子孫(しそん)(のこ)りの者達(ものたち)、つまり、(かみ)(おきて)(まも)り、イエス・キリストの (あかし)()()者達(ものたち)(たたか)(ため)()()った。」(ヨハネの黙示録(もくしろく)12(しょう)17(せつ)

 

(かみ)律法(りっぽう)(したが)(こと)慈悲(じひ)矛盾(むじゅん)するという間違(まちが)った(かんが)えをしないで(くだ)さい!あなたが死罪(しざい)(まぬが)れ、その自由(じゆう)(よろこ)びに(ひた)っていられるのは、あなたが慈悲(じひ)加護(かご)()けているからであり、それは、あなたが((かみ)律法(りっぽう)(やぶ)った(こと)()(あらた)めた(とき)のみ)(ゆる)された(こと)意味(いみ)するのです!

 

ナザレのイエス・キリストは、()()()(よう)(おそ)ろしい鞭打(むちう)ちにその()()()し、あなたの(つみ)(ため)御自身(ごじしん)(いのち)()(なが)してもいいかと、(ちち)なる(かみ)(みずか)(すす)んで(たず)ねました。

 

(かれ)(しば)られ、(つば)()かれ、()寸前(すんぜん)までひどく()たれながらも、十字架(じゅうじか)背負(せお)い、その(おも)さによろめき(たお)れるまで(あざけ)群衆(ぐんしゅう)(あいだ)(すす)み、あなたのと(わたし)(つみ)(ため)両手(りょうて)両足(りょうあし)(くぎ)()()まれて、(たか)(かか)げられて()くなったのです!

 

(かれ)私達(わたしたち)(かみ)律法(りっぽう)(そむ)いた(ため)()くなられたのです!

 

私達(わたしたち)()わって(かれ)()くなられたという事実(じじつ)()()れた(とき)、イエスの(いのち)(うば)ったその律法(りっぽう)(そむ)いても()いと口論(こうろん)する(こと)は、「イエス・キリストの慈悲(じひ)」を不埒(ふらち)なものに(おとし)めるという歴史上最(れきしじょうもっと)()ずべき行為(こうい)です。

 

ですが、私達(わたしたち)()(あらた) め、キリストの(なが)された()()()れるならば、(かれ)私達(わたしたち)(さき)(おんな)()われた(よう)()うでしょう。「()きなさい。そして、もう(つみ)(おか)してはならない」と。()きなさい。そして、もう二度(にど)と(心中(しんちゅう)でも)これらの十戒(じっかい)(やぶ)(こと)なかれ!」と

 

しかし、これで()わりではありません!

 

完全(かんぜん)()(あらた)めた(もの)()(こころ)にも、試練(しれん)誘惑(ゆうわく)はやって()ます。 ですから、ナザレのイエス・キリストは()くなったままではおられなかったのです!

 

(かれ)私達(わたしたち)()ける救世主(きゅうせいしゅ)であり、私達(わたしたち)(ため)日々仲裁(ひびちゅうさい)をして(くだ)さっています。私達(わたしたち)がキリストの「慈悲(じひ)」の(もと)()っても、(つみ)(おか)(たび)に、私達(わたしたち)には(かれ)日々(ひび)仲裁(ちゅうさい)必要(ひつよう)なのです。

 

自分(じぶん)(つみ)()い(十戒(じっかい)(そむ)いた(こと)()い)と()うならば、自分自身(じぶんじしん)(あざむ)いている(こと)になり、真実(しんじつ)私達(わたしたち)(うち)にありません。

 

自分(じぶん)(つみ)を((ほか)(だれ)でもなく(かみ)に)告白(こくはく)するならば、(かみ)信念(しんねん)正義(せいぎ)御方(おかた)なので、私達(わたしたち)(つみ)(ゆる)し、(すべ)ての不正(ふせい)から私達(わたしたち)(きよ)めて(くだ)さいます。」(ヨハネの手紙(てがみ) I、1(しょう)8-9(せつ)

 

あなたは、その慈悲(じひ)(もと)()いて(くだ)さる(かみ)()(たた)えるべきです。それは、あなたが(かみ)律法(りっぽう)(やぶ)った(こと)誠意(せいい)()って()(あらた)める(こと)で、(かみ)があなたを(ゆる)し、その(つみ)をお(わす)れになって(くだ)さると()(こと)なのですから!

 

「キリスト教徒(きょうと)完璧(かんぺき)ではなく、(ゆる)されただけです!」と()いてあるバンパーステッカーがあります。それは真実(しんじつ)です。しかし、()(あらた)めて(ゆる)されるという(こと)は、過去(かこ)(すべ)ての(つみ)()(のぞ)かれるという意味(いみ)である(こと)(おぼ)えておいて(くだ)さい。 

 

今日(きょう)明日(あす)来年(らいねん)も、あなたの(のこ)りの人生(じんせい)(つづ)きます。では、もしあなたが失敗(しっぱい)したらどうなるのでしょうか?   もしあなたが(くじ)けたらどうなるのでしょうか?

 

たとえ人々(ひとびと)がキリスト教徒(きょうと)としての人生(じんせい)(あゆ)もうと(こころ)みた(あと)でも、彼等(かれら)失敗(しっぱい)挫折(ざせつ)し、この俗世(ぞくせ)(ことわり)逆戻(ぎゃくもど)りしてしまったので、絶望的(ぜつぼうてき)見放(みはな)されてしまった、とサタンは人々(ひとびと)(しん)じさせたがっています。

 

(おお)くのこうした人々(ひとびと)(ゆる)されたいと(ねが)っています。彼等(かれら)(つみ)から(きよ)められる(こと)(のぞ)み、永遠(えいえん)(いのち)という(すく)いを(ほっ)しています!しかし(かれ)らは、もう手遅(ておく)れだという悪魔(あくま)(うそ)(しん)じてしまっています!

 

そんな(こと)はありません!イエス・キリストは今日(きょう)も「()きて」おられます。イエス・キリストは人々(ひとびと)誘惑(ゆうわく)(よわ)さをご存知(ぞんじ)慈悲深(じひぶか)大祭司(だいさいし)です。(かれ)私達(わたしたち)(よう)にあらゆる意味(いみ)誘惑(ゆうわく)()けましたが、そういった肉体(にくたい)宿(やど)(つみ)克服(こくふく)されました。だからこそ(かれ)(ちち)なる(かみ)懇願(こんがん)出来(でき)るのです。(ちち)よ。(わたし)には理解出来(りかいでき)ます。どうかこの(もの)をお(ゆる)(くだ)さい!」と。

 

あなたがまだ救済(きゅうさい)(もと)めるならば、(ちち)なる(かみ)はあなたにそれを(あた)えて(くだ)さる用意(ようい)出来(でき){