あなたは聖書(せいしょ)預言(よげん)

理解出来(りかいでき)ますか?

 

何百万(なんひゃくまん)もの人達(ひとたち)が、私達(わたしたち)現在(げんざい)すさまじく(おそ)ろしい時代(じだい)()んでいる(こと)()っています。 (かれ)らは核戦争(かくせんそう)となる(だい)次世界大戦時(じせかいたいせんじ)の、いろんな「終末(しゅうまつ)」のシナリオを描写(びょうしゃ)した聖書(せいしょ)預言(よげん)(かん)する(ほん)()んでいます。 地球(ちきゅう)最後(さいご)予告(よこく)するその(よう)書物(しょもつ)(おお)くがベストセラ-になりました。 軍事戦略家(ぐんじせんりゃくか)政治家達(せいじかたち)は、想像(そうぞう)もつかない(よう)核戦争(かくせんそう)を「アルマゲドン」という聖書(せいしょ)言葉(ことば)(もち)いて表現(ひょうげん)してきました。 あなたは聖書(せいしょ)預言(よげん)理解(りかい)できますか。 それは「封印(ふういん)」されたものなのでしょうか。それを理解出来(りかいでき)るのは(ごく)わずかな(ひと)だけなのでしょうか? 預言(よげん)とは一体何(いったいなん)なのでしょう?ある特定(とくてい)預言(よげん)を、ある(ひと)(ひと)つの(かたち)解釈(かいしゃく)し、またある(ひと)(おな)預言(よげん)(べつ)(かたち)解釈(かいしゃく)する(とき)(なに)(しん)じればよいか分かりますか?このシンプルではあるが(ふか)内容(ないよう)()めた小冊子(しょうさっし)で、どうすれば「聖書(せいしょ)預言(よげん)理解出来(りかいでき)るか」()()って(くだ)さい。

 

ガ-ナ-・テッド・ア-ムストロング (ちょ)

 

聖書(せいしょ)預言(よげん)数々(かずかず)よりも興味深(きょうみぶか)神秘(しんぴ)()ちたものがあるでしょうか? いろんな金属(きんぞく)とぬかるんだ粘土(ねんど)形作(かたちづく)られた偉大(いだい)肖像(しょうぞう)()てくるダニエル(しょ)、3(ぴき)(けもの)絶滅(ぜつめつ)させる(ため)登場(とうじょう)するたくさんの(つの)や「(ちい)さな(つの)」をもった獣達(けものたち)不思議(ふしぎ)封印(ふういん)やトランペットの災難(さいなん)登場(とうじょう)する黙示録(もくしろく)(おお)きなドラゴン、太陽(たいよう)(ころも)()女性(じょせい)象徴的(しょうちょうてき)奈落(ならく)(ふち) と言った様に、(たし)かに聖書(せいしょ)預言(よげん)には興味深(きょうみぶか)(なぞ)めいた不可思議(ふかしぎ)(こと)がたくさんあります。

 

聖書全体(せいしょぜんたい)のおよそ3(ぷん)の1は預言(よげん)なのです!大預言者(だいよげんしゃ)にはイザヤ、エレミア、エゼキエルが(ふく)まれ、小預言者(しょうよげんしゃ)(かれ)らの予言(よげん)比較的期間(ひかくてききかん)(みじか)いのでそう()ばれています)にはホセアからマラキまでが(ふく)まれています。

ほとんどの(ひと)()づいていないのですが、イエス・キリストは(すべ)ての預言者(よげんしゃ)(なか)(もっと)偉大(いだい)預言者(よげんしゃ)であり、(かれ)の「オリベットの予言(よげん)」(マタイによる福音書(ふくいんしょ)24(しょう)、マルコによる福音書(ふくいんしょ)13(せつ)、ルカによる福音書(ふくいんしょ)21(せつ))は(すべ)ての予言(よげん)理解(りかい)する(うえ)重要(じゅうよう)(かぎ)となっています。

まさかと(おも)うかもしれませんが、創世記(そうせいき)から黙示録(もくしろく)(あいだ)にも預言(よげん)()つかります。詩篇(しへん)のいくつかは本来予言的(ほんらいよげんてき)なものです。この惑星(わくせい)における(ひと)(せい)(まこと)目的(もくてき)や、自分(じぶん)がこの()()まれてきた理由(りゆう)理解(りかい)する(こと)は、予言(よげん)理解(りかい)する(こと)なくしては本当(ほんとう)不可能(ふかのう)(こと)なのです!聖書(せいしょ)予言(よげん)とは(だれ)にでも理解出来(りかいでき)るものなのでしょうか?

ダニエル(しょ)最後(さいご)で、大天使(だいてんし)ガブリエルはダニエルにパレスチナ王国(おうこく)(きた)(おお)きな軍事国(ぐんじこく)によって占領(せんりょう)されるだろう、と聖書(せいしょ)(なか)(もっと)(なが)預言(よげん)最後(さいご)(くわ)しく()()かしています。 聖書(せいしょ)(なか)でも(もっと)(なが)(もっと)詳細(しょうさい)預言(よげん)であるダニエル(しょ)11(しょう)(つづ)く12(しょう)最後(さいご)(しょう)でガブリエルは言いました、「その(とき)大天使長(だいてんしちょう)ミカエルが()つ。(かれ)はお(まえ)(たみ)()らを守護(しゅご)する。そして、苦難(くなん)(おとず)れるだろう。(くに)(はじ)まって以来(いらい)、かつてなかったほどの苦難(くなん)が。しかしその()、あの(しょ)()(しる)されているお(まえ)民全(たみすべ)ては(すく)われるだろう。そして、()(ちり)(なか)(ねむ)(おお)くの(もの)目覚(めざ)める。ある(もの)永遠(えいえん)生命(いのち)、またある(もの)永久(えいきゅう)(つづ)(はじ)非難(ひなん)(まと)となる。」(ダニエル(しょ)12(しょう)1、2(せつ))イエスの有名(ゆうめい)な「オリベットの預言(よげん)」で、イエスは(つぎ)(ごと)()われました。「その(とき)世界(せかい)(はじ)めから(いま)にかけて、そして、今後(こんご)(けっ)して()こりえない(ほど)(おお)きな苦難(くなん)()るからである。(かみ)がその期間(きかん)(ちぢ)めて(くだ)さらなければ、だれ一人救(ひとりすく)われない。しかし、(かみ)(えら)ばれた人達(ひとたち)(ため)に、その期間(きかん)(ちぢ)めて(くだ)さるであろう。」(マタイによる福音書(ふくいんしょ)24(しょう)21、22(せつ)(あき)らかに、イエス・キリストの預言(よげん)大天使(だいてんし)ガブリエルがダニエルに()べたこの預言(よげん)は、(おな)時期(じき)(こと)(かた)っています。

エレミアは(つぎ)(ごと)()べています。「(わざわ)いだ、 その()(おお)いなる()、この(よう)()(ほか)にない。 ヤコブの(くる)しみの(とき)だ しかしヤコブはここから(すく)()される。[その意味(いみ)は、(かれ)はそれを()(しの)ぶという(こと)で、それから(すく)われるという(こと)ではありません。]その()はこうなる、と万軍(ばんぐん)(しゅ)()われる。お(まえ)(くび)(かせ)(くだ)き、(いまし)めを()く。(ふたた)(てき)がヤコブを奴隷(どれい)にする(こと)はない。 (かれ)らは永劫(えいごう)(かみ)と、(わたし)()てる(おう)ダビデに(つか)える(よう)になるだろう。」(エレミア(しょ)30(しょう)7-9(せつ)

これは聖書(せいしょ)予言(よげん)(なか)でも有名(ゆうめい)(おお)いなる艱難(かんなん)です。 ガブリエルがダニエルに、「その(とき)あなたの(たみ)(すく)われます!」と()った(こと)注目(ちゅうもく)して(くだ)さい。ダニエルは何万(なんまん)というユダヤの仲間(なかま)(とも)にバビロンで(とら)われの()だった(こと)(おも)()して下さい! (きた)の10支族(しぞく)からなるイスラエルの(いえ)は、アッシリア(おう)シャルマネセルの(ぐん)によって(なん)10(ねん)(まえ)()らえられていました。

したがって、聖書(せいしょ)預言(よげん)(おお)いなる艱難(かんなん)は、(かみ)(たみ)イスラエルに()りかかった災厄(さいやく)時期(じき)である(こと)(あき)らかです。(ヤコブの名前(なまえ)がイスラエルに()わった(こと)(おも)いだして(くだ)さい!)

(たし)かに、何百万(なんひゃくまん)という人々(ひとびと)は「(おお)いなる艱難(かんなん)」という言葉(ことば)をよく()っています。 それは世界規模(せかいきぼ)大戦争(だいせんそう)における、(ほか)(るい)()ないトラウマ、(くる)しみ、心痛(しんつう)病気(びょうき)地震(じしん)津波(つなみ)戦争(せんそう)による破壊(はかい)人命(じんめい)損失(そんしつ)時代(じだい)暗示(あんじ)するものと(おも)われている一般的(いっぱんてき)表現(ひょうげん)です。

さて、実際起(じっさいお)こった(こと)注目(ちゅうもく)して(くだ)さい!

「ダニエルよ、()わりの(とき)()るまで、お(まえ)はこれらの(こと)()め、この(しょ)(ふう)じておきなさい。(おお)くの(もの)動揺(どうよう)するであろう。そして知識(ちしき)()す。」(ダニエル12(しょう)(せつ)

 ダニエルの預言(よげん)(ふう)じられ、()ざされた(こと)注目(ちゅうもく)して(くだ)さい。 しかしその期間(きかん)はどれくらいだったのでしょう?(だれ)(けっ)して理解(りかい)できない(よう)にその言葉(ことば)(ふう)じられたのでしょうか? そうではありません! その言葉(ことば)は「()わりの(とき)まで」(かく)され(ふう)じられたのです。

あなた(がた)は「()わりの(とき)」に()きているのです! (のち)にダニエルは、「これら(おどろ)くべき(こと)は、いつまで(つづ)くのでしょうか。」と(たず)ねています。 (ダニエル(しょ)12(しょう)(せつ)

「すると、(かわ)(なが)れの(うえ)()つ、かの(あさ)(ころも)()(ひと)が、左右(さゆう)()(てん)()()べ、永遠(えいえん)()けるお(かた)にこう(ちか)うのが()こえた。『一時(ひととき)二時(ふたとき)、そして半時(はんとき)たって、(せい)なる(たみ)(ちから)(まった)()(くだ)かれると、これらの(こと)はすべて成就(じょうじゅ)する。』これを()いても(わたし)理解出来(りかいでき)なかったので、(たず)ねた。 『わが(しゅ)よ、これらの(こと)結末(けつまつ)はどうなるのでしょうか。』 (かれ)(こた)えた。『ダニエルよ、もう()きなさい。 ()わりの(とき)までこれらの(こと)()められ、(ふう)じられている! (おお)くの(もの)(きよ)められ、純白(じゅんぱく)とされ、精錬(せいれん)されよう。しかし、邪悪(じゃあく)(もの)悪行(あくぎょう)(おこな)い、誰一人(だれひとり)としてそれを(さと)らないが、賢明(けんめい)者達(ものたち)はそれを(さと)るだろう。』」(ダニエル(しょ)12(しょう)6-10(せつ))ですから、ダニエルの預言(よげん)理解(りかい)される(こと)となります。ただし、それは()()わりの(とき)」まで理解(りかい)されないのです。

終末論者(しゅうまつろんしゃ)聖書(せいしょ)預言(よげん)研究者達(けんきゅうしゃたち)何世紀(なんせいき)もの(あいだ)ずっとダニエル(しょ)黙示録(もくしろく)(たが)いに関係(かんけい)がある(こと)()っていました。 聖書(せいしょ)預言(よげん)はまるでおもちゃ()さんで()うジグソ-パズルの(よう)です。 完全(かんぜん)()仕上(しあ)げるには、ダニエル(しょ)だけでなく(おお)くの預言書(よげんしょ)(とも)にヨハネの黙示録(もくしろく)必要(ひつよう)であり、(なか)でも(とく)にキリストのオリベットの預言(よげん)必須(ひっす)です!

この(よう)理由(りゆう)で、ダニエル(しょ)とヨハネの黙示録両方(もくしろくりょうほう)(かん)して、長年神学者(ながねんしんがくしゃ)によって(おお)くの(ほん)出版(しゅっぱん)されてきたのです。

黙示録(もくしろく)についてヨハネが()った(こと)注目(ちゅうもく)して(くだ)さい。「イエス・キリストの黙示(もくし)。この黙示(もくし)は、すぐにも()こるはずの(こと)を、(かみ)がその僕達(しもべたち)(しめ)(ため)キリストにお(あた)えになり、そして、キリストがその天使(てんし)(おく)って(しもべ)のヨハネにお(つた)えになったものである」(ヨハネの黙示録(もくしろく)(しょう)、1(せつ)黙示録(もくしろく)僕達(しもべたち)に「(しめ)す」(ため)(あた)えられたのであって、(かく)(ため)ではなかったのです。 しかし、それは「(かみ)僕達(しもべたち)に」これから()こる(こと)(しめ)(ため)(あた)えられたのです。

それでは、アモス(しょ)(しょう)(せつ)()てみましょう、「(しゅ)なる(かみ)は、その(しもべ)預言者達(よげんしゃたち)秘密(ひみつ)()かさずには、何事(なにごと)もなされない。」 この地上(ちじょう)(かみ)本当(ほんとう)(しもべ)は、聖書(せいしょ)預言(よげん)(さと)るだろうと(かみ)()べています。

(かみ)はこの(よう)()っています。「一人一人(ひとりひとり)(あらわ)れる『(れい)』の(はたら)きは、全体(ぜんたい)(えき)(ため)となっています。 ある(ひと)には『(れい)』によって知恵(ちえ)言葉(ことば)(あた)えられ、ある(ひと)には(おな)じ『(れい)』によって知識(ちしき)言葉(ことば)(あた)えられ、ある(ひと)にはその(おな)じ『(れい)』によって信仰(しんこう)が、そして、ある(ひと)にはこの同一(どういつ)の『(れい)』によって(いや)しの(ちから)が、さらに、ある(ひと)には奇跡(きせき)(おこな)(ちから)が、またある(ひと)には預言(よげん)する(ちから)が、・・・」(コリント信徒(しんと)への手紙(てがみ)1、12(しょう)7-10(せつ)

使徒(しと)パウロは「(かみ)は、教会(きょうかい)(なか)色々(いろいろ)(ひと)をお()てになりました。第一(だいいち)使徒(しと)第二(だいに)預言者(よげんしゃ)第三(だいさん)教師(きょうし)、・・・」と()()けています。(コリント信徒(しんと)への手紙(てがみ)1、12(しょう)28(せつ)

したがって(かみ)聖霊(せいれい)(ちから)、すなわち聖書(せいしょ)預言(よげん)(さと)(ちから)は、(かみ)(まこと)教会(きょうかい)にあると予言(よげん)されています。 (かみ)数少(かずすく)ない(まこと)僕達(しもべたち)限定的(げんていてき)預言(よげん)(さと)(ちから)(あた)えようと、はっきり()べています。(ほか)僕達(しもべたち)土地(とち)信徒(しんと)(あつ)まりで牧師(ぼくし)(つと)めたり(ペテロやヨハネがそうした(よう)に、使徒行伝(しとぎょうでん)(しょう)14(せつ))、福音(ふくいん)()(ため)(つか)わされるといった(ほか)役割(やくわり)()たす(ため)()されるかもしれないが、(かなら)ずしも預言(よげん)(さと)(ちから)()()わせているわけではありません。

したがって、全能(ぜんのう)なる(かみ)意図的(いとてき)聖書(せいしょ)預言(よげん)保守(ほしゅ)したのだという(こと)がわかります。 これらの預言(よげん)様々(さまざま)自称宗教指導者(じしょうしゅうきょうしどうしゃ)とかカルト集団(しゅうだん)組織者達(そしきしゃたち)(めずら)しい「(もてあそ)(もの)」として(あた)えられたりはしません。 それは古代(こだい)バビロニアの(うらな)()天文学者(てんもんがくしゃ)星読(ほしよ)みやウィッチクラフトを()(あつか)者達(ものたち)(ため)にあるのではありません。また、空論家(くうろんか)狂信者(きょうしんしゃ)自称予言者(じしょうよげんしゃ)とか宗教指導者達(しゅうきょうしどうしゃたち)(もてあそ)(もの)として(あた)えられたものではありません!  

預言(よげん)理解(りかい)する(ちから)はまさに(まこと)(かみ)教会(きょうかい)の「一部(いちぶ)」であるだろうと聖書(せいしょ)(おし)えています。

預言(よげん)とは(なに)でしょうか?

預言(よげん)とは(まえ)もって()かれた歴史(れきし)です!

預言(よげん)とは、(かみ)が「ご存知(ぞんじ)であった」人間本来(にんげんほんらい)()まぐれに(おう)じて、(とき)には必要(ひつよう)とあれば(かみ)介入(かいにゅう)(あい)まって、(かみ)構想(こうそう)()たす(ため)計画全体(けいかくぜんたい)概要(がいよう)です!

全能(ぜんのう)なる(かみ)はゲ-ムに(きょう)じる(こと)はありません。 聖書(せいしょ)にある(かみ)預言(よげん)(たん)好奇心(こうきしん)()()てたり、知能(ちのう)刺激(しげき)したり、少数(しょうすう)者達(ものたち)(かみ)宣託(せんたく)独占(どくせん)する(ため)に「秘密(ひみつ)」をその者達(ものたち)だけに(めい)かしたりするものではありません。

実際(じっさい)(かみ)預言者達(よげんしゃたち)はよく「証人(しょうにん)」と「警告(けいこく)」をもたらしました。 (かれ)らは(かみ)(たみ)をとがめ、個人的(こじんてき)にまた全国的(ぜんこくてき)(かれ)らの(おお)いなる(つみ)()づかせる(ため)(つか)わされたのです。(すなわ)ち、(かれ)らに(つみ)結果(けっか)()づかせ、()(あらた)めるよう(もと)めたのです!

著名(ちょめい)(ひと)つの(れい)注目(ちゅうもく)して(くだ)さい、 (てん)()け、()(みみ)(かたむ)けよ、 (しゅ)(かた)られた。(わたし)()らを(そだ)てて(おお)きくした。しかし、(かれ)らは(わたし)(そむ)いた。(うし)飼主(かいぬし)()り、ロバは主人(しゅじん)()葉桶(ばおけ)()っている。しかし、イスラエルは()らず、(わたし)(たみ)見分(みわ)けない。なんと罪深(つみぶか)(くに)だろう。(とが)(おも)(たみ)(あく)(おこな)(もの)子孫(しそん)堕落(だらく)した()らは(しゅ)()て、イスラエルの(せい)なる(かた)挑発(ちょうはつ)(おこ)らせ()()けた。何故(なぜ)前達(まえたち)は、なおも()たれようとするのか。  (あたま)()み、心臓(しんぞう)(おとろ)えているのに。(あたま)から(あし)(うら)まで、満足(まんぞく)なところは()い。(きず)(あざ)、そして(うみ)(なお)っておらず、包帯(ほうたい)軟膏(なんこう)手当(てあ)てもされていない。お前達(まえたち)(くに)荒廃(こうはい)し、町々(まちまち)()(はら)われ、田畑(たはた)(みの)りは、お前達(まえたち)()(まえ)異国(いこく)(たみ)()()くし、異国(いこく)(たみ)(くつがえ)されて・・・ もし、万軍(ばんぐん)(しゅ)私達(わたしたち)(ため)にわずかでも生存者(せいぞんしゃ)(のこ)されなかったなら、私達(わたしたち)はソドムの(よう)になり、ゴモラに()たものとなっていたであろう。(イザヤ(しょ)(しょう)2-9(せつ)

ここでイザヤは、牛舎(ぎゅうしゃ)への(みち)(えさ)のある仕切(しき)りの位置(いち)まで正確(せいかく)()っている愚鈍(ぐどん)(うし)を、(かみ)完全(かんぜん)見捨(みす)てた罪深(つみぶか)いイスラエルと対照的(たいしょうてき)()いています。

それから、(からだ)(たと)えた類推(るいすい)(おこな)われています。「(あたま)」は政府(せいふ)産業界(さんぎょうかい)会社(かいしゃ)教育界(きょういくかい)科学並(かがくなら)びに軍部(ぐんぶ)(うえ)()(ひと)(あらわ)し、(かみ)は、「その(あたま)はことごとく()み」と()っています!

おそらく(こころ)(くに)良心(りょうしん)意思(いし)決断力(けつだんりょく)()たるでしょう。筋肉(きんにく)(からだ)(けん)労働力(ろうどうりょく)であり、神経系統(しんけいけいとう)循環器系(じゅんかんきけい)空路(くうろ)陸路(りくろ)輸送系統(ゆそうけいとう)でありコミュニケ-ションに()たる、といった具合(ぐあい)です。

(あし)のうらから(あたま)まで」()るのは「(きず)(あざ)、そして(うみ)」ばかりだと(かみ)(おし)えています。

その(とき)人々(ひとびと)は、もし(かみ)(すこ)しの生存者(せいぞんしゃ)(のこ)さなかったなら、(かみ)(たみ)はソドムやゴモラと(おな)(よう)完全(かんぜん)破壊(はかい)されていただろう、と(なげ)いたのです! イザヤの予言(よげん)にはイスラエル(こく)(つみ)(たい)する(おお)くの懲罰(ちょうばつ)(ふく)まれています。イザヤ(しょ)(しょう)12(せつ)(ほか)に、現代(げんだい)のアメリカ、イギリス、北欧(ほくおう)民主主義国家(みんしゅしゅぎこっか)(さら)にカナダ、(みなみ)アフリカ、オ-ストラリアやニュ-ジ-ラン

ドに(かん)して、ここまで具体的(ぐたいてき)正確(せいかく)なものがあるでしょうか?

(かみ)(つぎ)(よう)()べられています。「(わたし)(たみ)は、未熟(みじゅく)者達(ものたち)(しいた)げられ、(おんな)支配(しはい)されている。(わたし)(たみ)よ、お前達(まえたち)(みちび)(もの)は、お(まえ)(まよ)わせ、その(みち)(みだ)す。」

今日(きょう)、イザヤ(しょ)のこの予言(よげん)には(とく)痛感(つうかん)させられる(ところ)()ります。

預言者(よげんしゃ)は、誰一人(だれひとり)として志願(しがん)したわけではありません。

エレミアは、()まれる(まえ)から特別(とくべつ)(かみ)()()されていたのであって(エレミア(えれみあ)(しょ)(しょう)(せつ))、(ほか)(すべ)ての預言者同様(よげんしゃどうよう)、その(つと)めに(みずか)志願(しがん)したわけではありませんでした。

それどころか、「(かみ)言葉(ことば)」がエレミアに(とど)いた(とき)(かれ)はこう()いました。「お()(くだ)さい。(わたし)(かた)言葉(ことば)()りません。(わたし)若者(わかもの)()ぎませんから。しかし、(しゅ)(わたし)()われた。『若者(わかもの)()ぎないなどと()ってはならない。あなたは(わたし)があなたを(つか)わす(すべ)ての土地(とち)出向(でむ)き、(わたし)(めい)じる(こと)(すべ)(かた)るのだから。』」(エレミア(しょ)(しょう)7節)

さて、2(しょう)から(はじ)まる(かみ)(たみ)イスラエルに(たい)する非難(ひなん)言葉(ことば)注目(ちゅうもく)して(くだ)さい。 エレミアはこう()べています。「(わたし)は、お前達(まえたち)(みの)(ゆた)かな()(みちび)き、果物(くだもの)幸福(こうふく)(あた)えた。ところが、お前達(まえたち)(わたし)土地(とち)(はい)ると、そこを(けが)し、(わたし)(あた)えた土地(とち)()まわしいものに()えた・・・」 (かれ)(たず)ねて()います、「一体(いったい)、どこの(くに)神々(かみがみ)()()えた(こと)があろうか、しかも、(かみ)でないものと。 ところが、()(たみ)(おの)栄光(えいこう)利益(りえき)にならぬものと()()えた。 あぁ、(てん)よ、(おどろ)け、この(こと)(おお)いに()しみ(かな)しまれよ、と(しゅ)()われる。」(エレミア(しょ)(しょう)11-12(せつ))エゼキエルでさえ、(かれ)捕囚(ほしゅう)境遇(きょうぐう)から予言(よげん)したにも(かか)わらず(エゼキエル(しょ)(しょう)(せつ))、(かみ)(たみ)イスラエルに(たい)する(おそ)ろしい非難(ひなん)のお()げを()けました。

()なさい。(わたし)はあなたの(かお)(かれ)らの(かお)(よう)(かた)くし、あなたの(ひたい)(かれ)らの(ひたい)(よう)(かた)くした。・・・ (エゼキエル(しょ)(しょう)4-9(せつ)

エゼキエルはまたイスラエルの(いえ)(たい)して特別(とくべつ)指示(しじ)(あた)えられた。 (かれ)はこう()われました。「(ひと)()よ、(わたし)はあなたをイスラエルの(いえ)見張(みは)りとする。ですから、(わたし)(くち)言葉(ことば)()き、(かれ)らに(わたし)からの警告(けいこく)(あた)えなさい。 (わたし)悪人(あくにん)()かって『お(まえ)(かなら)()ぬ』と()(とき)、もしあなたが、その悪人(あくにん)(いのち)(すく)(ため)警告(けいこく)せず、(あく)(みち)から(はな)れる(よう)(さと)さないなら、その悪人(あくにん)(みずか)らの(つみ)(ゆえ)()ぬ。しかし、(わたし)(かれ)()をあなたの()()るものとする。 しかし、あなたが悪人(あくにん)警告(けいこく)したのに、悪人(あくにん)自分(じぶん)邪心(じゃしん)(あく)(みち)から()(かえ)らなかった場合(ばあい)には、(かれ)(みずか)らの(つみ)(ゆえ)()ぬが、あなたは自分(じぶん)(いのち)(すく)(こと)となるのだ! (エゼキエル(しょ)(しょう)17-19(せつ)

 この(よう)(かみ)預言者達(よげんしゃたち)(かた)(おも)個人的(こじんてき)責任(せきにん)()したのです!預言者達(よげんしゃたち)個々(ここ)使命(しめい)()たす功績(こうせき)直接彼(ちょくせつかれ)自身(じしん)救済(きゅうさい)(むす)()いてしていたのです! もし(かれ)らが悪人達(あくにんたち)警告(けいこく)する(こと)失敗(しっぱい)して悪人(あくにん)()んだ場合(ばあい)(かみ)予言者(よげんしゃ)責任(せきにん)()たせました。

もし(かれ)らが悪人(あくにん)への警告(けいこく)成功(せいこう)した(とき)は、たとえ(かれ)らのメッセ-ジが無下(むげ)(ことわ)られたとしても、預言者(よげんしゃ)(すく)われたのです。    

誰一人進(だれひとりすす)んで(かみ)預言者(よげんしゃ)になった(もの)はいなかったのです!

イザヤは自分(じぶん)は「(けが)れた(くちびる)」の(もの)(イザヤ(しょ)(しょう)(せつ))と()ったが、(かみ)(まぼろし)(とお)してイザヤをセラフィムの一人(ひとり)()わせた。その()には祭壇(さいだん)から火箸(ひばし)()った炭火(すみび)があった。そしてセラフィムはそれを(わたし)(くちびる)()()われた。「()よ、これがあなたの(くちびる)()れたので、あなたの不正(ふせい)()()られ、(つみ)(ゆる)された。 (わたし)はまた(しゅ)御声(おこえ)()いた。『(だれ)(つか)わすべきか。(だれ)我々(われわれ)()わって()くだろうか。』 その(とき)[イザヤ]()った。『私がここにおります。(わたし)(つか)わせて(くだ)さい』」(イザヤ6(しょう)5-8(せつ))どちらの場合(ばあい)も、(かみ)預言者達(よげんしゃたち)伝言(でんごん)(つた)えたいと(おも)(よう)(みちび)かれなければなりませんでした!

これに(かん)して(もっと)顕著(けんちょ)(れい)は、(あき)らかに預言者(よげんしゃ)ヨナの場合(ばあい)で、(かみ)(かれ)()わせようとしていた責任(せきにん)から(のが)れようとした(とき)(こと)です。 ヨナは遭難(そうなん)し、特別(とくべつ)用意(ようい)された巨大(きょだい)(さかな)()()まれて(はま)()()されました。ヨナはこの試練(しれん)(あと)謙虚(けんきょ)自発的(じはつてき)行動(こうどう)しました。

アモスが今住(います)んでいる(くに)()て、(かみ)審判(しんぱん)について(なに)()わないように(めい)じられた(とき)(かれ)反抗者達(はんこうしゃたち)()った言葉(ことば)注目(ちゅうもく)して(くだ)さい。

「アモスは(こた)えてアマツヤに()った。(わたし)預言者(よげんしゃ)ではない。預言者(よげんしゃ)息子(むすこ)でもない。(わたし)家畜(かちく)()い、いちじく(くわ)栽培(さいばい)する(もの)だ。 (しゅ)家畜(かちく)()れを()っている(わたし)をつかまえて、『()って()(たみ)イスラエルに予言(よげん)せよ』と()われた。 されば、(しゅ)言葉(ことば)()け。 あなたは『イスラエルに刃向(はむ)かった予言(よげん)をしてはならない。イサクの(いえ)敵対(てきたい)する(こと)()ってもならない。』それゆえ、(しゅ)はこう()われる。お(まえ)(つま)(まち)(なか)遊女(ゆうじょ)となり、息子(むすこ)(むすめ)らは(けん)(たお)れ、土地(とち)(はか)(なわ)()けられ、お(まえ)(よご)れた土地(とち)()ぬ。 イスラエルは(かなら)()らえられて、その土地(とち)から()()られる。」 (アモス(しょ)7章14-17節)

この(よう)にして(かみ)以前様々(いぜんさまざま)仕事(しごと)()いていた何人(なんにん)かの(ひと)特別(とくべつ)()()せ、(かれ)らに(かみ)伝言(でんごん)(あた)え、その伝言(でんごん)()って、()()えない強情(ごうじょう)反抗的(はんこうてき)(かみ)(こば)人達(ひとたち)(ところ)()くように(めい)じました。

(かれ)らはいつも拒絶(きょぜつ)されました! 反抗的(はんこうてき)なイスラエルは(かみ)伝言(でんごん)警告(けいこく)を、今日(きょう)までそうし(つづ)けてきた(よう)()()けました!

イエスはパリサイ(じん)への(かみ)(はげ)しい懲罰(ちょうばつ)でこの(てん)()れています。(かれ)(つぎ)(よう)()われました。「だから、(わたし)預言者(よげんしゃ)賢者(けんじゃ)学者(がくしゃ)をあなた(たち)(つか)わすが、あなた(たち)はその(なか)何人(なんにん)かを(ころ)し、十字架(じゅうじか)()()け、また何人(なんにん)かはシナゴ-グで鞭打(むちう)ちにし、(まち)から(まち)へと()(まわ)して迫害(はくがい)するだろう。こうして義人(ぎじん)アベルや、あなた(たち)聖所(せいしょ)祭壇(さいだん)(あいだ)(ころ)したバラキアの()ゼカルヤの()(いた)るまで、(すべ)ての(ただ)しき者達(ものたち)()があなたの()によって()(なが)される(こと)となる。これらの(こと)(すべ)て、(いま)世代(せだい)者達(ものたち)()りかかって()ると断言(だんげん)しよう。 あぁ、エルサレム、エルサレムよ。預言者達(よげんしゃたち)(ころ)し、自分(じぶん)(つか)わされた人々(ひとびと)(いし)()(ころ)(もの)よ、めん(どり)(ひな)(はね)(した)(あつ)める(よう)に、(わたし)はお(まえ)()らを何度庇護(なんどひご)しようとした(こと)か。だが、お前達(まえたち)(おう)じようとしなかった。 ()よ、お前達(まえたち)(いえ)見捨(みす)てられて()()てる。」(マタイによる福音書(ふくいんしょ)23(しょう)34-38(せつ)

おそらく預言者全員(よげんしゃぜんいん)要約(ようやく)はエレミアからイスラエルまでの(かみ)言葉(ことば)(なか)()いだす(こと)出来(でき)るでしょう、 「イスラエルの(かみ)万軍(ばんぐん)(しゅ)はこう()われる。お前達(まえたち)()いた(ささ)(もの)生贄(いけにえ)(にく)(くわ)えて()べるがよい。(わたし)はお前達(まえたち)先祖(せんぞ)をエジプトの()から(みちび)()した(とき)()いた(ささ)(もの)生贄(いけにえ)について(かた)った(こと)(めい)じた(こと)もない。 むしろ、(わたし)(つぎ)(こと)(かれ)らに(めい)じた。『(わたし)(こえ)()(したが)え。そうすれば、(わたし)はあなた(たち)(かみ)となり、あなた(たち)(わたし)(たみ)となる。 (わたし)(めい)じる(みち)にのみ(あゆ)むならば、あなた(たち)(さいわ)いを()る。』しかし、(かれ)らは()(したが)わず、(みみ)(かたむ)けず、(かれ)らの(かたく)なで(わる)(こころ)(たくら)みに(したが)って(あゆ)み、精進(しょうじん)せず堕落(だらく)していった。お前達(まえたち)先祖(せんぞ)がエジプトの()から()たその()から、今日(きょう)(いた)るまで、(わたし)(しもべ)である預言者(よげんしゃ)らを、(つね)()(かえ)しお前達(まえたち)(つか)わした。 それでも,(わたし)()(したが)わず、(みみ)(かたむ)けず、それどころか、より頑固(がんこ)になり、 先祖(せんぞ)よりも(わる)(もの)となった。・・・それ(ゆえ)あなたは(かれ)らに()うがよい。『これは、永遠(とわ)(かみ)(こえ)()(したが)わぬ(くに)であり,更正(こうせい)しようともせず,その(たみ)(くち)からは真実(しんじつ)()()られ(うしな)われてしまったのだ!』」 (エレミア(しょ)(しょう)21-28(せつ)

(かみ)(つか)わされた偉人達(いじんたち)(おお)きな犠牲(ぎせい)と、聖書(せいしょ)文献(ぶんけん)における(かれ)らの多大(ただい)貢献(こうけん)、そして、(かれ)らが現代(げんだい)私達(わたしたち)(しめ)した模範(もはん)(ため)(かれ)らは新約聖書(しんやくせいしょ)の「(かみ)教会(きょうかい)」のまさに基盤(きばん)一部(いちぶ)だとイエス・キリストは()われました。

(つぎ)()注目(ちゅうもく)して(くだ)さい。 「この(かた)(キリスト)を(とお)して、私達両方(わたしたちりょうほう)(ユダヤ(じん)異邦人(いほうじん))が(ひと)つの(れい)(かい)して、御父(みちち)(ちか)づく(こと)出来(でき)るのです。 (したが)って、あなた(がた)はもはや、外国人(がいこくじん)でも寄留者(きりゅうしゃ)でもなく、(せい)なる(たみ)(ぞく)する(もの)(かみ)家族(かぞく)であり、使徒(しと)預言者(よげんしゃ)という土台(どだい)(うえ)()()っているのです。その(かなめ)はイエス・キリストご自身(じしん)であり」(エフェソの信徒(しんと)への手紙(てがみ)(しょう)18-20(せつ)

預言(よげん)二元的(にげんてき)です。

聖書(せいしょ)予言(よげん)(おお)くは二重(にじゅう)になっています。すなわち、聖書(せいしょ)は、(ひと)つの主張(しゅちょう)とその反論(はんろん)(ひと)つの形体(けいたい)とその対照形(たいしょうけい)(さき)に(大抵(たいてい)即時(そくじ)に)成就(じょうじゅ)される(こと)後日最後(ごじつさいご)成就(じょうじゅ)される(こと)といった表明(ひょうめい)から()()っているのです。

実際(じっさい)、ある形体(けいたい)とその対照形(たいしょうけい)現実(げんじつ)の「幻影(げんえい)」、言葉(ことば)のあや、比喩(ひゆ)(たと)えばなし、類推(るいすい)など、私達(わたしたち)文学(ぶんがく)日常(にちじょう)会話(かいわ)(おお)使(つか)われている(よう)に、聖書(せいしょ)(いた)(ところ)でふんだんに使用(しよう)されています。

おそらく二元性(にげんせい)(もっと)顕著(けんちょ)(れい)の1つは、マタイによる福音書(ふくいんしょ)24(しょう)でイエス・キリストが預言(よげん)したイスラエルの()(せま)った崩壊(ほうかい)でしょう。(マルコによる福音書(ふくいんしょ)13(しょう)とルカによる福音書(ふくいんしょ)21(しょう)(あわ)せて参照(さんしょう)して(くだ)さい。)

預言(よげん)冒頭(ぼうとう)でイエスが(つぎ)(よう)()われた(こと)注目(ちゅうもく)して(くだ)さい。

「はっきり()っておく。(ひと)つの(いし)もここで(くず)れずに(ほか)(いし)(うえ)(のこ)(こと)はない。」(マタイによる福音書(ふくいんしょ)24(しょう)(せつ)

それから(にせ)メシアや偽預言者(にせよげんしゃ)についてのオリベットの預言(よげん)(つづ)きます。戦争(せんそう)戦争(せんそう)(うわさ)世界規模(せかいきぼ)衝突(しょうとつ)飢饉(ききん)疫病(えきびょう)地震(じしん)(すべ)てが「(かな)しみの(はじ)まり」「(おお)いなる艱難(かんなん)開始(かいし)」として()かれています。(マタイによる福音書(ふくいんしょ)24(しょう)21(せつ)

艱難(かんなん)(つぎ)(てん)(しるし)記述(きじゅつ)があり(マタイによる福音書(ふくいんしょ)24(しょう)29(せつ),それに(つづ)いて「(ひと)()(しるし)(てん)(あらわ)れ」(30(せつ),「キリストの再来(さいらい)」(30,31(せつ))が()べられています。

その(しょう)はキリストの警告(けいこく)()(くく)っています、 「その()、その(とき)は、(だれ)()らない。天使達(てんしたち)()らない。ただ、御父(みちち)だけがご存知(ぞんじ)である。・・・」 (36(せつ))といったものや、キリストの()もない帰還(きかん)(さい)人々(ひとびと)はその時世時節(ときよじせつ)意味(いみ)(まった)気付(きづ)かず、()にもかけずに()らしているだろうという警告(けいこく)(37-39(せつ))、そして、()()けずに不意(ふい)ふちを()者達(ものたち)(れい)(48-51(せつ))があります。

この預言(よげん)事実(じじつ)(もとづ)いた単純(たんじゅん)調査(ちょうさ)(おこな)(こと),その二元的(にげんてき)性質(せいしつ)簡単(かんたん)理解出来(りかいでき)ます。

というのは、エルサレムがこの預言(よげん)から(やく)40年後(ねんご)破壊(はかい)されたからです! ヨセフスは想像(そうぞう)しうる(もっと)残忍(ざんにん)(おそ)ろしい虐殺(ぎゃくさつ)()(しる)しています。長引(ながび)包囲(ほうい)、ひどい飢饉(ききん)()え、最終的(さいしゅうてき)(まち)征服(せいふく)何万人(なんまんにん)ものユダヤ(じん)串刺(くしざ)しにされ拷問(ごうもん)()けて()(いた)(さま)(まち)()()城壁上部(じょうへきじょうぶ)(いし)()がされ(くず)()ち、()のある神殿(しんでん)(けが)される、といったものです。

ナザレのイエス・キリストの預言(よげん)どおり、その時代(じだい)()きる人達(ひとたち)はオリベットで預言(よげん)された事象(じしょう)実現(じつげん)する(まえ)には(ほろ)びませんでした。

しかし,(てん)(しるし)」は()られませんでした! (ひと)()出現(しゅつげん)(しるし)」は(てん)(あらわ)れなかったのです! ナザレのイエス・キリストは、その時戻(ときもど)って()ませんでした!(さら)に、「(ひと)つの(いし)(ほか)(いし)(うえ)(のこ)されていないだろう」というイエスの預言(よげん)文字通(もじどお)解釈(かいしゃく)したとします。ですが、都市(とし)破壊(はかい)されたにも(かか)わらず、何千(なんぜん)という(いし)無傷(むきず)のまま今日現在(きょうげんざい)まで(のこ)っています。

聖書(せいしょ)熱心(ねっしん)研究者(けんきゅうしゃ)熱烈(ねつれつ)信者達(しんじゃたち)にとって、イエスのオリベットの預言(よげん)二元性(にげんせい)(あき)らかです。 それは、紀元(きげん)70(ねん)から71(ねん)(あいだ)に、ロ-マ皇帝(こうてい)ティトゥスの(ぐん)によるエルサレムの略奪(りゃくだつ)破壊(はかい)という(かたち)で、(すで)以前実現(いぜんじつげん)しています。ですが、聖書(せいしょ)によれば、(おどろ)いた(こと)に、今現在(いまげんざい)のエルサレムの(まち)将来(しょうらい)もう一度破壊(いちどはかい)される(こと)になっています

(ほか)にも二元性(にげんせい)(しめ)す2つの(れい)が、バビロン(おう)(イザヤ(しょ)14(しょう)(せつ))とティレ(原語発音(げんごはつおん):タイアー)の君主(くんしゅ)(エゼキエル(しょ)28(しょう)(せつ))の記述(きじゅつ)(なか)にあります。

聖書(せいしょ)解説者(かいせつしゃ)(みな)、これらの人類(じんるい)実在(じつざい)した皇帝(こうてい)都市国家(としこっか)、そして、悪魔(あくま)サタンの二元性(にげんせい)において(すべから)同意(どうい)しています。

バビロン(おう)悪魔(あくま)サタンの一種(いっしゅ)であり、イザヤ(しょ)14(しょう)12-14(せつ)記述(きじゅつ)されています。ティレの君主(くんしゅ)悪魔(あくま)サタンの一種(いっしゅ)で、エゼキエル(しょ)12(しょう)(なか)(ごろ)から(おな)(しょう)の17節後半(せつこうはん)にかけて記述(きじゅつ)されています。

この2章両方(しょうりょうほう)には(つぎ)(よう)第三(だいさん)引喩的(いんゆてき)意味(いみ)があります。それは古代(こだい)バビロン(おう)もティレの君主(くんしゅ)も、やがて()中央(ちゅうおう)ヨ-ロッパの軍事独裁者(ぐんじどくさいしゃ)や、ダニエル(しょ)11(しょう)40(せつ)(きた)(おう)(など)という有名(ゆうめい)な「(けもの)」を引喩(いんゆ)した典型(てんけい)だったという(こと)です。その(もの)偽預言者(にせよげんしゃ)協力(きょうりょく)し、キリストの再来時(さいらいじ)(ほろ)ぼされる、未来(みらい)強大(きょうだい)世界的独裁者(せかいてきどくさいしゃ)なのです。(ヨハネの黙示録(もくしろく)19(しょう)20(せつ)

聖書(せいしょ)には二元性(にげんせい)だけでなく、引喩(いんゆ)典型(てんけい)(れい)沢山(たくさん)あります。

かくして、旧約聖書(きゅうやくせいしょ)新約聖書(しんやくせいしょ)があり,(ふる)契約(けいやく)(あたら)しい契約(けいやく)があり、最初(さいしょ)のアダム(肉体(にくたい)()ちエデンの(その)()むアダム)と「(だい)2のアダム」(イエス・キリストの(こと)。コリントの信徒(しんと)への手紙(てがみ)Ⅰ、15(しょう)45、46(せつ))が存在(そんざい)するのです。ファラオは悪魔(あくま)サタンのシンボルであり、モ-ゼとアロンはヨハネの黙示録(もくしろく)11(しょう)の「二人(ふたり)証人(しょうにん)」に()てはまり、エジプトは「(つみ)」の一例(いちれい)で、イスラエル(じん)存在(そんざい)(かみ)(たましい)(ゆる)される典型(てんけい)なのです。

エジプト脱出(だっしゅつ)(とき)古代(こだい)エジプトに()りかかった疫病(えきびょう)は、(けもの)(ちから)によって()(そそ)がれる(おお)いなるトランペットの災難(さいなん)(あらわ)し、イスラエル(じん)(とら)われの()から解放(かいほう)したのは将来(しょうらい)キリストの再来(さいらい)(とき)(かみ)(たみ)(ふたた)(あつ)める(こと)(あらわ)しています。(イザヤ(しょ)10(しょう)20、21(せつ)、イザヤ(しょ)11(しょう)11、12(せつ)、イザヤ(しょ)11(しょう)15、16(せつ)、イザヤ(しょ)19(しょう)23、24(せつ)、エレミア(しょ)50(しょう)18、19(せつ)、エゼキエル(しょ)11(しょう)17-20(せつ)、ホセア(しょ)(しょう)10、11(せつ)、ヨエル(しょ)(しょう)18-20(せつ)、ゼカリア(しょ)(しょう)17(せつ)、ゼカリア(しょ)(しょう)3-8(せつ)(など)。)

紅海(こうかい)(うみ)()った(みち)(とお)ってイスラエルの()らが脱出(だっしゅつ)するのは教会(きょうかい)洗礼(せんれい)象徴(しょうちょう)であり(コリンと信徒(しんと)への手紙(てがみ) ,10(しょう)1-4(せつ),(かれ)らの「(つみ)荒野(こうや)」での滞在(たいざい),(あら)たに洗礼(せんれい)()けたキリスト教徒(きょうと)()ちはだかるものに()()(ため)生活(せいかつ)象徴的(しょうちょうてき)(あらわ)しています。

ヨルダン(がわ)(わた)って「約束(やくそく)(くに)」へ()かうのは、キリスト教徒(きょうと)(かみ)王国(おうこく)(さず)かる(こと)象徴(しょうちょう)であり、40(ねん)放浪生活(ほうろうせいかつ)は(40という数字(すうじ)聖書(せいしょ)試練(しれん)またはテストを(あらわ)しています)、(あら)たに()まれたキリスト教徒一人一人(きょうとひとりひとり)直面(ちょくめん)する試練(しれん)苦難(くなん)象徴(しょうちょう)となっています(ヨハネの黙示録(もくしろく)16(しょう)33(せつ))。聖書(せいしょ)(なか)には、(かみ)計画(けいかく)引喩的(いんゆてき)(たと)えである典型(てんけい)文字通(もじどお)沢山存在(たくさんそんざい)しています。

(したが)って、(ねん)何度(なんど)かある祝日(しゅくじつ)は、それぞれが(かみ)目的(もくてき)真実(しんじつ)をなぞったものなのです。そういう意味(いみ)では、祝日(しゅくじつ)預言的(よげんてき)なものと()えます。

(1)過越(すぎこ)(さい)(しゅ)晩餐(ばんさん))と子羊(こひつじ)()(なが)(おこな)いはキリストの犠牲(ぎせい)象徴(しょうちょう)したものでした。 新約聖書(しんやくせいしょ)では、生贄(いけにえ)子羊(こひつじ)()わって、キリストが(たね)なしパンとひとすすりのワイン(キリストの()(くだ)かれた(からだ)(なが)された()象徴(しょうちょう))を代用(だいよう)したが、それは(おな)(こと)象徴(しょうちょう)でした(マタイによる福音書(ふくいんしょ)26(しょう)26-28(せつ))。キリスト教徒(きょうと)過越(すぎこ)(さい)参加(さんか)する(こと)は、イエス・キリストの(なが)された()自分(じぶん)(つみ)をあがなう個人的(こじんてき)救世主(きゅうせいしゅ)として()()れる(こと)象徴(しょうちょう)しています(コリント信徒(しんと)への手紙(てがみ) 、11(しょう)23-30(せつ))。

2)(たね)なしパンの()精進(しょうじん)()ちた人生(じんせい)(おく)(こと)象徴的(しょうちょうてき)(あらわ)しています。(たね)(はい)ったパンは、虚栄心(きょえいしん)、うぬぼれ、ねたみ、貪欲(どんよく)といった人間性(にんげんせい)(いや)しい要素(ようそ)で「膨張(ぼうちょう)」している状態(じょうたい)象徴(しょうちょう)です。 (たね)なしパンを7日間食(かかんた)べる(こと)は、(元来(がんらい)エジプトの過越(すぎこ)(さい)(しゅつ)エジプトと直接関係(ちょくせつかんけい)があったのですが)キリスト教徒(きょうと)がキリストと洗礼(せんれい)()()れた(あと)(おく)精進(しょうじん)()ちた人生(じんせい)象徴的(しょうちょうてき)(あらわ)しています。(コリント信徒(しんと)への手紙(てがみ)Ⅰ、 (しょう)2-8(せつ)、レビ()23(しょう)5,6(せつ)

(3)五旬節(ごじゅんせつ)は(使徒行伝(しとぎょうでん)(しょう)、レビ()23(しょう)9-16(せつ))「初穂(はつほ)」の収穫(しゅうかく)であって、(かみ)は「(いま)全世界(ぜんせかい)(すく)おうとしているのではなく、ただ「初穂(はつほ)」を(しゅ)(もと)()んでいる(こと)示唆(しさ)しています。そして、イエス・キリストこそが「最初(さいしょ)」の初穂(はつほ)であり、(あと)()大掛(おおが)かりな人間(にんげん)(いのち)収穫(しゅうかく)が、その(あと)()ってやって()(こと)示唆(しさ)しているのです。 「ペンテコスト」とは(たん)に「50番目(ばんめ)」を意味(いみ)し、週毎(しゅうごと)安息日(あんそくび)から50日目(にちめ)に、「(たね)なしパンの日々(ひび)」の(あいだ)()こった「初穂(はつほ)収穫(しゅうかく)」のギリシャ(めい)英語訳(えいごやく)です。

(4)トランペットの(まつ)り(レビ()23(しょう)23(せつ)民数記(みんすうき)29(しょう)(せつ))は(おも)に「最後(さいご)のラッパ」に集中(しゅうちゅう)した(まつ)りで(コリント信徒(しんと)への手紙(てがみ) 、15(しょう)52(せつ))、それはイエス・キリストの再来(さいらい)(とき)(ひび)(わた)ります。もっとも、それは黙示録(もくしろく)(なか)()かされた(かみ)災難(さいなん)(むす)びついた(すべ)てのトランペットの意味(いみ)(ふく)んでおり、(ヨハネの黙示録(もくしろく)(しょう)6,7,8,10(せつ)など)、地上(ちじょう)()人々(ひとびと)(たい)してキリストがまもなく到来(とうらい)する(こと)宣言(せんげん)警告(けいこく)象徴的(しょうちょうてき)(あらわ)しています。 その(よう)なわけで、トランペットの(まつ)りは地上(ちじょう)()()げられる「(かみ)御業(みわざ)意味(いみ)する祭典(さいてん)でもあります。「(かみ)王国(おうこく)」の福音(ふくいん)を、(あかし)警告(けいこく)意味(いみ)()めて()祭典(さいてん)なのです。(マタイ(でん)24(しょう)14(せつ)

(5)贖罪(しょくざい)()(レビ()23(しょう)27-29(せつ))にも元来(がんらい)儀式(ぎしき)では(おお)くの引喩(いんゆ)典型(てんけい)(ふく)まれていました。それは今日(こんいち)断食(だんじき)(かたち)(つづ)けられています。(使徒行伝(しとぎょうでん)27(しょう)(せつ)余白(よはく) その()(かみ)と「一体(いったい)となる」(こと)象徴(しょうちょう)しており、将来全世界(しょうらいぜんせかい)最終的(さいしゅうてき)(かみ)和解(わかい)する(とき)()いています。

(6)幕屋(まくや)()古代(こだい)イスラエルの滞在(たいざい)と、(かれ)らが(かり)住家(すみか)として仮小屋(かりごや)(タバナクル)に()んだ事実(じじつ)象徴(しょうちょう)したものです。現代(げんだい)において、キリスト教徒(きょうと)とは「(えら)ばれた(たみ)(おう)系統(けいとう)()祭司(さいし)(せい)なる国民(こくみん)(かみ)(ぞく)する(たみ)・・・異教徒(いきょうと)巡礼者(じゅんれいしゃ)」(ペトロの手紙(てがみ)Ⅰ、2(しょう)9-17(せつ))も(ふく)んだものです。 しかしながら、もともと幕屋(まくや)()(あき)の「収穫(しゅうかく)(いわ)(まつ)り」で、豊作(ほうさく)(いわ)()です。 それは(かみ)王国(おうこく)がこの()到来(とうらい)する(こと)予言(よげん)し、まもなく地上(ちじょう)到来(とうらい)する(かみ)王国(おうこく)表現(ひょうげん)した(おお)いなる(よろこ)びの(とき)でありました。((いま)でもこの()(いわ)うべきだと(わか)っている人達(ひとたち)によって(いわ)われています。)

(7)最後(さいご)審判(しんぱん)()(レビ()23(しょう)39(せつ))は幕屋(まくや)(まつ)りのすぐ(あと)(つづ)き、 毎年(まいとし)ある7番目(ばんめ)(かみ)祝日(しゅくじつ)()たります。それは「偉大(いだい)なる(しろ)玉座(ぎょくざ)(さば)き」(ヨハネの黙示録(もくしろく)20(しょう)11(せつ))と(だい)2の復活(ふっかつ)(ヨハネの黙示録(もくしろく)20(しょう)(せつ))を表現(ひょうげん)しています。それは、(さば)きの(とき)(けい)宣告(せんこく)ではありません!)であり、明確(めいかく)な100(ねん)期間(きかん)(あいだ)(イザヤ(しょ)65(しょう)20(せつ))に(おこな)われ、()きている(あいだ)一度(いちど)()された(こと)や、(まこと)(すく)いの機会(きかい)(あた)えられなかった人達(ひとたち)(ため)のものです。

この(よう)に、(ねん)に7(かい)祭日(さいじつ)、または祝日(しゅくじつ)には、まさしく「(かみ)計画(けいかく)」を表現(ひょうげん)した完全(かんぜん)典型(てんけい)引喩(いんゆ)見出(みいだ)されているのです。

聖書(せいしょ)には文字通(もじどお)何十(なんじゅう)という引喩的(いんゆてき)典型(てんけい)があります。 その(うち)数少(かずすく)ない(れい)として、 アブラハムがいます。アブラハムがイサクを()()(よう)(めい)じられた(とき)(かれ)(すす)んでその(めい)(したが)った(おり)()わりに雄羊(おひつじ)()()されました。これは、御子(おんし)イエス・キリストを(みずか)()()した(ちち)なる(かみ)投影(とうえい)させた(れい)なのです。 モ-ゼはある意味(いみ)(おきて)(さず)けた(てん)で)(ちち)なる(かみ)特徴(とくちょう)()ち、また((かみ)とイスラエルの仲介者(ちゅうかいしゃ)として)(かみ)()キリストの典型(てんけい)とも()えます。モ-ゼとアロンは(