キリスト教徒(きょうと)はイースターあるいは(すぎ)(こし)(さい)

(いわ)うべきでしょうか?

 

 

イースター(復活(ふっかつ)(さい))はクリスマスと同様(どうよう)、あらゆる「キリスト(きょう)」の(ぎょう)()(なか)でも(さい)(だい)のものです。キリストの(ふっ)(かつ)(いわ)うものとされていますが、それならば、なぜ、パウロは異邦人(いほうじん)()ユダヤ(じん))のキリスト(きょう)()に、(しゅ)()られる(とき)まで「(しゅ)()()()らせるのです」と(めい)じたのでしょう?イエス・キリストご自身(じしん)が、(たね)なしパンの(ひと)()れは(みずか)らの(からだ)を、ワインの(ひと)(くち)(みずか)らが(なが)された()(しょう)(ちょう)していると()われて、かの有名(ゆうめい)弟子(でし)(たち)との「最後(さいご)晩餐(ばんさん)」を(いわ)われました。この晩餐(ばんさん)は、(すべ)ての人類(じんるい)(つみ)のためのキリストの()記念(きねん)するものでした。キリストの(ふっ)(かつ)(いわ)うための()()(せい)(しょ)のどこにもないのはなぜでしょう?使徒(しと)(たち)復活(ふっかつ)(いわ)わなかったのはなぜでしょう?

(すぎ)(こし)(さい)」は「ユダヤ(じん)」だけのものであって、キリスト教徒(きょうと)関係(かんけい)ないのでしょうか?キリスト教徒(きょうと)はイースターを(いわ)うべきなのでしょうか?聖書(せいしょ)はイースターを(いわ)うよう(めい)じているのでしょうか?この(こた)えを()ると(みな)さんは(おどろ)かれるでしょう!イースターと(すぎ)(こし)(さい)(かん)する(めい)(はく)(しん)(じつ)は、(みな)さんの(せい)(しょ)にあるのです!

 

ガーナ―テッド・アームストロング

 

(みな)さんは「()(ぞん)の」世界(せかい)()まれました。習慣(しゅうかん)伝統(でんとう)宗教(しゅうきょう)政治(せいじ)がどのように()(なか)(こう)(ちく)されているかに(かん)して(はつ)(げん)(けん)はありませんでした。(りょう)(しん)(はな)(げん)()2(さい)(ごろ)(まな)び、6(さい)(ごろ)母国語(ぼこくご)文字(もじ)を、7(さい)8(さい)(ごろ)(かん)(たん)(ぶん)(しょう)()()きを(まな)びました。

 

しかし、()()きを(まな)ぶずっと以前(いぜん)、「調(しら)べる」ことや「学習(がくしゅう)」することを(まな)ぶずっと以前(いぜん)幼少期(ようしょうき)から、()妖精(ようせい)やサンタクロース、イースターバニーについて()き、おそらく(なん)(びゃく)という(まん)()()(ども)(ばん)(ぐみ)をテレビで()てきたでしょう。(みな)さんが(おさな)(ころ)から、ご(りょう)(しん)は、伝統(でんとう)習慣(しゅうかん)寓話(ぐうわ)迷信(めいしん)教育(きょういく)方針(ほうしん)(みな)さんの(こころ)()えつけてきました。

 

「イースター」やその()宗教的(しゅうきょうてき)習慣(しゅうかん)は、両親(りょうしん)保護者(ほごしゃ)から最初(さいしょ)(まな)んだのです。歴史(れきし)調(しら)べたり、事実(じじつ)慎重(しんちょう)考察(こうさつ)したり、「イースター」を(いわ)(すじ)(とお)った(はん)(だん)をしませんでした。

 

キリスト教徒(きょうと)だと公言(こうげん)する西欧(せいおう)諸国(しょこく)(おお)くの大人(おとな)たちには(つぎ)のような(ねむ)(あさ)記憶(きおく)(のこ)っています。

午前(ごぜん)3()4()にわくわくしながらベッドから()()りだされて、(おんな)()ならフリルのついたドレスを、(おとこ)()ならクリップ(しき)(ちょう)ネクタイに真新(まあたら)しいスーツを()せられ、(はる)らしい(いろ)(みどり)()(いろ)のエナメルの(くつ)をはき、(なん)(びゃく)あるいは(なん)(ぜん)もの(ひと)(びと)(つど)う「復活(ふっかつ)(さい)早天(そうてん)礼拝(れいはい)」に参加(さんか)するために、(いえ)(くるま)()()んで、()(がい)スタジアムや(おか)(うえ)()かうのです。


 

 

(みな)さんは、「イースター(復活(ふっかつ)(さい))」が(なに)であるのかを理解(りかい)していませんでした。イースターという(おと)方位(ほうい)磁石(じしゃく)のイースト((ひがし))のように(おも)われただけでしょう。もちろん、太陽(たいよう)(ひがし)から(のぼ)りますから、そういうことだったのでしょうか?あるいは、(たん)に「ウェスタ―(西方向(にしほうこう)()く)」の反対(はんたい)だったのでしょうか?大抵(たいてい)場合(ばあい)()大多数(だいたすう)(ひと)(たち)同様(どうよう)に、その意味(いみ)百科(ひゃっか)事典(じてん)調(しら)べてみようとは(おも)わなかったでしょう。(わたし)(たち)()(ぶん)(しゅう)()(かん)(きょう)(とう)(ぜん)のことだと(かんが)えがちです。

 

(みな)さんは、イースターの歴史(れきし)起源(きげん)調(しら)べてみたことがありますか?

 

当然(とうぜん)、クリスマスのように、イースターもローマ・カトリック教会(きょうかい)からプロテスタント(しゅ)()にまで()られますが、()(へん)(てき)(きょう)(かい)では、もっとずっと古代(こだい)にその起源(きげん)があります。

 

カトリック百科(ひゃっか)事典(じてん)Catholic Encyclopedia)では、イースター((ふっ)(かつ)(さい))に(かん)して(つぎ)のように(しる)しています。「ヴェン・ビード(Ven.Bede)時間(じかん)計算(けいさん)De temporum ratione. I(かん)5(しょう))によると、英語(えいご)のイースターという()は、チュートン(じん)()()けや(はる)()(がみ)、エオストレ(Eostre)関連(かんれん)している。使徒的(しとてき)教父(きょうふ)(キリストの使徒(しと)(たち))はこれに言及(げんきゅう)しておらず、(われ)(われ)(じゅう)(よっ)()()()(ろん)(つう)じて、(たん)なる(ぐう)(ぜん)として(さい)(しょ)にこの()(みみ)にする」(カトリック百科(ひゃっか)事典(じてん) (だい)5(かん) 224ページ)

 

「チュートン(じん)()()けや(はる)()(がみ)」とありますが、エオストレには(たん)なる()(しん)(きょう)()()けや(はる)()(がみ)()(じょう)()()があります。彼女(かのじょ)は、迷信的(めいしんてき)異教徒(いきょうと)奇妙(きみょう)(かんが)(かた)では、性交(せいこう)多産(たさん)繁殖力(はんしょくりょく)生殖力(せいしょくりょく)女神(めがみ)でした。エオストレの(もっと)(じゅう)(よう)なシンボルは(たまご)で、()いでウサギでした。当然(とうぜん)ウサギは(たまご)()みませんが、(おお)くの()(ども)(たち)(おお)きくなってからこのことを(まな)びます。

 

(おさな)()(ども)(たち)にとってウサギはとても可愛(かわい)らしいものです。(ちい)さなニワトリやカラフルに(いろ)づけされた(たまご)同様(どうよう)です。イースター・エッグ((たまご))について、カトリック百科(ひゃっか)事典(じてん)では、不本意(ふほんい)ながら(つぎ)のように(みと)めています。「その習慣(しゅうかん)起源(きげん)はおそらく多神教(たしんきょう)信仰(しんこう)にあるだろう。(おお)くの()(しん)(きょう)(しゅう)(かん)では、(太陽(たいよう)信仰(しんこう)直接(ちょくせつ)(かか)わる)(はる)再来(さいらい)(いわ)い、これがイースター(復活(ふっかつ)(さい))へと自然(しぜん)(むす)びついていった。(たまご)(そう)(しゅん)(いのち)()()きを(しょう)(ちょう)しイースターのウサギが(たまご)()むのは、その(たまご)()(にわ)(かく)すためである。ウサギは多神教(たしんきょう)では(つね)()(さん)(しょう)(ちょう)していた。フランスでは、ボール()(あそ)(handball playing)がイースターの(あそ)びの(ひと)つで、これはドイツでも()られるものだったボールは、復活(ふっかつ)(さい)(あさ)()()ねるように(さん)段階(だんかい)(のぼ)ると(しん)じられている太陽(たいよう)象徴(しょうちょう)しているのだろう」(同書(どうしょ) 227ページ)

 

多数(たすう)の「奇妙(きみょう)な」習慣(しゅうかん)古代(こだい)迷信(めいしん)神話(しんわ)由来(ゆらい)しています。その(ほとん)どが(よく)(ちゅう)(しん)とした、多産(たさん)儀式的(ぎしきてき)習慣(しゅうかん)として(おこな)われたのは(あき)らかです。カトリック百科(ひゃっか)事典(じてん)では、(つぎ)のように記述(きじゅつ)しています。「イースター・マンデー(復活(ふっかつ)(さい)月曜日(げつようび))には、(じょ)(せい)(おっと)(たた)(けん)()があった。火曜日(かようび)には、男性(だんせい)(つま)(たた)いたが、それは12(がつ)召使(めしつかい)主人(しゅじん)(しか)るようなものだったイングランド北部(ほくぶ)では、男性(だんせい)はイースター・サンデー(復活(ふっかつ)(さい)日曜日(にちようび))に(とお)りを行進(こうしん)し、女性(じょせい)地面(じめん)から3(かい)()()()(とっ)(けん)(しゅ)(ちょう)してキスしてもらったり、6ペンス(ぎん)()()()る。ノイマルク(ドイツ)では、イースターの()男性(だんせい)召使(めしつかい)女性(じょせい)召使(めしつかい)小枝(こえだ)でむち()ち、月曜日(げつようび)女性(じょせい)召使(めしつかい)男性(だんせい)をむち()つ。(かれ)らはイースター・エッグを()くことを(はじ)めている。こうした習慣(しゅうかん)はおそらく紀元前(きげんぜん)にその起源(きげん)があるのだろう」

(同書 227ページ)

 

このような(おお)くの()(しき)は、()(しん)(きょう)()(さん)()(しき)として(たい)(よう)(しん)(こう)から()(せい)しました。(たと)えば、(ぜん)(けい)(しょ)では(つぎ)のように(しる)しています。「(やま)頂上(ちょうじょう)にイースター・ファイヤー(復活(ふっかつ)(さい)())が(とも)されるが、それは摩擦(まさつ)によって()におこされた(あたら)しい()から(てん)()されなければならない。これはヨーロッパ各地(かくち)流行(りゅうこう)している多神教(たしんきょう)起源(きげん)とする習慣(しゅうかん)で、(はる)(ふゆ)克服(こくふく)したことを(あら)わしている教会(きょうかい)砂漠(さばく)火柱(ひばしら)やキリストの(ふっ)(かつ)にこれを(かん)(れん)づけ、イースターの()(しき)(いわ)うことを()()れた。」

同書(どうしょ) 277ページ、強調(きょうちょう)筆者(ひっしゃ)

 

イースターを()()れたことを(みと)めた(てん)は、問題(もんだい)核心(かくしん)となりますので、十分(じゅうぶん)注目(ちゅうもく)してください。

 

では、「イースター」という名称(めいしょう)起源(きげん)注目(ちゅうもく)しましょう。ヒスロップは(つぎ)のように(しる)しています。「イースターはキリスト(きょう)名称(めいしょう)ではない。その(はじ)まりは、カルディア(きょう)起源(きげん)がある。イースターは、()(がみ)(しょう)(ごう)(ひと)つである(てん)(じょ)(おう)アスタルテ(Astarte)に(ほか)ならず、その()は(古代(こだい)アッシリアの首都(しゅと))ニネヴェの人々(ひとびと)発音(はつおん)していたように、(げん)(ざい)(いっ)(ぱん)(てき)使(つか)われている()(あき)らかに(どう)(いつ)である。その()とは、レイヤードが発見(はっけん)したアッシリアの石碑(せきひ)(しる)されていたように、イシュタル(Ishtar)である」(二つのバビロン、ヒスロップ(ちょ) 103ページ)

 

イシュタル(Ishtar)の「h」は、アッシリア(じん)が「Astarte」(アスタルテ)と発音(はつおん)していたように無音(むおん)となり、(さい)()(ふた)つの(もじ)字「ar」も無音(むおん)となります。すると、現在(げんざい)使(つか)われている「イースター」と(おな)(はつ)(おん)となります。

 

「イースター」の(まえ)40日間(にちかん)の「()(じゅん)(せつ)Lent)」があることは、(おお)くの(ひと)()っており、またそれを(まも)っています。しかし、「()(じゅん)(せつ)Lent)」の起源(きげん)はどこにあるのでしょう?「()す(lend)」の過去形(かこけい)でしょうか?お(へそ)のゴマ(lint)のようなものでしょうか?(せい)(しょ)には(まった)()()たりません!

 

ヒスロップに(こた)えてもらいましょう。「40日間(にちかん)()(じゅん)(せつ)節制(せっせい)は、まさにバビロニアの女神(めがみ)信仰(しんこう)から()()れられた。「(はる)」の40(にち)(かん)()(じゅん)(せつ)は、ヤスディ(きょう)やクルドの魔王(まおう)崇拝者(すうはいしゃ)によっていまだに(まも)られている。(かれ)らはその(しゅう)(かん)(むかし)()(はい)(しゃ)であるバビロニア(じん)から()()いだ。このような40日間(にちかん)()(じゅん)(せつ)は、ハンボルトの著書(ちょしょ)メキシコの研究(けんきゅう)Mexican Researches,404ページ参照(さんしょう))に記載(きさい)されているように、多神教(たしんきょう)のメキシコ(じん)(はる)(おこな)っていた。ハンボルトは、メキシコ(じん)行事(ぎょうじ)について(つぎ)のように説明(せつめい)している。「春分(しゅんぶん)3(みっ)()()(たい)(よう)(けい)()(あら)わして40日間(にちかん)厳粛(げんしゅく)断食(だんじき)(はじ)まる。」ウィルキンソン(ちょ)エジプト(じん)Egyptians()られるように、このような40日間(にちかん)()(じゅん)(せつ)はエジプトでも(おこな)われた。この40日間(にちかん)のエジプト(じん)()(じゅん)(せつ)は、ランドシーアの著書(ちょしょ)、シバの研究(けんきゅう)Sabean Researches)に()かれているように、()再生(さいせい)(かみ)、アドニスやオシリスへの崇拝(すうはい)として(おこな)われた」(同書(どうしょ)105ページ)


 

 

「イースター」は野卑(やひ)多神教(たしんきょう)起源(きげん)としているのです。「けれど、私達(わたしたち)はそのような多神教(たしんきょう)意味(いみ)念頭(ねんとう)()きながらイースターを(おこな)っているのではありません」と反論(はんろん)する(ひと)もいるでしょう。当然(とうぜん)です!それが核心(かくしん)なのです!それこそ()(おう)(ひと)(あざむ)き、(だま)すのに(もち)いる、(いつわ)り、ごまかし、()せかけであり、(しん)(じつ)から()(そむ)けるものです。

 

ヒスロップは(つぎ)のように()べています。「多神教(たしんきょう)とキリスト(きょう)との()()いをつけるために、ローマは、いつものやり(かた)で、キリスト(きょう)多神教(たしんきょう)祝祭(しゅくさい)融合(ゆうごう)させるという手段(しゅだん)をとった。それは、複雑(ふくざつ)ながらも巧妙(こうみょう)(こよみ)適合(てきごう)させることで、(なん)なく、()(しん)(きょう)と、(おお)くの(てん)(ぐう)(ぞう)(すう)(はい)(どう)(ぜん)(おちい)ったキリスト(きょう)()(にぎ)るようなものだった」(同書(どうしょ) 105ページ)

 

全能(ぜんのう)(かみ)は、ご()(しん)(たみ)多神教(たしんきょう)儀式(ぎしき)祭式(さいしき)(まこと)(かみ)への信仰(しんこう)に「()()れ」たことを、(なん)()われているでしょうか?「あなたが()って()(はら)おうとしている国々(くにぐに)(たみ)を、あなたの(かみ)(しゅ)()やされ、あなたがその領土(りょうど)()て、そこに()むようになるならば:

 

注意(ちゅうい)して、(かれ)らがあなたの(まえ)から(ほろ)ぼされた(あと)(かれ)らに(したが)って(わな)(おちい)らないようにしなさい。すなわち、「これらの国々(くにぐに)(たみ)はどのように神々(かみがみ)(つか)えていたのだろう。わたしも(おな)じようにしよう」と()って、(かれ)らの(かみ)(がみ)(たず)(もと)めることのないようにしなさい。

 

「あなたの(かみ)(しゅ)(たい)しては(かれ)らと(おな)じことをしてはならない。(かれ)らは(しゅ)がいとわれ、(にく)まれるあらゆることを神々(かみがみ)(おこな)い、その息子(むすこ)(むすめ)さえも()(とう)じて(かみ)(がみ)(ささ)げたのである。

 

「あなたがたはわたしが(めい)じるこのすべての(こと)(まも)って(おこな)わなければならない。これにつけ(くわ)えてはならない。また()らしてはならない」((しん)(めい)() 12(しょう)2932(せつ)

 

イスラエルがエジプトで奴隷(どれい)状態(じょうたい)であった(あいだ)(ひと)つの家族(かぞく)から民族(みんぞく)へと徐々(じょじょ)拡大(かくだい)していった(さい)、イスラエルの(たみ)堕落(だらく)した野卑(やひ)多神教(たしんきょう)(かこ)まれていました。太陽(たいよう)(つき)、そして(ほし)は、ナイル(がわ)やワニから黄金(こがね)(むし)まで様々(さまざま)()(もの)姿(すがた)同様(どうよう)崇拝(すうはい)されていました。(かみ)(いか)りを(しめ)され、エジプトの「神々(かみがみ)」を(えき)(びょう)()ちのめされました。(とう)()()(かい)(さい)(だい)(けん)(りょく)()(どころ)(くだ)くことによって、エジプトの(おう)奴隷(どれい)解放(かいほう)させるだけでなく、エジプトの()(しん)(きょう)(かみ)(がみ)よりも(かみ)がはるかに(すぐ)れていることを(しめ)されました。

 

イスラエルの(たみ)がエジプトから(のが)れた(さい)(かみ)(かれ)らがヒビ人、アマレク(じん)、エブス(じん)、エドム(じん)、ぺリシテ(じん)、ペリジ(じん)をはじめとする、(たい)(よう)(すう)(はい)(おお)くの()(きょう)()多神(たしん)教徒(きょうと)()()うことをご(ぞん)()でした。多神(たしん)教徒(きょうと)(たち)(みな)太陽(たいよう)崇拝(すうはい)生贄(いけにえ)という多産(たさん)()まわしい儀式(ぎしき)(おこな)(こと)(つね)としていました。それは古代(こだい)メキシコのアステカでも(おこな)われていました。

 

(かれ)らは()(せつ)(うつ)ろいに「(おどろ)き」、()(みょう)()(しき)(いけ)(にえ)(ささ)げることによって、「太陽(たいよう)(しん)」が(ふたた)温暖(おんだん)季節(きせつ)への(たび)(はじ)め、(ふゆ)を「()()え」、(いのち)(ささ)える作物(さくもつ)(ふたた)(そだ)つと(しん)じていたので、(つき)惑星(わくせい)観察(かんさつ)し、「時期(じき)」や季節(きせつ)把握(はあく)したのです。


 

しかし、(かみ)(かれ)らに(けい)(こく)されました。「あなたが、あなたの(かみ)(しゅ)(あた)えられる()()(はい)ったならば、その国々(くにぐに)のいとうべき習慣(しゅうかん)見習(みなら)ってはならない。

 

「あなたがたの(なか)に、自分(じぶん)息子(むすこ)(むすめ)()(なか)(とお)らせる(もの)(うらな)()卜者(ぼくしゃ)易者(えきしゃ)呪術師(じゅじゅつし)

 

呪文(じゅもん)(とな)える(もの)(くち)()せ、魔術師(まじゅつし)霊媒(れいばい)死者(ししゃ)(うかが)いを()てて未来(みらい)予言(よげん)する(もの))などがいてはならない。

 

「これらのことを(おこな)(もの)をすべて、(しゅ)はいとわれる。これらのいとうべき(おこな)いのゆえに、あなたの(かみ)(しゅ)(かれ)らをあなたの(まえ)から()(はら)われるであろう。

 

「あなたは、あなたの(かみ)(しゅ)(とも)にあって(まった)(もの)でなければならない。

 

「あなたが()(はら)おうとしているこれらの国々(くにぐに)(たみ)は、卜者(ぼくしゃ)(うらな)()(たず)ねるが、あなたの(かみ)(しゅ)はあなたがそうすることをお(ゆる)しにならない」((しん)命記(めいき) 18(しょう)914(せつ)

 

イースターもしくは「イシュタル」は、(つね)(はる)(おこな)われ、()(さん)(しょう)(ちょう)するものであふれています!多神教(たしんきょう)のバビロニア(じん)、ギリシャ(じん)、ローマ(じん)太陽(たいよう)信仰(しんこう)から()()まれたのです!その象徴(しょうちょう)はイエス・キリストや(ちち)なる(かみ)(みと)められたものではなく、(ぎゃく)(せい)(しょ)()(なん)されているのです!

 

「ホットクロスバンズ((じゅう)字型(じがた)(すじ)(はい)ったパン)」の起源(きげん)はどこにあるのでしょう?

 

5番街(ばんがい)のパレード、ホワイトハウスの芝生(しばふ)(うえ)でのイースター・エッグ(さが)し、(そう)(てん)(れい)(はい)(はる)(いろ)、レストランやパン()から(とお)りへ(ただよ)う「ホットクロスバンズ」の(かぐわ)しい(かお)り-多神教(たしんきょう)起源(きげん)があるという知識(ちしき)などない、(とお)(むかし)(はる)(なつ)かしい(おも)()です。これが現在(げんざい)の「イースター」です。

 

子供(こども)(たち)(ちい)さなウサギのチョコレートを(いそが)しく()べながら「イースター・エッグ」を芝生(しばふ)(かく)し、「たくさんフリルのついたイースターの帽子(ぼうし)をかぶって、(In Your Easter Bonnet, with all the frills upon it)」という(うた)()こえてくるでしょう。

 

こうした(こと)は、(まった)()(じゃ)()で、()(ぞく)(てき)(ぎょう)()(おも)えます。

 

このように無邪気(むじゃき)(おも)える「ホットクロスバンズ」に多神教(たしんきょう)起源(きげん)があるのでしょうか?

 

ヒスロップは(あらわ)しています。「(せい)金曜日(きんようび)のホットクロスバンズ、(すぎ)(こし)(さい)もしくはイースター・サンデーの(いろ)()けした(たまご)は、カルデア(じん)(バビロニア(じん))」が(げん)(ざい)(おこな)っている()(しき)(かん)(けい)がある。アテネを


 

 

創始(そうし)したケクプロス(おう)時代(じだい)である紀元前(きげんぜん)1500(ねん)(ごろ)には、「バンズ」は(おな)(めい)(しょう)で、(てん)(じょ)(おう)、イースターの()(がみ)(すう)(はい)するのに使(つか)われていた。ブライアントによると、バウン(Boun)と()ばれる()(だい)神聖(しんせい)なパンの一種(いっしゅ)(かみ)(ささ)げられていた」(二つのバビロン、ヒスロップ(ちょ) 108ページ)

 

英語(えいご)のこの()起源(きげん)北欧(ほくおう)のバウス(Bous)という言葉(ことば)です。バウスは「ホルス(タカ(しん))」や「トーラス(おうし())」、ブル(()(うし))を(あら)わし、ニムロデに由来(ゆらい)しています。現在(げんざい)でも多数(たすう)農民(のうみん)自分(じぶん)(たち)(うし)を「ボス」や「ボッシー」と()びながらも、その(しゅう)(かん)()(げん)(まった)()りません。バウスバウンは、家族(かぞく)行事(ぎょうじ)として()かれました。(かみ)預言者(よげんしゃ)、エレミヤがこれに(かん)して()べたことに(ちゅう)(もく)してください。「ユダの町々(まちまち)、エルサレムの(ちまた)(かれ)らがどのようなことをしているか、あなたには()えないのか。

 

()らは(たきぎ)集め(あつめ)(ちち)()()やし、(おんな)たちは(こな)()り、(てん)女王(じょおう)のために菓子(かし)(つく)異教(いきょう)神々(かみがみ)(ささ)(もの)のぶどう(しゅ)(そそ)いでわたしを(おこ)らせている。

 

(かれ)らは(わたし)(おこ)らせているのか(しゅ)()われるむしろ、(みずか)らの(はじ)によって(みずか)らを(おこ)らせているのではないか。

 

「それゆえ、(しゅ)なる(かみ)はこう()われる。()よ、(わたし)(いか)りと(いきどお)りが、この(ところ)で、人間(にんげん)家畜(かちく)()()()(みの)りに(そそ)がれる。それは()()がり、()えることはない」(エレミヤ(しょ)7(しょう)1720(せつ)

 

(かみ)(はん)(こう)(てき)(にん)(げん)(おお)(ごえ)()われます。「()(こく)(たみ)(みち)(なら)うな!」(エレミヤ(しょ)10(しょう)2(せつ)

「ホットクロスバンズ」は(たね)なしパンの(まつ)りの()(かん)()べられる(たね)なしパンの魔王(まおう)(だい)用品(ようひん)なのです。「(じゅう)()(がた)」や「X(じるし)」は、「(たい)(よう)(くるま)」や(たい)(よう)(あら)わす()(だい)のシンボルで、「(てん)女神(めがみ)」もニムロデの(はは)もしくは(つま)であるセミラミスも関係(かんけい)ありません。それらは(とも)に、(かみ)を「神秘的(しんぴてき)なもの」として(ふう)()わりな異教(いきょう)儀式(ぎしき)によって崇拝(すうはい)する古代(こだい)バビロニア神話(しんわ)()()れられたのです。

 

(つぎ)に、早天(そうてん)礼拝(れいはい)(かん)する(せい)(しょ)記述(きじゅつ)注目(ちゅうもく)しましょう。「(かれ)はわたしを、(しゅ)神殿(しんでん)(きた)(めん)した(もん)()(ぐち)()れて()った。そこには、(おんな)たちがタンムズ(しん)(ニムロデ:太陽(たいよう)(しん))のために()きながら(すわ)っているではないか。

 

「そこで(かれ)はわたしに()った。「(ひと)()よ、()たか。あなたは、これより(さら)(はなは)だしく()まわしいことを()る」と。

 

(かれ)はわたしを(しゅ)(しん)殿(でん)(なか)(にわ)()れて()った。すると、(しゅ)(せい)(じょ)()(ぐち)で、(ろう)(さい)(だん)(あいだ)に、二十五人(にじゅうごにん)ほどの(ひと)がいて、(しゅ)聖所(せいじょ)()にし(かお)(ひがし)()けていた。(かれ)らは(ひがし)()かって太陽(たいよう)(おが)んでいるではないか。(太陽(たいよう)(ひがし)から(のぼ)ります!これはまさに、()()太陽(たいよう)(おが)(そう)(てん)(れい)(はい)です!)


 

 

(かれ)(わたし)()った。「(ひと)()よ、()たか。ユダの(いえ)がここで(かず)(かず)()まわしいことを(おこな)っているの些細(ささい)なことであろうか。(かれ)らはこの()不法(ふほう)()たした。またわたしを(さら)(おこ)らせようとしている。わたしも(いきどお)って(おこな)い、(いつく)しみの()(そそ)ぐことも、(あわ)れみをかけることもしない。(かれ)らが(わたし)(みみ)()かって(おお)(ごえ)をあげても、わたしは(かれ)らに()きはしない」(エザキエル(しょ)8(しょう)1318(せつ))

 

これは、聖書(せいしょ)において、人々(ひとびと)(かみ)神殿(しんでん)()()け、()()太陽(たいよう)(かお)()けて(たい)(よう)(おが)んでいる様子(ようす)(しる)した(ゆい)(いつ)箇所(かしょ)です。

 

多神教(たしんきょう)のバビロニア人が(げん)(だい)()(かえ)ったならば、すぐに「イースターの早天(そうてん)礼拝(れいはい)」の意義(いぎ)理解(りかい)するでしょう。

 

(はい)教者(きょうしゃ)教会(きょうかい)は、どのようにしてキリスト教徒(きょうと)にアビブの14()

(しゅ)晩餐(ばんさん)廃止(はいし)させたのでしょう

 

使徒(しと)(たち)は、バビロンの捕囚(ほしゅう)時代(じだい)からそのように()ばれるようになったヘブライ(れき)最初(さいしょ)(つき)であるアビブもしくはニサンの14()に、キリストの(きず)ついた(からだ)(なが)された()(しょう)(ちょう)(いわ)(つづ)けました。「イースター」という()は、最古(さいこ)聖書(せいしょ)記述(きじゅつ)のどこにも見当(みあ)たりません。しかし、偽善的(ぎぜんてき)不誠実(ふせいじつ)聖書(せいしょ)書写者(しょしゃしゃ)(たち)は、故意(こい)に「(すぎ)(こし)Passover:パスオーバー」にあたるパスハ(Paschというギリシャ()変更(へんこう)しました。パスハは、ヘブライ()ペサハ(Pesach由来(ゆらい)しています。ラテン()由来(ゆらい)するスペイン()では、パスクア(Pascueaとされています。

 

(せい)なる(かみ)言葉(ことば)意図的(いとてき)(かい)ざんした(れい)として、使徒(しと)言行録(げんこうろく)12(しょう)4(せつ)注目(ちゅうもく)してください。前後(ぜんご)(せつ)併記(へいき)します。「そのころ、ヘロデ(おう)教会(きょうかい)のある人々(ひとびと)迫害(はくがい)()()ばし、

 

「ヨハネの兄弟(きょうだい)ヤコブを(けん)(ころ)した。

 

「そして、それがユダヤ(じん)(よろこ)ばれるのを()て、(さら)にペトロをも()らえようとした。(それは、(たね)なしパンの(まつ)りの時期(じき)であった)

 

「ヘロデはペトロを()らえて(ろう)()れ、()(にん)(ひと)(くみ)(へい)()(よん)(くみ)()(わた)して(かん)()させた。イースター(あと)民衆(みんしゅう)(まえ)()()すつもりであった」(使徒(しと)言行録(げんこうろく)12(しょう)14(せつ)欽定(きんてい)訳版(やくばん)聖書(せいしょ)へのこの意図的(いとてき)挿入(そうにゅう)は、(まった)()(せい)なものであり、その挿入(そうにゅう)(かか)わった(もの)不正(ふせい)認識(にんしき)していました。ギリシャ()原典(げんてん)から直接(ちょくせつ)逐語訳(ちくごやく)されたダイアグロット(ばん)では、(つぎ)のように(しる)しています。「()らえて(ろう)()れ、四人(よにん)一組(ひとくみ)兵士(へいし)四組(よんくみ)()(わた)して(かん)()させた。(すぎ)(こし)(あと)民衆(みんしゅう)(まえ)()()すつもりであった」


 

 

(しん)国際版(こくさいばん)では(おな)(せつ)(つぎ)のように(しる)しています。「()らえて(ろう)()れ、四人(よにん)一組(ひとくみ)兵士(へいし)四組(よんくみ)()(わた)して監視(かんし)させた。ヘロデ(おう)は、(すぎ)(こし)(あと)公開(こうかい)(さば)きにかけるつもりであった」

 

新改訂標(しんかいていひょう)準訳(じゅんやく)では、(つぎ)のように(しる)しています。「(かれ)()らえて(ろう)()れ、四人(よにん)一組(ひとくみ)兵士(へいし)四組(よんくみ)()(わた)して(かん)()させた。(すぎ)(こし)(あと)民衆(みんしゅう)(まえ)()()すつもりであった」

 

ギリシャ()(だい)4(せつ)各語(かくご)を、原語(げんご)分類(ぶんるい)コードの番号(ばんごう)をつけたストロング(ちょ)包括的用語(ほうかつてきようご)索引(さくいん)(Strong's Exhaustive Concordance)で()てみましょう。「Passover(すぎ)(こし))」にあたるPascha(パスハ)という()注意(ちゅうい)してください。「(()らえた)piazoG4084..()れた)tithemrG5087 ..(ろう)に)phulakeG5438 ..()(わた)す)paradidomrG3860 ..(よっ)つの)tessaresG5064 ..四人組(よにんぐみ)tetradionG5069 ..兵士(へいし)(たち)stratiotesG4757 ..監視(かんし)させる)phulassoG5442 ..意図(いと)して)bouleuoG1011 ..(のち)に)metaG3326 ..(すぎ)(こし)paschaG3957 ..()()す)anagoG321 ..民衆(みんしゅう)laosG2992."

 

では、ストロングのG3957()定義(ていぎ)()てください。「3957.」pascha(パスハ)、カルデア()pas'-khah(パス・カ)、または[(どう)H6453]Passover(パスオーバー;(すぎ)(こし)

 

ブリンガー博士著(はくしちょ)『コンパニオン・バイブル』(Companion Bible)傍注(ぼうちゅう)注目(ちゅうもく)してください。「ギリシャ()Pascha(パスハ)は、Passover(パスオーバー:(すぎ)(こし))。イースターは異教徒(いきょうと)()で、サクソン(じん)女神(めがみ)エオストレ(Eastre由来(ゆらい)し、シリア(じん)多産(たさん)女神(めがみ)であるアスタルテと同一(どういつ)であり、旧約(きゅうやく)聖書(せいしょ)ではアシュトレト(Ashtoreth)とされた。

 

(かみ)言葉(ことば)は、(かみ)言葉(ことば)(そむ)(もの)(ばつ)宣言(せんげん)されています。「この預言(よげん)(しょ)言葉(ことば)挿入(そうにゅう)したり、その(こと)()から(なに)()()(もの)」(ヨハネの黙示録(もくしろく)22(しょう)19(せつ)) 霊感(れいかん)()ちた文章(ぶんしょう)明白(めいはく)異教(いきょう)言葉(ことば)意図的(いとてき)挿入(そうにゅう)しようと(たくら)(もの)は、(みずか)(つみ)()うことになるのです。

 

このような意図的(いとてき)挿入(そうにゅう)は、(はい)教者(きょうしゃ)教会(きょうかい)がキリスト教徒(きょうと)に「イースター」()()けたことを(あと)()しすることになります。しかし、この強要(きょうよう)には何世紀(なんせいき)もかかりました!「ニカイア(こう)会議(かいぎ)以前(いぜん)教父(きょうふ)ante-Nicene Fathers)」という古代(こだい)書物(しょもつ)では、教父(きょうふ)()うのは冒涜的(ぼうとくてき)呼称(こしょう)ですが、(「()(じょう)(もの)を『(ちち)』と()んではならない」(マタイによる(ふく)(いん)(しょ)23(しょう)9(せつ))とキリストは(めい)じられており、教父(きょうふ)とは、(みずか)らの()(にく)(ちち)ではなく、教会(きょうかい)肩書(かたがき)(しめ)します)その記述(きじゅつ)から、イエス・キリストが()てられた(きょう)(かい)では、ニサンの14()(しゅ)晩餐(ばんさん)(おこな)われ(つづ)けていたことが(あき)らかです。

 

カトリック百科(ひゃっか)事典(じてん)The Catholic Encyclopedia)では(つぎ)のように(みと)めています。「アジア地域(ちいき)(きょう)()では、(ふる)(でん)(とう)(したが)い(この(てん)注目(ちゅうもく)してください!)、ユダヤ(じん)()(ひつじ)(ささ)げるように(めい)じられている月齢(げつれい)14()()には、(いのち)(ささ)げる(すぎ)(こし)pasch」の(しゅく)(えん)(かなら)(おこな)い、その()(なん)(よう)()であろ


 

 

うと、その()(だん)(じき)()えなければならないと(つよ)(しゅ)(ちょう)している((どう)(しょ)(だい)5(かん)228ページ)

 

しかし、キリストはいかなる「断食(だんじき)」も指示(しじ)されていません。聖書(せいしょ)唯一(ゆいいつ)指示(しじ)されている断食(だんじき)は「贖罪(しょくざい)()」です。(レビ()23(しょう)27(せつ)使()()(げん)(こう)(ろく)27(しょう)9(せつ)カトリック百科(ひゃっか)事典(じてん)のこの項目(こうもく)著者(ちょしゃ)は、「(だん)(じき)」が問題(もんだい)だったかどうか()からないような()(じゅつ)をすることによって、初期(しょき)のキリスト教徒(きょうと)ニサンの14()の((いっ)(ぱん)(てき)に「(すぎ)(こし)」と()ばれる)(しゅ)晩餐(ばんさん)(まも)っていたという重要(じゅうよう)(てん)をあいまいにしています。このような断食(だんじき)(たん)なる伝統(でんとう)であり、聖書(せいしょ)命令(めいれい)ではありません。当然(とうぜん)、カトリックの著者(ちょしゃ)(たち)は、聖書(せいしょ)のどこにも(しる)されていない()(じゅん)(せつ)Lent)を事実(じじつ)にしようと(こころ)みています。

 

(つづ)いて(つぎ)()()いた()(じゅつ)(ちゅう)(もく)してください。「さらに、エイレナイオス(教父(きょうふ))はこう()べている。(せい)ポリュカルポスは()のアジア(じん)(しょう)アジアやパレスチナの人々(ひとびと)意味(いみ)する)同様(どうよう)に、その()(なん)曜日(ようび)であろうと(つき)14日目(かめ)のイースターを(まも)った。(このイースターという()は、意図的(いとてき)挿入(そうにゅう)です!ポリュカルポスはアスタルテ以外(いがい)、イースターという()()いたこともなく、使用(しよう)することなどなかったでしょう!カトリックの(ちょ)(しゃ)()()(てき)(すぎ)(こし)、パスハ(Pascha)を「イースター」としたのです)それは、使徒(しと)(せい)ヨハネに由来(ゆらい)するとポリュカルポスが主張(しゅちょう)する当時(とうじ)伝統(でんとう)(したが)ったものであり、紀元(きげん)(やく)150(ねん)(ごろ)にこの問題(もんだい)(かん)してポリュカルポスはローマを訪問(ほうもん)したが、(じゅう)(よっ)()()(すぎ)(こし)(はい)()させようとした教皇(きょうこう)アニケトゥスの(せっ)(とく)()()れなかった」(同書(どうしょ)228ページ、強調(きょうちょう)筆者(ひっしゃ)

 

(おな)(ちょ)(しゃ)は、この(あと)の「イースター」の項目(こうもく)で、紀元(きげん)325(ねん)(おこな)われた、かの(あく)(めい)(たか)き「ニカイアの(こう)会議(かいぎ)」について(しる)しています。「会議(かいぎ)(さだ)めた(さん)(まん)通告(つうこく)から、こう推論(すいろん)するのが妥当(だとう)だろう。(1)イースターは()(かい)(じゅう)(おな)(にち)(よう)()(いわ)われなければならない。(2)この(にち)(よう)()は、14()()の、(しゅん)(ぶん)()(さい)(しょ)(まん)(げつ)のあとの(にち)(よう)でなければならない。(3)その(つき)(しゅん)(ぶん)()(しん)(げつ)から(かぞ)えて14()()(さい)(しょ)(まん)(げつ)とするこのニカイア(こう)会議(かいぎ)決定(けってい)は、あらゆる問題(もんだい)解決(かいけつ)するものでもなく、シリア(じん)(あいだ)一致(いっち)して受入(うけい)れらるものでもなかった。大聖(だいせい)グレゴリウスの時代(じだい)にイングランドにやって()たローマ(じん)宣教師(せんきょうし)(たち)は、英国(えいこく)のキリスト教徒(きょうと)がローマ(じん)自身(じしん)()てた古代(こだい)のイースターの時期(じき)計算(けいさん)方法(ほうほう)(まも)っていることを()った。英国(えいこく)のキリスト教徒(きょうと)は、ローマ(じん)(だい)ブリテン(とう)占領(せんりょう)していた時期(じき)(つまり、使徒(しと)パウロやその()使徒(しと)(たち)時代(じだい)です!)に(つた)えられたキリスト(きょう)信者(しんじゃ)である。」(同書(どうしょ)229ページ)

 

(ふたた)び、ここでも「イースター」という()意図的(いとてき)項目(こうもく)挿入(そうにゅう)されています。しかし、使徒(しと)(たち)古代(こだい)使(つか)われていた()(きょう)の「()(さん)()(がみ)」であるアシュトレト、アスタルテ、という言葉(ことば)(ほか)にイースターという(こと)()など(けっ)して()いたことはなく、厳粛(げんしゅく)かつ神聖(しんせい)(しゅ)晩餐(ばんさん)(いわ)いにこのような低俗(ていぞく)名称(めいしょう)使(つか)われることを()けば、(げき)()したことでしょう!

 

カトリックの著者(ちょしゃ)当時(とうじ)の、物議(ぶつぎ)をかもしている(れき)()(てき)(ぶん)(けん)における(おお)くの「()(めい)(りょう)」な(てん)(みと)めています。


 

 

こうした不明瞭(ふめいりょう)さが、キリストが(めい)じられたとして、キリスト教徒(きょうと)14()(すぎ)(こし)(いわ)うことを()めさせようとしたニカイアの(こう)(かい)()(いた)ったのです。(ちょ)(しゃ)(しる)しています。「(たと)えば、キリストの十字架(じゅうじか)での()原文(げんぶん)のまま)はニサンの14()なのか、それとも15(にち)だったのか、という厄介(やっかい)疑問(ぎもん)がある。(きょう)(かん)福音書(ふくいんしょ)著者(ちょしゃ)(せい)マタイ、(せい)マルコ、(せい)ルカ)は15(にち)(せい)ヨハネは14()としているようだ」

 

しかし、(きょう)(かん)福音書(ふくいんしょ)著者(ちょしゃ)(せい)マタイ、(せい)マルコ、(せい)ルカ)は、15(にち)を「支持(しじ)」などしていません。キリストの()翌日(よくじつ)安息(あんそく)()は「特別(とくべつ)()」、すなわち、(ニサンの(つき)15(にち)(はじ)まる)(たね)なしパンの(まつ)りの(しょ)(にち)だったというヨハネの重要(じゅうよう)記述(きじゅつ)があるので、キリストの()は、14()だったと(みと)めざるを()ませんでした!

 

それは、その()のひどい迫害(はくがい)のきっかけとなりました。()()(どお)(なん)(せい)()も、(かみ)(たみ)はキリストが(はん)(しめ)されたように、(しゅ)(ばん)(さん)をニサンの14()(いわ)(つづ)けました。(かれ)らは十四日派(じゅうよっかは)という冷笑的(れいしょうてき)名称(めいしょう)()ばれ、容赦(ようしゃ)なく()らわれ、(ころ)されました。

 

ハレーの聖書(せいしょ)ハンドブック(Halley's Bible Handbook)では、「宗教(しゅうきょう)改革(かいかく)先駆者(せんくしゃ)(たち)」という項目(こうもく)(つぎ)のように(しる)しています。「フランス南部(なんぶ)、スペイン北部(ほくぶ)、イタリア北部(ほくぶ)のアルビ()やカタリ()は、司祭(しさい)(しょく)巡礼(じゅんれい)不道徳(ふどうとく)聖人(せいじん)肖像(しょうぞう)崇拝(すうはい)非難(ひなん)した。また、聖職者(せいしょくしゃ)聖職者(せいしょくしゃ)(たち)主張(しゅちょう)完全(かんぜん)拒否(きょひ)し、教会(きょうかい)現状(げんじょう)批判(ひはん)し、ローマ教会(きょうかい)主張(しゅちょう)反対(はんたい)した。(かれ)らは聖書(せいしょ)言葉(ことば)(おも)きを()き、禁欲(きんよく)生活(せいかつ)(おく)り、道徳的(どうとくてき)(せい)(けつ)さを熱望(ねつぼう)した。1,167(ねん)までに、フランス南部(なんぶ)人口(じんこう)大部分(だいぶぶん)が、そして1,200(ねん)までには、イタリア(ほく)()()(すう)(かれ)らの(しん)(ぽう)(しゃ)となった。1,208(ねん)、イノセント3(せい)(じゅう)字軍(じぐん)編成(へんせい)し、歴史(れきし)(るい)をみない()()られた(みな)(ごろ)しの(たたか)いが()こった。(おお)くの(まち)(まち)での(たたか)いで、(じゅう)(みん)(ねん)(れい)(せい)(べつ)関係(かんけい)なく(ころ)された。1,229(ねん)異端(いたん)審問(しんもん)(もう)けられ、100(ねん)もしないうちにアルビ()完全(かんぜん)根絶(こんぜつ)された」歴史(れきし)によると、「カタリ()」(「禁欲的(きんよくてき)(ひと)」、あるいは「清潔(せいけつ)(ひと)」という意味(いみ))は、ブルガリアのボゴミール()影響(えいきょう)()けていました。

 

ヨーロッパやイギリス諸島(しょとう)(なん)(まん)という熱心(ねっしん)なキリスト教徒(きょうと)は、(しゅ)晩餐(ばんさん)(いわ)(まこと)()としてニサンの14()(まも)っていたこと、そしてその習慣(しゅうかん)消滅(しょうめつ)するには何百年(なんびゃくねん)もかかったことを歴史(れきし)(しめ)しています。現在(げんざい)でも、ワルドー()継承者(けいしょうしゃ)がイタリアに存在(そんざい)し、イタリア最大(さいだい)のプロテスタント団体(だんたい)となっています。(かれ)らの(めい)(しょう)は、創始者(そうししゃ)ピーター・ワルドー、あるいはイタリア北部(ほくぶ)、スイス、フランスの人里(ひとざと)はなれた高山(こうざん)地帯(ちたい)渓谷(けいこく)()らす(しゅう)(かん)(など)から名付(なづ)けられました。ハレーの聖書(せいしょ)ハンドブックでは(つぎ)のように(しる)しています。「ワルドーは、フランス南部(なんぶ)、リヨンの裕福(ゆうふく)商人(しょうにん)で、(みずか)らの財産(ざいさん)(まず)しい(もの)()(あた)え、巡回(じゅんかい)説教(せっきょう)(おこな)った(1,176年)。聖職者(せいしょくしゃ)権力(けんりょく)不正(ふせい)取得(しゅとく)放蕩(ほうとう)反対(はんたい)し、聖職者(せいしょくしゃ)のみが福音(ふくいん)()権利(けんり)(ゆう)することを拒絶(きょぜつ)し、ミサを(きょ)()し、()(しゃ)(じょう)(ざい)のための(いの)りを(きょ)()した。そして聖書(せいしょ)信条(しんじょう)生活(せいかつ)唯一(ゆいいつ)規範(きはん)だと説いた。この説教(せっきょう)によって、人々(ひとびと)聖書(せいしょ)()むことを切望(せつぼう)するようになった。(かれ)らは迫害(はくがい)英雄的(えいゆうてき)忍耐(にんたい)でしのぎ、(いま)もなお唯一(ゆいいつ)中世(ちゅうせい)教派(きょうは)()(のこ)っているアルプス渓谷(けいこく)南西(なんせい)のチュリン(トリノ)地域(ちいき)以外(いがい)では、徐々(じょじょ)異端(いたん)審問(しんもん)により抑圧(よくあつ)された。イタリアで

 

 

 

は、現在(げんざい)有数(ゆうすう)のプロテスタント団体(だんたい)となっている」(785ページ)ボゴミール()、アルビ()、ペトロ・ブルイス()、アルノルド()、ワルドー()、その他(かず)(おお)くの宗派(しゅうは)は、(かれ)らの(てき)によって名付(なづ)けられ、その(ほとん)どが「異端派(いたんは)」とされました。異端派(いたんは)には、(かみ)毎年(まいとし)安息(あんそく)()(まも)(もの)や「安息(あんそく)()厳守(げんしゅ)主義者(しゅぎしゃ)(たち)」も(ふく)まれました。

 

(じゅう)四日派(よっかは)議論(ぎろん)」が何世紀(なんせいき)にも(わた)って論争(ろんそう)となったのは、このように(おお)くの(ひと)(びと)がキリストご()(しん)(めい)じられたように、キリストの(きず)ついた(にく)(たい)(なが)された()(しょう)(ちょう)をニサンの14()(いわ)(つづ)けたからでした。

 

キリストの使徒(しと)(たち)が「イースター(イシュタル)」を(いわ)ったり、それを(ほか)(ひと)(びと)(いわ)うように(うなが)したということは、想像(そうぞう)すら出来(でき)ないことなのです!

 

キリスト(きょう)(せい)(しょく)(しゃ)(ねん)(かん)(かみ)(なな)つの(せい)なる()()(ふか)()()をなぜ(おし)えないのでしょう?

 

現在(げんざい)多数(たすう)のキリスト教徒(きょうと)毎朝(まいあさ)、あるいは毎週(まいしゅう)、「聖体(せいたい)拝領(はいりょう)」を()けています。一方(いっぽう)、イエス・キリストを(こころ)から(しん)じる(なん)(ぜん)もの人々(ひとびと)は、毎年(まいとし)通常(つうじょう)(すぎ)(こし)(さい)」と(よば)ばれる「(しゅ)晩餐(ばんさん)」を(いわ)います。キリスト教徒(きょうと)は「聖体(せいたい)拝領(はいりょう)」を毎週(まいしゅう)日曜日(にちようび)(あさ)()けるべきでしょうか、あるいはキリストが()()(あし)(あら)い、(かれ)らに(たね)なしパンの(ひと)()れとワインの(ひと)(くち)(あた)えられて、「わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするように」と()われたことに(したが)うべきでしょうか?

 

なぜ(おお)くの人々(ひとびと)は、「祭日(さいじつ)」と()われる(ねん)(かん)(なな)つの(かみ)(せい)なる日々(ひび)(ふか)(いみ)味を無視(むし)するのでしょう?各祭日(かくさいじつ)には、イエス・キリストの原型(げんけい)(かげ)暗示(あんじ)(おお)(ふく)むキリストを中心(ちゅうしん)とした()です。キリストは、(すぎ)(こし)(さい)(いけ)(にえ)とされた()(ひつじ)や、(たね)なしパンを()べる(さい)の「(てん)から()ってきたパン」として、また、現在(げんざい)「ペンテコステ(聖霊(せいれい)降臨(こうりん)(さい))」と()われる、初穂(はつほ)(まつ)りもしくは「安息(あんそく)祭日(さいじつ)」での「初穂(はつほ)」として(えが)かれています。ペンテコステの()聖霊(せいれい)(つか)わされたのはキリストでした。また、ペンテコステのちょうど50日前(にちまえ)(たね)なしパンの(まつ)りの期間中にやってくる、(しゅう)(いち)()(あん)(そく)()に「(はつ)()(たば)()(うご)かして(ささ)げる」として(えが)かれたのもキリストでした。「ペンテコステ」とは「50日目(にちめ)」を意味(いみ)し、「安息(あんそく)()祭日(さいじつ)」あるいはその(かん)(しゅう)名付(なづ)けられましたが、それは(たん)にイスラエル(じん)が、「7(かい)()(あん)(そく)()(よく)(じつ)」が()たことがわかるように、(したが)って「(あん)(そく)(さい)(じつ)(ペンテコステ)」がどの()になるのかがわかるように、7(しゅう)(かん)(かぞ)えるように()われたからです。

 

キリストは、ご自身(じしん)預言(よげん)しておられた地上(ちじょう)への再臨(さいりん)()げる「トランペットの(まつ)り((つの)(ぶえ)(さい))」の中心(ちゅうしん)となる存在(そんざい)です。キリストは(しょく)(ざい)()(えが)かれている、(しょく)(ざい)()(せい)となっておられます。キリストは、(ひと)肉体(にくたい)33(ねん)半年間(はんとしかん)宿(やど)られ」、「幕屋(まくや)(まつり)仮庵(かりいお)(まつり))」のはっきりした原型(げんけい)です。キリストは、(さば)きの()とされる「最後(さいご)(おお)いなる()」に(おお)いなる審判(しんぱん)をされる(かた)です。そして1,000年間(ねんかん)地上(ちじょう)統治(とうち)される千年(せんねん)統治後(とうちご)再臨(さいりん)されるのです。


 

 

新約(しんやく)聖書(せいしょ)のイエス・キリストは、イスラエルの(ひと)(びと)(あた)えられた(ねん)(かん)のあらゆる(あん)(そく)()において(ちゅう)(しん)となる(かた)であるのに、どうしてこれほど(おお)くの(なん)(まん)という「(しゅ)(りゅう)()」であるキリスト(きょう)(せい)(しょく)(しゃ)(かみ)(せい)なる日々(ひび)完全(かんぜん)無視(むし)するのでしょう?

 

なぜ(みな)さんは、(ねん)(かん)(せい)なる()()(さま)(ざま)なキリストの(げん)(けい)(かん)(れん)づけられていることを()かれたことがないのでしょう?

 

(かんが)えてみてください。(にち)(よう)(れい)(はい)(きょう)(かい)(ぼく)()(しん)()(つぎ)のように(かた)ったとします。「(こん)()7(しゅう)(かん)(なな)つの(せっ)(きょう)(おこな)います。それぞれ、イスラエルの(ひと)(びと)(あた)えられた(ねん)(かん)(せい)なる()()()られる、(しゅ)イエス・キリストの原型(げんけい)(かげ)特徴(とくちょう)となっています」もし牧師(ぼくし)がそうしたなら、(かれ)賢明(けんめい)にこう()(くわ)えるでしょう。「(こん)()7(しゅう)(かん)(げん)(ざい)のキリスト教徒(きょうと)がそうした年間(ねんかん)(せい)なる日々(ひび)(まも)義務(ぎむ)があるかどうかはともかく、()わりに、(かく)(さい)(じつ)()()(かんが)えましょう。それぞれが(かみ)計画(けいかく)、すなわち救世(きゅうせい)(しゅ)到来(とうらい)()埋葬(まいそう)復活(ふっかつ)、そして地上(ちじょう)への約束(やくそく)された再臨(さいりん)についてどのように(えが)いているかを(まな)びましょう」

 

このような牧師(ぼくし)聴衆(ちょうしゅう)(しゅう)()うごとに()え、(きょう)区民(くみん)牧師(ぼくし)(はなし)一心(いっしん)(みみ)(かたむ)けるでしょう!しかし、厄介(やっかい)なことに、やがて(きょう)区民(くみん)牧師(ぼくし)に、(せい)なる日々(ひび)をなぜ(かれ)らは(まも)必要(ひつよう)がないのかを(たず)(はじ)めるでしょう。

 

(みな)さんが()けてきた(しゅう)(きょう)(きょう)(いく)では、こうした(せっ)(きょう)()かれたことはありません。それはどうしてでしょうか?

 

旧約聖書において、(すぎ)(こし)(さい)(たね)なしパンの(まつ)りほど、キリストや(ちち)なる(かみ)(かみ)人類(じんるい)への計画(けいかく)原型(げんけい)()ちた(せい)なる()はありません。

 

残念(ざんねん)ながら、(おお)くのキリスト(きょう)聖職者(せいしょくしゃ)にとって、キリストご()(しん)(おし)えに(もど)ることは()(せつ)となってしまうのです!(おお)くの(ひと)にとって、(きょう)(かい)(でん)(とう)(ほう)(たい)(せつ)なのです!

 

古代(こだい)エジプトにおける最初(さいしょ)(すぎ)(こし)(さい)には、様々(さまざま)なキリストの(かげ)原型(げんけい)(ふく)まれていたことに注目(ちゅうもく)してください。

 

(れき)()(じょう)(さい)(しょ)(すぎ)(こし)それは(ゆい)(いつ)()()のものでした!

 

(さい)(しょ)(すぎ)(こし)は、(れき)()(じょう)(ゆい)(いつ)()()()()(ごと)でした。それは、ただ一度(いちど)出来事(できごと)であり、(かみ)がエジプトに(たい)して(おお)いなる奇跡的(きせきてき)(ばつ)(くだ)された(とき)苦難(くなん)()(とき)(かみ)(たみ)にとって脱出(だっしゅつ)(とき)でした。

 

何世紀(なんせいき)もの(あいだ)、イスラエルの国民(こくみん)奴隷(どれい)となっていました。異教(いきょう)迷信(めいしん)偶像(ぐうぞう)崇拝(すうはい)()(かこ)まれて、()(せつ)(しゅう)(めぐ)りや7()()(あん)(そく)()()(しき)(うしな)われていました。エジプトのイスラエル(じん)(かみ)(せい)なる

 

(こよみ)(まった)()りませんでした。最初(さいしょ)(すぎ)(こし)(さい)直前(ちょくぜん)に、(かみ)がモーセやアーロンに(せい)なる(こよみ)(さい)(しょ)(つき)(おし)えられるまで()()でした。(かみ)は、年間(ねんかん)(せい)なる日々(ひび)とその(ふか)()()(しゅう)安息(あんそく)()をイスラエルの(ひと)(びと)(おし)(はじ)められました。

 

注目(ちゅうもく)してください。「エジプトの(くに)で、(しゅ)はモーセとアーロンに()われた。この(つき)をあなたたちの正月(しょうがつ)とし、(とし)(はじ)めの(つき)としなさい」((しゅつ)エジプト()12(しょう)12(せつ)(かみ)(とし)(はじ)めの(つき)を「(はつ)()(つき)」とされました。その()はアビブ((しゅつ)エジプト()13(しょう)4(せつ))で、(のち)にニサンと()われました。(ネヘミヤ()2(しょう)1(せつ);エステル()3(しょう)7(せつ)

 

(はる)(おお)(むぎ)(しゅう)(かく)(つき)であるために「(はつ)()(つき)」とされる(つき)から(はじ)まるのは、ヘブライ(れき)神聖(しんせい)(とし)(はじ)まりの特徴(とくちょう)です。

 

(かみ)がご()(しん)(たみ)奴隷(どれい)から(すく)われる(とき)()ました。(かみ)(えら)ばれた(こく)(みん)としてイスラエルの(くに)()て、ご()(しん)()(かれ)らの(あいだ)()かれる(とき)()たのです。(かみ)(かれ)らに()(なん)とシナイの荒野(こうや)での40年間(ねんかん)試練(しれん)(とき)()えるようにされました。高齢(こうれい)世代(せだい)40年間(ねんかん)試練(しれん)苦難(くなん)()えられませんでした。()()なく(もん)()()()()(まん)()べた((せい)(しょ)では"murmuring"とされています)(かれ)らは(けっ)(きょく)その()(いのち)()としました。モーセは(とお)くから約束(やくそく)()()ることを(ゆる)されましたが、(かれ)もまた荒野(こうや)()(むか)えました。最終的(さいしゅうてき)に、(かみ)はイスラエルの子孫(しそん)約束(やくそく)()、パレスチナを相続(そうぞく)するようにされました。

 

このことは、幕屋(まくや)(まつり)仮庵(かりいお)(まつり))の特別(とくべつ)意義(いぎ)とともに、(たね)なしパンの(まつ)りだけではなく、最初(さいしょ)(すぎ)(こし)(かみ)(すべ)ての計画(けいかく)にとっても(おお)きな(れい)(てき)()()があります。「キリストのうちにある(あたら)しく(つく)られた(もの)」が洗礼(せんれい)按手(あんしゅ)(れい)(とき)各人(かくじん)()まれるように(コリントの信徒(しんと)への手紙(てがみ)2 5(しょう)17(せつ))、「(あたら)しく(つく)られた(もの)」がイスラエルの(はは)(たち)荒野(こうや)にいる(あいだ)それぞれの子宮(しきゅう)()まれました。私達(わたしたち)が、民族(みんぞく)文化(ぶんか)歴史(れきし)言語(げんご)教育(きょういく)政治(せいじ)社会(しゃかい)背景(はいけい)といった(げん)()性質(せいしつ)にとらわれがちなように、エジプトの()私達(わたしたち)()らす邪悪(じゃあく)世界(せかい)原型(げんけい)でした。私達(わたしたち)は「既存(きぞん)」の世界(せかい)一部(いちぶ)であり、その(なか)(そだ)ってきたのです。

 

(こう)()()んだ(こう)(れい)()(だい)とは、(せん)(れい)(しき)のプールで()(わたし)(たち)の「(ふる)(ひと)」(エフィソの信徒(しんと)への手紙(てがみ)4(しょう)22(せつ))の原型(げんけい)であり、それは(ふる)()(ぶん)()(まい)(そう)(しょう)(ちょう)するものです。エジプトを()らない、荒野(こうや)()まれた(わか)()(だい)とは、洗礼式(せんれいしき)(みず)から()(かみ)聖霊(せいれい)()ける(あん)(しゅ)(れい)によって私達(わたしたち)各人(かくじん)(うち)()まれた、「キリストのうちにある(あたら)しく(つく)られた(もの)」を(えが)いています。

 

(かみ)はご()(しん)(れい)(わたし)(たち)(つく)られ、(わたし)(たち)(かみ)()とされます。その(とき)が「キリストのうちにある(あたら)しく(つく)られた(もの)」の(はじ)まりとなります!(あら)たな霊的(れいてき)(もの)は、(ふる)物質的(ぶっしつてき)肉体(にくたい)(ほろ)びる(いっぽう)方で永遠(えいえん)相続(そうぞく)し、キリストの再臨時(さいりんじ)一瞬(いっしゅん)のうちに()えられるのです。(コリントの信徒(しんと)への手紙(てがみ)1 15(しょう)5052(せつ)


 

 

エジプトでの(すぎ)(こし)には(さま)(ざま)(れい)(てき)(げん)(けい)(かん)(れん)()けられています。それらに(ちゅう)(もく)してみましょう。

 

イスラエルの(ひと)(びと)は、()れから(きず)のない()(ひつじ)()ヤギを(えら)()し((しゅつ)エジプト()12(しょう)35(せつ))、その(つき)14()まで()っておき、イスラエルの(きょう)(どう)(たい)(かい)(しゅう)(ぜん)(いん)(ゆう)()れにそれを(ほふ)る((しゅつ)エジプト()12(しょう)6(せつ))と()()されました。(ちい)さな()まれたばかりの()(ひつじ)ほど()(りょく)なものがあるでしょうか?(わたし)()(ども)(ころ)(きん)(じょ)(ゆう)(じん)()(ひつじ)()っており、()(にゅう)(びん)(りょう)()(かか)えてミルクをやっていました。(じゅん)(しん)(かん)(ぜん)(かたち)(きず)のない()(ひつじ)は、イエス・キリストの原型(げんけい)でした。イエスの洗礼(せんれい)()、「()よ、(かみ)()(ひつじ)を」とヨハネは()いました。ヨハネの黙示録(もくしろく)で、キリストは()(かえ)し「()(ひつじ)」と()ばれています。(ヨハネの黙示録(もくしろく)14(しょう)1,4,10(せつ)17(しょう)14(せつ)19(しょう)7,9(せつ)21(しょう)9(せつ)

 

(かみ)はイスラエルの人々(ひとびと)指示(しじ)されました。「その()()って、()(ひつじ)()べる(いえ)()(ぐち)()(ほん)(はしら)(かも)()()る。

 

(にく)(なま)()べたり、()()べてはならない。(かなら)ず、(あたま)四肢(しし)内臓(ないぞう)()(はな)さずに()()かねばならない。

 

「それを翌朝(よくあさ)まで(のこ)しておいてはならない。(よく)(あさ)まで(のこ)った()(あい)には、焼却(しょうきゃく)する」((しゅつ)エジプト()12(しょう)610(せつ)

 

(あき)らかに、(かれ)らは(にく)を「その(よる)のうちに(()(ひつじ)を「(ゆう)()れ」に(ころ)したその(よる)のことです)」()べることになっていたので、(かみ)(めい)(はく)()()(したが)った(じゅん)()をするために、()(ひつじ)(じっ)(さい)()べられる(まえ)(じゅう)(ぶん)()(かん)()(ゆう)をもって(ころ)されなければなりませんでした。

 

この特異(とくい)食事(しょくじ)を、(おお)(いそ)ぎで、不安(ふあん)におののきつつ、すぐに(しゅっ)(ぱつ)する(よう)()をしつつ()べるようイスラエルの人々(ひとびと)指示(しじ)するように、(かみ)はモーセやアーロンに()われました。

 

動物(どうぶつ)(ころ)した(あと)は、(すず)しい場所(ばしょ)()るしておくのが通例(つうれい)でした。熟成(じゅくせい)させ、天候(てんこう)によりますが、数日(すうじつ)あるいは1(しゅう)(かん)、またはそれ()(じょう)(あと)(にく)(かい)(たい)するのです。

 

こうして、(ころ)してからわずか数時間後(すうじかんご)()(ひつじ)(あるいは子ヤギ」)を()べるということは、(あき)らかに非常(ひじょう)(いそ)いだ()(れい)(しょく)()であり、(きん)(きゅう)()(しょく)()(しょう)(ちょう)しています。

 

イスラエルの人々(ひとびと)はこう()われました。「それを()べるときは、(こし)(おび)(しめ)め、(くつ)()き、(つえ)()にし、(いそ)いで()べる。これが(しゅ)(すぎ)(こし)である。」

 

「その(よる)、わたしはエジプトの(くに)(めぐ)り、(ひと)であれ、家畜(かちく)であれ、エジプトの(くに)(すべ)ての初子(はつこ)()つ。また、エジプトの(すべ)ての(かみ)(がみ)(さば)きを(おこな)う。わたしは(しゅ)である。


 

 

「あなたたちのいる(いえ)()った()は、あなたたちのしるしとなる。()()たならば、わたしはあなたたちを()()。わたしがエジプトの(くに)()つとき、(ほろ)ぼす(もの)(わざわ)いはあなたたちに(およ)ばない」((しゅつ)エジプト()12(しょう)1113(せつ)

 

(こし)(おび)()めるとは、(とう)()のスカートのような(ふく)(かわ)(おび)()()むことでした。(はし)ったり(はや)(ある)(まえ)には(つう)(じょう)そのようにしました。(くつ)は、(いっ)(ぱん)(てき)(おく)(ない)では()かなかったので、(くつ)()いて(しょく)()をするというのは異例(いれい)指示(しじ)でした。(くつ)屋内(おくない)()かないというのは、今日(こんにち)でも中東(ちゅうとう)東洋(とうよう)国々(くにぐに)でよく()られる習慣(しゅうかん)です。屋外(おくがい)()いた(はき)(もの)は、(じゅう)(きょ)(はい)(さい)には(おく)(がい)(げん)(かん)(さき)()かれました。(あと)の、(あし)(あら)うという(しゅう)(かん)(これはイエス・キリストの(さい)()(ばん)(さん)(いわ)いにも(かん)(れん)します)から()かるように、(めし)使(つかい)(みず)(よう)()して(たい)(せつ)(きゃく)(じん)(あし)(あら)ってから、(きゃく)(じん)はスリッパやサンダルを()くか、裸足(はだし)住居(じゅうきょ)(ゆか)絨毯(じゅうたん)にあがるのです。

 

(つえ)やステッキは通常(つうじょう)ドアの(ちか)くか(げん)(かん)(さき)()かれます。しかし、イスラエルの人々(ひとびと)(あき)らかに(つえ)()にして片手(かたて)食事(しょくじ)をするよう指示(しじ)されており、これは大急(おおいそ)ぎであることを象徴(しょうちょう)しています。

 

この食事(しょくじ)のあらゆる要素(ようそ)(かんが)えてみてください。(どう)(ぶつ)(ころ)してから()もなく()べています。(非常(ひじょう)異例(いれい)です)また、(つえ)やステッキを()()ったままです。(これも異例(いれい)です)つまり、家族(かぞく)行事(ぎょうじ)のようにゆっくりと訪問(ほうもん)食事(しょくじ)(たの)しむのではなく、()(もの)()(ばや)()べており、こうした(こと)(すべ)てが、(ただ)ちに(しゅっ)(ぱつ)する(まえ)の、()(あん)におののいた(おお)(いそ)ぎでとる(しょく)()であることを(しめ)しています!

 

(あと)()られるように、(ゆう)(めい)な、(しゅ)イエス・キリストの「(さい)()(ばん)(さん)」に(つな)がり()(けつ)する()(けい)(れつ)(てき)()()(ごと)(かく)(じつ)()こっています。(しゅ)晩餐(ばんさん)(おこな)われた(とき)が、(すぎ)(こし)(すぎ)(こし)()(ひつじ)(ころ)された(とき)関係(かんけい)があることは、(まった)()(もん)()()がありません。

 

しかし、イスラエルの人々(ひとびと)(すぎ)(こし)食事(しょくじ)をしたその(よる)にエジプトを脱出(だっしゅつ)せず、()天使(てんし)(すぎ)(こし)(あと)だたと(かんが)える(ひと)や、さらにはイスラエルの人々(ひとびと)翌日(よくじつ)エジプト(じん)略奪(りゃくだつ)し、(しゅつ)エジプトは(よく)(じつ)(よる)(はじ)まったと(かんが)える(ひと)もいるため、(おお)くの(ひと)(しゅつ)エジプトや、(すぎ)(こし)(しょく)()がいつだったのかということについて混乱(こんらん)してきました。

 

(たと)えば、(しん)(やく)(せい)(しょ)でのイエス・キリストの(にく)()象徴(しょうちょう)(たね)なしパンとワイン)が()(だい)(すぎ)(こし)(ばん)(さん)(おな)じだったと()(かい)していた(ひと)(たち)は、(たね)なしパンの(まつ)りは7(なの)()(かん)ではなく、8(よう)()(かん)だと(しん)(はじ)めました!(かれ)らの(こん)(らん)は、(しん)(やく)(せい)(しょ)のキリストの有名(ゆうめい)最後(さいご)晩餐(ばんさん)古代(こだい)エジプトの(すぎ)(こし)食事(しょくじ)とまさに一致(いっち)するという仮定(かてい)から(はじ)まっています!(みな)さんがはっきりお()かりのように、そうではありませんでした!

 

この()(てい)()けて、(おお)くの(ひと)(びと)()(えつ)(さい)(しゅ)(ばん)(さん))に(たね)なしパンとワインという(しょう)(ちょう)()かち()ってきました。そして、ニサンの15(にち)(まえ)日没(にちぼつ)までには(いえ)からあらゆる(たね)酵母(こうぼ))の(はい)ったあらゆる()


 

 

(もの)()(のぞ)き、その(まえ)のニサンの14()日中(にっちゅう)は、(こう)()(はい)った()(もの)()(しゅう)(かん)()()()(おも)っていました。キリストの()記念(きねん)する儀式(ぎしき)関連(かんれん)して、(たね)なしパンを一旦(いったん)()べるのに、7(なの)()(かん)(たね)なしパンの(まつ)りが(じっ)(さい)(はじ)まる(まえ)、つまりニサンの14()日中(にっちゅう)(たね)(はい)った食事(しょくじ)をすることを不思議(ふしぎ)(かん)じています。

 

しかし、(かみ)()われました。「7(なの)()(かん)、あなたたちは(たね)なしパンを()べる」また、「最初(さいしょ)(つき)14()夕方(ゆうがた)からその(つき)21(にち)夕方(ゆうがた)まで、(たね)なしパンを()べる」((しゅつ)エジプト()12(しょう)18(せつ)(たし)かに、(14()(はじ)まりとして、つまりこの期間の初日として)(ほう)(かつ)(てき)(かぞ)えれば、(あき)らかに8(よう)()(かん)となってしまいます!

 

しかし、(たね)なしパンを()(はじ)めるのを、14()の「夕方(ゆうがた)」、日没(にちぼつ)直前(ちょくぜん)とします。つまり、(にち)(ぼつ)ぎりぎりに(しょく)()(はじ)めて()(かん)、もしくは15(にち)(はじ)めまで(つづ)ければ(なん)(もん)(だい)もなくなります!そうすれば(まる)7(なの)()(かん)(すう)()(かん)になるでしょうが、8(よう)()(かん)ではありません。

 

誠実(せいじつ)人々(ひとびと)にとっての問題(もんだい)有名(ゆうめい)なキリストの最後(さいご)晩餐(ばんさん)(かん)する新約(しんやく)聖書(せいしょ)数字(すうじ)誤解(ごかい)にあったのです!

 

(たね)なしパンの(まつ)りは7()(かん)だけだったことは完全(かんぜん)明白(めいはく)です。((しゅつ)エジプト()12(しょう)15,19(せつ)

 

つまり、古代(こだい)イスラエルの(ひと)(びと)(すぎ)(こし)()(ひつじ)(たね)なしパンを「その(よる)のうちに」((しゅつ)エジプト()12(しょう)8(せつ))つまり、15(にち)(はじ)まり、に()べたこともまた(あき)らかなのです!(さい)(しょ)(すぎ)(こし)(いち)(れん)()()(ごと)()(かい)するためには、関連(かんれん)するあらゆる文章(ぶんしょう)比較(ひかく)しつつ、(あやま)った仮定(かてい)()けて、(ちゅう)()(ぶか)く、(せい)(しょ)()まなければなりません。それでは、ご自身(じしん)聖書(せいしょ)で、最初(さいしょ)(すぎ)(こし)(あいだ)(なに)()こったかを()み、(しゅつ)エジプトはいつだったのかを理解(りかい)しましょう。

 

(ふた)つの(ゆう)()れの(あいだ)

 

(かみ)はイスラエルの人々(ひとびと)指示(しじ)されました。「それは((すぎ)(こし)()(ひつじ))、この(つき)十四日(じゅうよっか)まで()っておき、イスラエルの共同体(きょうどうたい)会衆(かいしゅう)(みな)(ゆう)()れにそれを(ほふ)りその(よる)(にく)()べる」((しゅつ)エジプト()6,8(せつ)

 

ヘブライ()の「夕暮(ゆうぐ)れに」という表現(ひょうげん)(めぐ)っては、様々(さまざま)意見(いけん)()わされてきましたが、厳密(げんみつ)()うと、これは「(ふた)つの(ゆう)()れの(あいだ)」という意味(いみ)になります。ライトフットをはじめとして、この表現(ひょうげん)(にち)(ぼつ)()、あたりが()(くら)になる(まえ)までを()すと(かんが)える(ひと)(たち)がいます。これが間違(まちが)っているならば、(かれ)らは(すぎ)(こし)()(ひつじ)(ころ)して、(すぎ)(こし)食事(しょくじ)()べられるのを13(にち)()わりの(とき)14()(はじ)めの(とき)だと(かんが)えたことになります。(かみ)日没(にちぼつ)から一日(いちにち)(はじ)めておられることを(おも)()してください。(したが)って、14()の「(ふた)つの(ゆう)()れの(あいだ)」に(すぎ)(こし)(ひつじ)(ころ)すことになっていたならば、そしてその「(ふた)つの(ゆう)()


 

 

(あいだ)」が日没後(にちぼつご)、あたりが()(くら)になる(まえ)意味(いみ)するなら、(すぎ)(こし)(ひつじ)は、13(にち)()わった(あと)(ゆう)(がた)(おそ)く、つまり14()(はじ)まった(あと)()べられたことになるでしょう!

 

(ふた)つの(ゆう)()れの(あいだ)」という(ひょう)(げん)(せい)(かく)()()について、キット-の聖書(せいしょ)文学(ぶんがく)百科(ひゃっか)事典(じてん)では(つぎ)のように(しる)しています。「伝統的(でんとうてき)(ふた)つの夕暮(ゆうぐれ)(あいだ)という表現(ひょうげん)は、午後(ごご)から()(しず)むまでを意味(いみ)すると解釈(かいしゃく)される。最初(さいしょ)(ゆう)()れは太陽(たいよう)垂直(すいちょく)にある正午(しょうご)時点(じてん)から西(にし)(かたむ)(はじ)める(とき)(はじ)まり、(つぎ)夕暮(ゆうぐ)れは(たい)(よう)(しず)()えなくなる(とき)からとなる。これは、(いけ)(にえ)(きん)(よう)()()12()30(ぷん)(ころ)されていたと(かんが)えられるからである。(ミシュナ、ペサーヒーム(だい)1(かん)Mishna, Peasachim);マイモニデス(ちょ)、ヒルコス、コルバン、ペサハ(Maimonides, Hilchoth, Korban,Pesach 1(しょう)4(せつ))しかし、(すぎ)(こし)()(ひつじ)は、生贄(いけにえ)(あと)(ころ)されたので、通常(つうじょう)午後(ごご)2()30(ぷん)から午後(ごご)5()30(ぷん)(あいだ)(ころ)されたと(かんが)えられる。キリスト(きょう)(すぐ)れた(かい)(せつ)(しょ)スミスの辞書(じしょ)Smith's Dictionaryでの(すぎ)(こし)(かん)する(すぐ)れた(こう)()(かえ)してはっきり(だん)(てい)されていなかったらば、ユダヤの伝統(でんとう)忠実(ちゅうじつ)(まも)るサンディア、ラシ、キムチ、ラルバグ(など)古代(こだい)ユダヤ(じん)規範(きはん)定義(ていぎ)支持(しじ)し、あるいはジャルチやキムチが、(ふた)つの(ゆう)()れとは日没(にちぼつ)直前(ちょくぜん)直後(ちょくご)()し、日没(にちぼつ)時点(じてん)