預言(よげん)(なか)

ヨーロッパとアメリカ

 

世界(せかい)(もっと)偉大(いだい)国家(こっか)聖書(せいしょ)預言(よげん)(なか)無視(むし)されているでしょうか?もしそうなら、それは正当(せいとう)預言(よげん)()えるでしょうか?もしアメリカ合衆国(がっしゅうこく)のことが何処(どこ)にも()べられていないとすれば、その預言(よげん)はどのような霊感(れいかん)()けて()かれたのでしょうか?

 

聖書(せいしょ)(なか)預言(よげん)(わたし)たちの時代(じだい)(いま)時代(じだい)密接(みっせつ)関係(かんけい)しているならば、合衆国(がっしゅうこく)のことにも言及(げんきゅう)(かなら)ずあるはずです!国際的(こくさいてき)にそれほど重要(じゅうよう)役割(やくわり)をはたしていない多数(たすう)国家(こっか)預言(よげん)には登場(とうじょう)します。(たと)えば、エチオピア、リビア、シリア、エジプト、などのです。預言(よげん)研究者(けんきゅうしゃ)たちは、多数(たすう)中東(ちゅうとう)諸国(しょこく)登場(とうじょう)することを()っています。(なか)には、現代(げんだい)(おな)名前(なまえ)国家(こっか)もあります。では、英国(えいこく)、カナダ、オーストラリア、英国(えいこく)連邦(れんぽう)諸国(しょこく)のことは、どうなっているのでしょうか?さらに()えば、ヨーロッパ諸国(しょこく)のことは、どうなっているのでしょうか?

 

ガーナ・テッド・アームストロング(ちょ)by Garner Ted Armstrong)

 

合衆国(がっしゅうこく)偉大(いだい)(ちから)(ゆう)する大国(たいこく)成長(せいちょう)したという驚異的(きょういてき)事実(じじつ)は、人類(じんるい)史上(しじょう)先例(せんれい)がありません!世界史(せかいし)(なが)れは、合衆国(がっしゅうこく)台頭(たいとう)によってすっかり()わりました。

 

現在(げんざい)合衆国(がっしゅうこく)重要(じゅうよう)超大国(ちょうたいこく)です。アメリカの宇宙(うちゅう)飛行士(ひこうし)たちは、月面(げつめん)(ある)月面車(げつめんしゃ)運転(うんてん)しました。アメリカ(じん)は、2(ふた)つの世界(せかい)大戦(たいせん)において、英国(えいこく)やフランスをはじめとする各国(かっこく)同胞(どうほう)たちに決定的(けっていてき)支援(しえん)提供(ていきょう)し、戦勝(せんしょう)(こく)になりました。そして、そのことが直接(ちょくせつ)合衆国(がっしゅうこく)超大国(ちょうたいこく)地位(ちい)()ることに(むす)びつきました。

 

過去(かこ)100年間(ねんかん)世界(せかい)歴史(れきし)について(かんが)えてください!アメリカはどれくらい(おお)きな影響(えいきょう)(あた)えてきたでしょうか?英国(えいこく)貢献(こうけん)はどれくらい重要(じゅうよう)だったでしょうか?

 

聖書(せいしょ)における預言(よげん)合衆国(がっしゅうこく)英国(えいこく)のことに言及(げんきゅう)していないとすれば、その預言(よげん)正確(せいかく)で、現代的(げんだいてき)で、(わたし)たちの時代(じだい)である現在(げんざい)出来事(できごと)描写(びょうしゃ)していると(しん)じるのは、不合理(ふごうり)なことで
 

す!しかし、このような(かんが)えは(ただ)しくありません。聖書(せいしょ)自体(じたい)信頼性(しんらいせい)そのものに意義(いぎ)(とな)えるという(はなは)だしい(あやま)りです!

 

合衆国(がっしゅうこく)のことは、(たし)かに、聖書(せいしょ)預言(よげん)(なか)()べられています - まさかと(おも)われるでしょうが、()のどの(くに)よりも(おお)預言(よげん)登場(とうじょう)しているのです!

 

聖書(せいしょ)預言(よげん)は、()()った時代(じだい)文学(ぶんがく)作品(さくひん)()ぎないのでしょうか - 暖炉(だんろ)(そば)()過去(かこ)預言者(よげんしゃ)賢人(けんじん)物語(ものがたり)、あるいは(いか)れる預言者(よげんしゃ)のすさまじい告知(こくち)()ぎないのでしょうか?

聖書(せいしょ)預言(よげん)は、現代(げんだい)通用(つうよう)しない(わす)()られた民族(みんぞく)大昔(おおむかし)文学(ぶんがく)作品(さくひん)断片集(だんぺんしゅう) - 過去(かこ)出来事(できごと)系図(けいず)神話(しんわ) - に()ぎないのでしょうか?

 

それとも聖書(せいしょ)丸々(まるまる)三分(さんぶん)(いち)()める預言(よげん)は、合衆国(がっしゅうこく)にも現実的(げんじつてき)意味(いみ)()つのでしょうか - この現代(げんだい)原子力(げんしりょく)時代(じだい)における(わたし)たちの子供(こども)(まご)たちにも、現実的(げんじつてき)意味(いみ)()つのでしょうか?

 

一人(ひとり)(おとこ)系図(けいず)

 

いろんな意味(いみ)聖書(せいしょ)は、「一人(ひとり)(おとこ)系図(けいず)」の物語(ものがたり)(かんが)ることも出来(でき)るでしょう。(みじか)(わず)数章(すうしょう)(なか)に、世界(せかい)全歴史(ぜんれきし)六分(ろくぶん)(いち)相当(そうとう)する時間(じかん)(あつか)われています。つまり、天地(てんち)創造(そうぞう)からノアの洪水(こうずい)までの時間(じかん)のことですが、これは(やく)千年間(せんねんかん)相当(そうとう)します。

 

その()、ノアの子孫(しそん)たちが地上(ちじょう)(おお)うようになったという(はなし)民族(みんぞく)融合(ゆうごう)(こころ)みとバベルの(とう)(はなし)、そして民族(みんぞく)分散(ぶんさん)言語(げんご)混乱(こんらん)(はなし)(つづ)きます。これらすべてのことが、(わず)数章(すうしょう)(なか)(かた)られています。そして、聖書(せいしょ)最初(さいしょ)(しょ)である創世記(そうせいき)12(しょう)(すす)むまでに、(しゅ)(しょう)(めい)により偉大(いだい)使命(しめい)(さず)かった「アブラム」(アブラハムの旧名(きゅうめい))という名前(なまえ)男性(だんせい)登場(とうじょう)します。この非常(ひじょう)重要(じゅうよう)12(しょう)を、注意(ちゅうい)してお()(くだ)さい。

 

(しゅ)はアブラムに()われた。『あなたは()まれ故郷(ふるさと)(ちち)(いえ)(はな)れて、(わたし)(みちび)()()きなさい。

 

『そうすれば、わたしは、あなたを偉大(いだい)国民(こくみん)にし、あなたを祝福(しゅくふく)し、あなたの()偉大(いだい)なものにしよう。あなたは恩寵(おんちょう)()けることになる。あなたを祝福(しゅくふく)する(ひと)(わたし)祝福(しゅくふく)し、あなた
 

(のろ)う人を(わたし)(のろ)う。地上(ちじょう)民族(みんぞく)はすべて、あなたによって祝福(しゅくふく)()ける』(創世記12:1-3)。

 

(なん)素晴(すば)らしい約束(やくそく)でしょうか!

 

これは、全能(ぜんのう)(かみ)証人(しょうにん)()けるという約束(やくそく)です。それは、アブラムが偉大(いだい)()(さず)かることを意味(いみ)しています。無数(むすう)人々(ひとびと)が、(とみ)()るだけでなく、自己(じこ)存在(そんざい)(みと)められ、「名声(めいせい)」を()るために努力(どりょく)しているのではないでしょうか?無数(むすう)人々(ひとびと)が、「有名(ゆうめい)」になることを(ねが)っているのではないでしょうか。ここでは、偉大(いだい)(とみ)名声(めいせい)がアブラムに約束(やくそく)されています。それは、アブラムに感謝(かんしゃ)して祝福(しゅくふく)する人々(ひとびと)自身(じしん)(おお)きな祝福(しゅくふく)()けるほどに偉大(いだい)なものでした!

 

この(あと)(つづ)くのは、(かみ)(たい)する一人(ひとり)(おとこ)恭順(きょうじゅん)についての模範例(もはんれい)です。アブラムは、意義(いぎ)(とな)えることなく、()われた(とお)りに行動(こうどう)します。(かれ)は、(かみ)(したが)ったのです!

 

アブラムは(のち)に(創世記(そうせいき)17(しょう)から)アブラハムと()ばれるようになるのですが、(かれ)は、聖書(せいしょ)全体(ぜんたい)(とお)して「信徒(しんと)(ちち)」と()ばれています。(かれ)は、(かみ)(たい)する恭順(きょうじゅん)模範(もはん)です - (かれ)は、それほど(ふか)(かみ)(しん)じていたのです!(かみ)(かた)られる(とき)(ひと)疑問(ぎもん)議論(ぎろん)をさし(はさ)むことなく(ただ)ちに(したが)ということを、アブラハムは理解(りかい)するようになっていたのです!偉大(いだい)なこの人物(じんぶつ)(かみ)(あい)()けるのは、この気質(きしつ)()るのです - これは、現代(げんだい)人類(じんるい)(ほとん)どまったく()られない気質(きしつ)です!

 

(しゅ)は、ロトがアブラムと(わか)れた(あと)、アブラムに()われた。『さあ、()()げて、あなたがいる場所(ばしょ)から(きた)(みなみ)(ひがし)、そして西(にし)方角(ほうがく)見渡(みわた)しなさい。わたしは、見渡(みわた)(かぎ)りこの土地(とち)をすべて、永久(とこしえ)にあなたとあなたの子孫(しそん)(あた)える。

『わたしは、あなたの子孫(しそん)[(あと)(つづ)くあなたの子孫(しそん)]大地(だいち)砂粒(すなつぶ)[()無数(むすう)意味(いみ)]のようにする。

大地(だいち)砂粒(すなつぶ)(まぞ)()れないように、あなたの子孫(しそん)(まぞ)()れないだろう』(創世記(そうせいき)131416

 

(かみ)は、アブラムの子孫(しそん)中東(ちゅうとう)苦闘(くとう)するただの小国(しょうこく)になるという約束(やくそく)されたのではありません!これは、この現代(げんだい)の「イスラエル」-敵対(てきたい)するアラブ諸国(しょこく)(かこ)まれて生存(せいぞん)をかけた闘争(とうそう)をする国家(こっか) - のことを()べているのではありません。

 

大地(だいち)砂粒(すなつぶ)」のように多数(たすう)人々(ひとびと)四方(しほう)八方(はっぽう)(ひろ)がる広大(こうだい)土地(とち)()らす大国家(だいこっか)を、現代(げんだい)
 

イスラエル国家(こっか)のユダヤ(じん)形成(けいせい)している(わけ)ではないでしょう。

 

(かみ)(のち)に、アブラムに(たい)するこの()()らしい約束(やくそく)をさらに発展(はってん)しておられます!(かみ)は、アブラハムの(まご)ヤコブ((のち)に「イスラエル」と改名(かいめい))に(つぎ)のように約束(やくそく)されました:「あなたの子孫(しそん)大地(だいち)砂粒(すなつぶ)のように(おお)くなり、あなたは西(にし)へ、(ひがし)へ、(きた)へ、(みなみ)へと(とお)(ひろ)がって()く。そして、地上(ちじょう)のすべての民族(みんぞく)は、あなたとあなたの子孫(しそん)によって祝福(しゅくふく)されることになる!」(創世記(そうせいき)28:14

 

この偉大(いだい)約束(やくそく)(あき)らかに、アブラハムの子孫(しそん)古代(こだい)パレスチナの()から「(おお)きく(ひろ)がって()」こと、つまり、(かれ)らが最終的(さいしゅうてき)にパレスチナから(きた)へ、(ひがし)へ、(みなみ)へ、西(にし)へと(とお)(ひろ)がる土地(とち)存在(そんざい)するようになると()うことを意味(いみ)しています!(かれ)らの(かず)は、「大地(だいち)砂粒(すなつぶ)」のように無数(むすう)になるのです!

 

この約束(やくそく)は、古代(こだい)パレスチナの(せま)国境(こっきょう)(ちょう)(えつ)しています!この約束(やくそく)は、地球(ちきゅう)全体(ぜんたい)のことを()べているのです!

 

無数(むすう)子孫(しそん)がアブラハムとその子孫(しそん)たちに()(かえ)約束(やくそく)されていることを、皆様(みなさま)(こころ)銘記(めいき)して(けっ)して(わす)れないで(くだ)さい!アブラハムの子孫(しそん)によって世界(せかい)祝福(しゅくふく)()けるという約束(やくそく)はキリストのことだけを意味(いみ)しているのだと主張(しゅちょう)して(ひと)(あざむ)(こん)(らん)させようとする(ひと)(びと)がいます!これから()るように、キリストを意味(いみ)する「その一人(ひとり)子孫(しそん)」についての明確(めいかく)言及(げんきゅう)があります。そして、「地上(ちじょう)諸国民(しょこくみん)は、あなたの子孫(しそん)によって祝福(しゅくふく)される」(創世記(そうせいき)22:1826:4使徒(しと)行伝(ぎょうでん)3:25参照(さんしょう))という約束(やくそく)には意味(いみ)二重性(にじゅうせい)があることも真実(しんじつ)です。しかし、何度(なんど)何度(なんど)も、(かみ)がアブラハムと(かれ)息子(むすこ)(まご)(たい)して、「大地(だいち)砂粒(すなつぶ)」のような無数(むすう)子孫(しそん)約束(やくそく)されたことを - その子孫(しそん)たちが地上(ちじょう)四方(しほう)八方(はっぽう)(ひろ)がって()くことになると約束(やくそく)されたことを、(こころ)銘記(めいき)して(けっ)して(わす)れないで(くだ)さい!

 

アブラハムは、(かみ)(めい)じられた(とお)りに実行(じっこう)したのです。その結果(けっか)(かみ)はアブラハムに何度(なんど)何度(なんど)約束(やくそく)再確認(さいかくにん)されたのです。(かみ)(つぎ)のように()われました:「...(てん)見上(みあ)げて、(ほし)(まぞ)えることができるなら(まぞ)えてみなさい」。そして()われた。「あなたの子孫(しそん)はこのようになるのです」。

(かれ)(しゅ)(しん)じた。(しゅ)は、それを(かれ)()(みと)められた」(創世記(そうせいき)155-6)。
 

この無数(むすう)子孫(しそん)約束(やくそく)は、(かみ)とアブラハムとの最後(さいご)の「契約(けいやく)」の(まえ) - 「アブラム」から「諸国民(しょこくみん)(ちち)」を意味(いみ)する「アブラハム」へと名前(なまえ)()わる(まえ) - の2(しょう)()べられています。

 

J.H.アレンは、現代(げんだい)英国(えいこく)合衆国(がっしゅうこく)身元(みもと)(かん)する聖書(せいしょ)預言(よげん)立証(りっしょう)する多数(たすう)文献(ぶんけん)(なか)でも(もっと)(ちょ)(めい)(さく)(ひん)(ひと)つとみなされている作品(さくひん)執筆者(しっぴつしゃ)です。その著名(ちょめい)作品(さくひん)である『ユダの王権(おうけん)とヨセフの長子(ちょうし)相続権(そうぞくけん)』(Judah's Sceptre and Joseph's Birthright)の(まえ)()きの(なか)で、アレンは(つぎ)のように()べています:「(かみ)がアブラハムに2つの契約(けいやく)(むす)ばれたということ、もっと正確(せいかく)()えば、アブラムに(たい)する契約(けいやく)および名前(なまえ)をアブラハムと()えた(あと)(かれ)(たい)する契約(けいやく)(むす)ばれたということは、一般的(いっぱんてき)には()られていないことですが、それでも真実(しんじつ)なのです。この改名(かいめい)は、(あたら)しい人格(じんかく)秩序(ちつじょ)付与(ふよ)されるこの契約(けいやく)当事者(とうじしゃ)相応(ふさわ)しい名前(なまえ)にするためでした。最初(さいしょ)のアブラムとの契約(けいやく)は、(かれ)90(さい)(とき)(むす)ばれています。しかし、二番目(にばんめ)のアブラハムとの(けい)(やく)は、(かれ)()(のち)()(にえ)をささげるように(めい)じられてから(あと)(むす)ばれています」。

 

(わたし)たちは、もう(すこ)(さき)でアブラハムのこの大試練(だいしれん)について(かんが)えることにします。

 

ここで、(かみ)(むす)ばれたこの二番目(にばんめ)の「アブラハム」との契約(けいやく)注目(ちゅうもく)して(くだ)さい:「アブラムが90(さい)になった(とき)(しゅ)はアブラムに(あらわ)れて()われた。『わたしは全能(ぜんのう)(かみ)である。あなたはわたしに(したが)って(あゆ)み、(まった)(もの)になりなさい。わたしは、あなたとの(あいだ)にわたしの契約(けいやく)()て、あなたをおびただしく()やそう。...わたしは、わたしの契約(けいやく)をあなたと(むす)ぶ。あなたは、諸国民(しょこくみん)(ちち)となる!

 

『あなたは、もはやアブラムではなく、アブラハム名乗(なの)りなさい。わたしが、あなたを諸国民(しょこくみん)(ちち)とするからである。

 

『わたしは、あなたをおびただしく()やし、(おお)くの国家(こっか)とする複数(ふくすう)(いっ)(こく)のみではありません!](おう)となる(もの)たち複数(ふくすう)多数(たすう)(おう)たち!]が、あなたから()るだろう。

『わたしは、あなたとの(あいだ)に、また(あと)(つづ)代々(だいだい)子孫(しそん)複数(ふくすう)多数(たすう)国家(こっか)子孫(しそん) 大地(だいち)砂粒(すなつぶ)(ほし)(かず)のように多数(たすう)]の(かみ)となる。

『わたしは、あなたが滞在(たいざい)しているこのカナンのすべての土地(とち)をあなたとあなたの子孫(しそん)永久(とこしえ)


 

 

所有地(しょゆうち)として(あた)える。わたしは(かれ)らの(かみ)となる』

(かみ)はまた、アブラハムに()われた。『だからあなたも、あなたの(あと)子孫(しそん)とともに、代々(だいだい)にわたり、わたしの契約(けいやく)(まも)りなさい』(創世記(そうせいき)17:1-9)

 

これを()んで、(かみ)がアブラハムに無数(むすう)子孫(しそん)約束(やくそく)されたことについて(なに)疑問(ぎもん)があるでしょうか?大地(だいち)砂粒(すなつぶ)はどれほどあるのでしょうか?(てん)にはどれほどの(かず)(ほし)存在(そんざい)するでしょうか?()学者(がくしゃ)たちは、(わたし)たちの銀河(ぎんが)には2千億(せんおく)ほどの(ほし)存在(そんざい)していると()っています。勿論(もちろん)、これは(ほし)(かず)文字通(もじどお)予測(よそく)するというよりは、隠喩(いんゆ)なのですが、(かみ)(あき)らかに、アブラハムの子孫(しそん)がやがて多数(たすう)国家(こっか)形成(けいせい)すること すべての(おう)たちが(かれ)子孫(しそん)(ぞく)すること - そして最終的(さいしゅうてき)無数(むすう)人々(ひとびと)がアブラハムの子孫(しそん)になることを約束(やくそく)されています!

 

これらの事実(じじつ)がキリストを意味(いみ)する「一人(ひとり)子孫(しそん)」のみに言及(げんきゅう)したものだと解釈(かいしゃく)する(ひと)は、神聖(しんせい)(かみ)言葉(ことば)苦闘(くとう)しているのです!以下(いか)のことに注目(ちゅうもく)して、脳裏(のうり)()()けて(くだ)さい!

 

      (1) アブラムの(あたら)しい名前(なまえ)である「アブラハム」は、「諸国民(しょこくみん)(ちち)」を意味(いみ)しています。

      (2) (かみ)約束(やくそく): ...わたしは、あなたを複数(ふくすう)国家(こっか)にする

      (3) (かみ)約束(やくそく): ...(おう)となる(もの)たち複数(ふくすう)一人(ひとり)だけではありません!]が、あなたから()るだろう」

      (4) (かみ)約束(やくそく):「わたしは、あなたとの(あいだ)に、また(あと)(つづ)(だい)(だい)()(そん)(ふく)(すう)]との(あいだ)に、契約(けいやく)()てる!」

      (5) (かみ)約束(やくそく): 「わたしは、あなたの子孫(しそん)複数(ふくすう)!]に土地(とち)(あた)える

      (6) (かみ)約束(やくそく):「わたしは、(かれ)複数(ふくすう)!]の(かみ)となる!」

      (7) (かみ)約束(やくそく): アブラハムが諸国民(しょこくみん)(ちち)になるということ すべての(おう)(かれ)から()るということ (かれ)子孫(しそん)最終的(さいしゅうてき)に「大地(だいち)砂粒(すなつぶ)(ある)いは「(てん)(ほし)」ほどの(かず)()えるということ。これは、(かみ)()(かえ)約束(やくそく)されていることです。


 

しかし、聖書(せいしょ)(おお)くに、(とく)預言(よげん)において(おお)()られるように、(かみ)言葉(ことば)にしばしば意味(いみ)二重性(にじゅうせい)があります。(あと)()るように、ヤコブ(名前(なまえ)がイスラエルに()わります)子孫(しそん)は、明確(めいかく)預言的(よげんてき)告知(こくち)()けています。ヤコブの12(にん)息子(むすこ)たち(全部(ぜんぶ)13(にん)です; エフライムとマナセは、ヤコブのお()()りの息子(むすこ)ヨセフの二人(ふたり)息子(むすこ)です)はそれぞれ、具体的(ぐたいてき)国家的(こっかてき)預言(よげん) 国家(こっか)性格(せいかく)各自(かくじ)最終的(さいしゅうてき)相続(そうぞく)するものを(しめ)()(らい)() (あた)えられています。

 

無条件(むじょうけん)約束(やくそく)

 

 

(かみ)最初(さいしょ)にアブラハムにこう()われました: 「あなたはわたしに(したが)って(あゆ)み、(まった)(もの)になりなさい。わたしはあなたの(かみ)となる」。(かみ)は、アブラハムの恭順(きょうじゅん)という条件付(じょうけんつ)きで(かれ)約束(やくそく)されたのです。しかし、これからわたしたちが()るように、(のち)になって、(かみ)はその約束(やくそく)完全(かんぜん)無条件(むじょうけん)のものにされました。

 

創世記(そうせいき)22(しょう)()んで(くだ)さい。この(しょう)は、(かみ)がどのようにしてアブラハムにとても(かんが)えられないような不可能(ふかのう)とも(おも)える(こと)(めい)じられたか(かた)っています!

 

アブラハムとサラは、大変(たいへん)老齢(ろうれい)になるまで子供(こども)()まれなかったのですが、(かみ)はアブラハムが(ちち)になること (かれ)息子(むすこ)(とお)して(おお)くの国家(こっか)(ちち)になること ()(かえ)約束(やくそく)されています。

(かみ)はアブラハムに()われた。『あなたの(つま)サライは、名前(なまえ)をサライではなくサラと()びなさい。

『わたしは彼女(かのじょ)祝福(しゅくふく)し、彼女(かのじょ)によってあなたに(おとこ)()(あた)えよう。わたしは彼女(かのじょ)祝福(しゅくふく)し、諸国民(しょこくみん)(はは)とする。諸民族(しょみんぞく)(おう)となる(もの)たちが彼女(かのじょ)から()る。』。

「アブラハムはひれ()した。しかし(わら)って、(こころ)(なか)()った。『百歳(ひゃくさい)(おとこ)子供(こども)()まれるだろうか。90(さい)のサラに子供(こども)()めるだろうか』。

「アブラハムは(かみ)()った。『どうか、イシュマエルが御前(ごぜん)()(なが)らえますように!』(イシュマエルは、アブラハムと(かれ)侍女(じじょ)ハガルとの(あいだ)()まれた息子(むすこ)です)

(かみ)()われた。『いや、あなたの(つま)サラがあなたとの(あいだ)(おとこ)()()む。その()をイサクと名付(なづ)けなさい。わたしは(かれ)契約(けいやく)()て、(かれ)子孫(しそん)のために永久(とこしえ)契約(けいやく)とする。わたしの契約(けいやく)は、来年(らいねん)(いま)ごろ、 サラがあなたとの(あいだ)()むイサクと()てる』(創世記(そうせいき)17:15-21)


 

 

(かみ)は、創世記(そうせいき)18(しょう)においてこの約束(やくそく)(ふたた)言及(げんきゅう)されています。この(しょう)では、(かみ)使者(ししゃ)がサラとアブラハムが(おや)になるという約束(やくそく)再確認(さいかくにん)したこと、子供(こども)()むには(とし)をとり()ぎていると(かんが)えてサラが(しん)じられずに(わら)ったことが()べられています。

 

それから、ロトと(かれ)家族(かぞく)がソドムから救出(きゅうしゅつ)されたという(はなし)、ソドムとゴモラが火災(かさい)(ほろ)びるという(はなし)(そして、同性愛(どうせいあい)(たい)する(かみ)態度(たいど)(かん)する力強(ちからづよ)証言(しょうげん))(つづ)きます。

 

創世記(そうせいき)21(しょう)では、イサクの誕生(たんじょう)(つぎ)のように(かた)られています:(しゅ)約束(やくそく)されたとおり、サラを(かえり)みて、(やく)(そく)されたとおりにサラに(おこな)われた」

彼女(かのじょ)()ごもり、そして(かみ)がアブラハムに約束(やくそく)された(とき)に、年老(としお)いたアブラハムに(おとこ)()()んだ。

「アブラハムは、サラが()んだ自分(じぶん)子供(こども)をイサク名付(なづ)けた」(創世記(そうせいき)21:1-3)

 

ここで、アブラハムは(かみ)約束(やくそく)(まも)られたことを()るのです!(つい)に、(かれ)自分(じぶん)子供(こども)(あい)する(つま)サラの子供(こども)(もう)けたのです!イサクが()まれた(とき)には100(さい)()えていたアブラハムは、息子(むすこ)誕生(たんじょう)(おお)(よろこ)びしたことでしょう。(かれ)は、息子(むすこ)(なか)(かみ)(おお)くの約束(やくそく)成就(じょうじゅ)されていることを()りました。イサクが(おお)くの(おう)たち、諸国家(しょこっか)無数(むすう)人々(ひとびと)祖先(そせん)になることを(さと)りました!

 

それから、(きび)しい試練(しれん)がやってきました!

 

アブラハムは、(かみ)自分(じぶん)息子(むすこ) - (かみ)約束(やくそく)されたまさにその息子(むすこ) ()(にえ)にするように(めい)じられた(とき)唖然(あぜん)としたに(ちが)いありません。この(とき)、アブラハムは(すで)に、家庭(かてい)のトラブル サラとハガルとの(あいだ)嫉妬(しっと)反感(はんかん) 解決(かいけつ)するためにハガルとイシュマエルを()()していました。(かみ)は、アビメレクからサラを(すく)()されていました。アブラハムとアビメレクとの(あいだ)契約(けいやく)(むす)ばれています。アブラハムは、ベールシェバに井戸(いど)()らせて、二人(ふたり)契約(けいやく)意味(いみ)する「7つの(ちか)いの井戸(いど)」と名付(なづ)けています。

 

それから、青天(せいてん)霹靂(へきれき)のように、(かみ)はアブラハムに()われました:「あなたの息子(むすこ)、あなたの(あい)する(ひと)()イサクを()れて、モリヤの()()きなさい。わたしが(めい)じる(やま)(ひと)つに(のぼ)り、(かれ)(はん)(さい)()(にえ)としてささげなさい」(創世記(そうせいき)22:2)

 

こんなことがあり()るでしょうか?(かんが)えられるでしょうか?(かみ)は、アブラハムに息子(むすこ)()まれ、その息子(むすこ)系図(けいず)(とお)して、(かれ)無数(むすう)人々(ひとびと)父祖(ふそ)になること、歴代(れきだい)(おう)たちもその系図(けいず)から()ることを()(かえ)約束(やくそく)されていたのです。(かみ)(いま)心変(こころが)わりをされたかのようです!(かみ)(いま)


 

イサクを()(にえ)にするようにアブラハムに(めい)じられたのです。アブラハムが(だれ)よりも 自分(じぶん)(いのち)よりも (あい)する(むす)()(ころ)すことを!

 

その()(つづ)くのは、歴史(れきし)前例(ぜんれい)のない模範的(もはんてき)信仰(しんこう)恭順(きょうじゅん)実例(じつれい)です!何世紀(なんせいき)(あと)に、パウロは、こう()べています:「それでは、(にく)による(わたし)たちの()()アブラハムの場合(ばあい)はどうだったのでしょうか。もし、アブラハムが(おこな)いによって()(みと)められたのなら、(かれ)(ほこ)ることができます。しかし、(かみ)御前(ごぜん)ではそうではありません。

聖書(せいしょ)では(なん)()っていますか。アブラハムは(かみ)(しん)じ、それが(かれ)()とみなされました」(ローマ(びと)への手紙(てがみ)4:1-3)

 

ローマ(びと)への手紙(てがみ)4(しょう)には、恭順(きょうじゅん)一体化(いったいか)して恭順(きょうじゅん)模範(もはん)となる信仰(しんこう)(しん)について聖書(せいしょ)(かた)最高(さいこう)説明(せつめい)(ひと)つがあります!(かみ)言葉(ことば)(つぎ)のように()べています:(かれ)は、不信仰(ふしんこう)によって(かみ)約束(やくそく)(うたが)うようなことをせず、反対(はんたい)に、信仰(しんこう)がますます(つよ)くなって、(かみ)賛美(さんび)しました。(かみ)約束(やくそく)されたことを成就(じょうじゅ)されると(かた)(しん)じていたのです(ローマ(びと)への手紙(てがみ) 4:20-21)

 

(かみ)は、アブラハムが(おお)くの国家(こっか)(ちち)になること 無数(むすう)人々(ひとびと)(おう)父祖(ふそ)になることを約束(やくそく)されていました!そして、(かれ)にイサクを(あた)えられました。しかし(いま)(かみ)はイサクを()(にえ)にささげるようにアブラハムに(めい)じられたのです!一体(いったい)(かみ)は、(なに)をされるつもりだったのでしょうか?

 

(にく)(こころ)魔王(まおう)サタンに影響(えいきょう)された(こころ)なら、この時点(じてん)(かみ)(うたが)うようになるでしょう!そのような(こころ)なら、一見(いっけん)不条理(ふじょうり)(おも)える現実(げんじつ)直面(ちょくめん)して自己(じこ)憐憫(れんびん)(ひた)るでしょう!憤慨(ふんがい)(ねん)()たされることでしょう!「(かみ)(なに)をされるつもりなのだろうか?」。(にく)(こころ)なら、自己(じこ)憐憫(れんびん)疑念(ぎねん)(つつ)まれて、「このような(こと)は、公正(こうせい)ではない。(かみ)は、(あた)えてから、その(あと)突然(とつぜん)()()げてしまう」と(おも)うでしょう!

 

(にく)(こころ)なら、こう(かんが)えるでしょう:()()なのか、これは殺人(さつじん)ではないか!(かみ)は、ご自身(じしん)律法(りっぽう)(なか)で『(ころ)してはならない』と()われているではないか?でも、(かみ)(いま)、わたしの息子(むすこ)を殺せと(めい)じられる」。(にく)(こころ)なら (かみ)約束(やくそく)されたことを成就(じょうじゅ)されると(かた)(しん)じる」ことのない心なら 憤慨(ふんがい)自己(じこ)憐憫(れんびん)(いか)り、反感(はんかん)敵意(てきい)懐疑(かいぎ)といった感情(かんじょう)が、心中(しんちゅう)にほとばしり


 

 

()ることでしょう!

 

しかし、アブラハムはどうだったでしょうか?(かれ)は、(なに)(かんが)えたのでしょうか?

 

(わたし)たちは、(かれ)(こころ)完全(かんぜん)には理解(りかい)することは出来(でき)ませんが、合理的(ごうりてき)推測(すいそく)はできるでしょう!(かれ)(つぎ)のように(かんが)えたに(ちが)いありません。

 

      (かみ)はイサクを(ただ)ちに復活(ふっかつ)させてくださるだろう!(かみ)は、ご()(ぶん)(やく)(そく)()()にされることはないだろう。(かみ)は、約束(やくそく)されたのだ。(かみ)だから、うそをつくことはできない。(かみ)は、前言(ぜんげん)(ひるがえ)すようなことはされない。だから、(かみ)は、イサクを復活(ふっかつ)させて、(よみがえ)らせて(くだ)さるだろう!

 

(2) もしそうでないなら、(かみ)はもう一人(ひとり)息子(むすこ)(くだ)さるつもりなのだ!ひょっとすると、二人(ふたり) 三人(さんにん) 五人(ごにん) あるいは十人(じゅうにん)かも()れない!(かみ)はきっと、(わたし)(たい)する約束(やくそく)成就(じょうじゅ)して(くだ)さるだろう。約束(やくそく)されていたように!

 

(3) それはさておき、わたしは(かみ)からどのような恩恵(おんけい)()けているだろうか?わたしの(めい)、わたしの()っている(もの)すべては、(かみ)のお(かげ)だ。サラが(かい)(ほう)されたのは、(かみ)のお(かげ)だ。わたしの(つま)は、わたしから(うば)われていたかも()れない (つま)がアビメレクのハーレムの一員(いちいん)にされていたら(ふたた)()うことができなかっただろう!しかし、(かみ)はわたしを(たす)けて(くだ)さった。サラを(すく)って(くだ)さった。そしてサラはわたしにイサクを()んでくれた。サラは、まだ息子(むすこ)何人(なんにん)()むことができる!

 

アブラハムが(なに)(かんが)えたにしろ、聖書(せいしょ)(つぎ)のように()べています:翌朝(よくあさ)(はや)く、アブラハムはロバに(くら)()き、二人(ふたり)若者(わかもの)息子(むすこ)のイサクを()れて()た。そして(はん)(さい)のための(たきぎ)()り、決意(けつい)して、(かみ)がお()げになった場所(ばしょ)()かって()った」(創世記(そうせいき)22:3)

 

まさに信仰(しんこう)恭順(きょうじゅん)模範(もはん)です!(かみ)最初(さいしょ)に、アブラハムが自分(じぶん)(くに)にいた(とき)(かれ)召命(しょうめい)された(とき)のことを聖書(せいしょ)簡単(かんたん)(つぎ)のように()べています:「そこで、アブラハムは旅立(たびだ)った」(創世記(そうせいき)12:4参照(さんしょう))簡潔(かんけつ)表現(ひょうげん)です。(かみ)(めい)じられた。アブラハムは(したが)った。アブラハムがイサクを()(にえ)にささげようとした最後(さいご)土壇場(どたんば)になって、(かみ)()びかけるのです:「アブラハム!アブラハム!」。アブラハムは(こた)えました:「はい、ここにおります」(創世記(そうせいき)22:11)


 

 

御使(みつか)いは()った。『その()()(くだ)してはいけない。その()(なに)もしてはいけない。(いま)、わたしはあなたが(かみ)(おそ)れることがよく()かった。あなたは、自分(じぶん)(ひと)()である息子(むすこ)ですら、わたしに(ささ)げることを()しまなかった』。

「アブラハムが()()げて見回(みまわ)すと、(うし)ろの(しげ)みに(つの)をひっかけている一頭(いっとう)()(ひつじ)がいた。アブラハムは()って、その()(ひつじ)(つか)まえて、それを息子(むすこ)()わりに(はん)(さい)(ささ)げものにした」(創世記(そうせいき)22:12-13)

 

ここには、その(ひと)()であるイエスキリストを全世界(ぜんせかい)(つみ)(つぐな)うために(ささ)げること(ヨハネ(しょ)3:16参照(さんしょう))()しまれなかった(ちち)なる(かみ)(なぞ)めいたところがあります。

 

これに先立(さきだ)って、(かみ)はアブラハムに()われました:「あなたはわたしに(したが)って(あゆ)み、(まった)(もの)になりなさい。わたしが、あなたを諸国民(しょこくみん)(ちち)とする(創世記(そうせいき)17:1-5参照(さんしょう))(いま)、アブラハムは最後(さいご)最大(さいだい)試練(しれん)通過(つうか)したのです!(かみ)は、アブラハムが(かみ)(しん)じていること確認(かくにん)されたのです!今日(きょう)無数(むすう)人々(ひとびと)がキリストに「ついて(しん)じています」。(かれ)らは、キリストが(かみ)()であることを「(しん)じています」。(かれ)らは「キリストを(しん)じています」。しかし、(かれ)らは、本当(ほんとう)にキリストを(しん)じているのではありません!(かれ)らは、キリストが()われたこと(しん)じることを(こば)んでいます!キリストはこう()われました:「わたしが()たのは律法(りっぽう)廃止(はいし)するためだと(おも)ってはいけません(マタイ(しょ)5:17)無数(むすう)人々(ひとびと)は、(しゅ)律法(りっぽう)廃止(はいし)するために()られたと(しん)じています!キリストは、(ひと)()も、三日(みっか)三晩(みばん)墓場(はかば)(()(なか))にいることになる、と()われています(マタイ(しょ)12:40)。そして、無数(むすう)人々(ひとびと)が、(しゅ)金曜日(きんようび)日没(にちぼつ)から日曜日(にちようび)夜明(よあ)けまでの一日(いちにち)二晩(ふたばん)しか墓場(はかば)(はい)っておられないと(しん)じています!(しゅ)()われています:「もし(いのち)()たいのなら、律法(りっぽう)(まも)りなさい!(マタイ(しょ)19:17)。しかし、無数(むすう)人々(ひとびと)は、(しゅ)(しゅ)(ちち)律法(りっぽう)廃止(はいし)されたと(しん)じています!

 

無数(むすう)人々(ひとびと)が、キリストに「ついて」(しん)じています。しかし、(かれ)らは(しゅ)福音(ふくいん)のメッセージ(()()らせ) ()もなく(おとず)れる(かみ)(おう)(こく)(すなわ)この()におけるキリストの千年間(せんねんかん)世界(せかい)支配(しはい)(黙示録(もくしろく)20:4; 2:26; 3:21) についてのメッセージ (しん)じていません!


 

 

アブラハムは、クリスチャンだと公言(こうげん)する無数(むすう)現代人(げんだいじん)のように、(たん)なる「信仰(しんこう)」をしていたのではありません。アブラハムは、確信(かくしん)していたのです(かれ)らとアブラハムには、相違(そうい)があります!

 

だから(かみ)は、アブラハムに()われたのです:『わたしは(みずか)らにかけて(ちか)う、と(しゅ)()われる。あなたがこの(こと)(おこな)い、()(ぶん)(ひと)()である(むすこ)子すら()しまなかったので、あなたを(ゆた)かに祝福(しゅくふく)し、あなたの子孫(しそん)(てん)(ほし)のように、(はま)真砂(まさご)のように無数(むすう)に増やそう。あなたの子孫(しそん)(てき)城門(じょうもん)()()る。地上(ちじょう)諸国民(しょこくみん)はすべて、あなたの子孫(しそん)によって祝福(しゅくふく)()ける。あなたがわたしの(こえ)()(したが)ったからである』(創世記(そうせいき)22:16-18)

 

ここで(ふたた)び、アブラハムの子孫(しそん)無数(むすう)になるという(かみ)約束(やくそく)注目(ちゅうもく)して(くだ)さい!アブラハムの子孫(しそん)は、繁栄(はんえい)(てき)からの保護(ほご)保証(ほしょう)する戦略的(せんりゃくてき)土地(とち)と「海門(かいもん)」を領有(りょうゆう)することになっていました!

 

これらの途方もない約束(やくそく)は、イサク、さらにヤコブに(たい)して(さい)(かく)(にん)されています。この(あと)長子(ちょうし)相続権(そうぞくけん)約束(やくそく)は、ヤコブの息子(むすこ)たちへ (つぎ)に、()(とこ)にある年老(としお)いたイサクを(とお)して、ヤコブのお()()りの息子(むすこ)であるヨセフの息子(むすこ)のエフライムマナセ(つまり、二人(ふたり)はヤコブの(まご)) ()()がれていきます。

 

しかし、これから()るように、(かみ)()われました:「王権(おうけん)はユダを(はな)れることはない」(創世記(そうせいき)4910)。(かみ)は、人間(にんげん)本質(ほんしつ)思考(しこう)(かみ)偉大(いだい)目的(もくてき)実現(じつげん)することを可能(かのう)にされました。また、リベカとヤコブがイサクを(だま)して長子(ちょうし)相続権(そうぞくけん)をエサウではなくヤコブが相続(そうぞく)するようにした(こと)(ゆる)されました。しかし(かみ)は、「王権(おうけん)-つまりキリストを意味(いみ)する「一人(ひとり)子孫(しそん)」の約束(やくそく) - が、(のち)にヤコブの12(にん)息子(むすこ)一人(ひとり)として()まれて「ユダヤ(じん)」の祖先(そせん)となるユダから(はな)れることはないと()められています。ユダヤという言葉(ことば)は、語源的(ごげんてき)には「ユダ」の「ニックネーム」に()ぎません。これから()るように、二重(にじゅう)意味(いみ)()契約(けいやく)には必然的(ひつぜんてき)分割(ぶんかつ) - つまり、民族(みんぞく)契約(けいやく)恩寵(おんちょう)契約(けいやく)との分割(ぶんかつ) - が生じることになります。歴史(れきし)(なが)何世紀(なんせいき)()ぎてから、13部族(ぶぞく)構成(こうせい)する2(ふた)つの完全(かんぜん)国家(こっか)台頭(たいとう)した(あと)、そして(きた)10部族(ぶぞく)がその土地(とち)から()(はら)われ歴史(れきし)から()えた(あと)(かみ)(えら)ばれた使徒(しと)一人(ひとり)が、(しん)じようとしない異邦人(いほうじん)


 

 

たちに(たい)して、アブラハムに約束(やくそく)された「子孫(しそん)」としてキリストが信任(しんにん)されていることの正当(せいとう)性、(かみ)恩寵(おんちょう)約束(やくそく)、および「王権(おうけん)はユダを(はな)れることはない」という(かみ)預言(よげん)成就(じょうじゅ)について(くわ)しく説明(せつめい)しています。

 

(おお)くの人々(ひとびと)がこの預言(よげん)()びついて、上記(じょうき)(わたし)たちが()んできたこと、つまり、無数(むすう)子孫(しそん) - 大地(だいち)砂粒(すなつぶ)(てん)(ほし)(かず)のように無数(むすう)住民(じゅうみん)国家(こっか)(おう) - を全能(ぜんのう)がアブラハムに()(かえ)約束(やくそく)されたことをすべて無視(むし)したり否定(ひてい)したりするのです!

 

ここで注目(ちゅうもく)して(くだ)さい!使徒(しと)パウロは、異邦人(いほうじん)であるガラテア(びと)(かみ)恩寵(おんちょう)約束(やくそく)民族(みんぞく)約束(やくそく)ではありません)について議論(ぎろん)していた(とき)、こう()いました:「ところで、アブラハムとその()(そん)(たい)して(やく)(そく)()げられました。その(さい)(かみ)多数(たすう)()子孫(しそん)たちとは()われず、一人(ひとり)()してあなたの子孫(しそん)にと()われています。この子孫(しそん)とはキリストのことです」(ガラテア(びと)への手紙(てがみ)316)。

 

(さら)に、国家(こっか)民族(みんぞく)相続(そうぞく)約束(やくそく)恩寵(おんちょう)(めぐ)みとの相違(そうい)注目(ちゅうもく)しましょう。

 

王権(おうけん)はユダを(はな)れることはない...」(創世記(そうせいき)4910)。(かみ)はこう預言(よげん)されています:「(かれ)兄弟(きょうだい)(なか)(もっと)勢力(せいりょく)があったのはユダで、支配者(しはいしゃ)[君主(くんしゅ)]もその子孫(しそん)から()るが、長子(ちょうし)相続権(そうぞくけん)()るのはヨセフである」(歴代(れきだい)誌上(しじょう) 5:2)。

 

長子(ちょうし)相続権(そうぞくけん)は、生存権(せいぞんけん)によってヨセフが相続(そうぞく)することになっていたものです(エフライムとマセはヨセフの息子(むすこ)ですが、()(とこ)にあるヤコブ(イスラエル)は「(わたし)()(かれ)らによって後世(こうせい)(つた)えられますように」と()っています(創世記(そうせいき)48:16参照(さんしょう))。これは「(かみ)恩寵(おんちょう)」とは関係(かんけい)がありません。これは、資格(しかく)によって()られるもの、つまりヨセフの生得権(せいとくけん)長子(ちょうし)相続権(そうぞくけん))です。キリストによって頂点(ちょうてん)(きわ)める系図(けいず)ユダから()ることになるのですが、無数(むすう)子孫(しそん) - (おう)たちや諸国民(しょこくみん)(ふく)無数(むすう)子孫(しそん) - はヨセフ系図(けいず)から()ることを、(かみ)言葉(ことば)明確(めいかく)にされています!

 

王権(おうけん)は、(おう)公式(こうしき)のバトン、あるいは(しょく)(じょう)とも()えるものです。王権(おうけん)という言葉(ことば)には、(おう)職務(しょくむ)という意味(いみ)(ふく)まれています。キリストは、ユダ系図(けいず)から()ることになっていました!

注目(ちゅうもく)して(くだ)さい:「(わたし)たちの(しゅ)がユダの系図(けいず)から()られたことは(あき)らかですが、モーゼは、ユダ(ぞく)については、祭司(さいし)(かん)することは(なに)()べていません」(ヘブライ(びと)への手紙(てがみ)7:14)。

 

ここで、「あなたによってすべての(くに)祝福(しゅくふく)される」(ガラテア(びと)への手紙(てがみ)3:8)という表現(ひょうげん)内在(ないざい)する意味(いみ)二重性(にじゅうせい)について、(すこ)(かんが)えることにします。これからお()かりになるように、皆様(みなさま)世界(せかい)近代史(きんだいし)(まな)ばれたことがあるのでしたら理解(りかい)して(いた)けるように、全世界(ぜんせかい)は、英国(えいこく)とアメリカ合衆国(がっしゅうこく)という(ふた)つの国家(こっか)によって多大(ただい)祝福(しゅくふく)()けています!この(こと)非常(ひじょう)明白(めいはく)なので、(おお)げさに説明(せつめい)する必要(ひつよう)はないでしょう。

 

世界中(せかいじゅう)国々(くにぐに)によって構成(こうせい)される国際(こくさい)社会(しゃかい)植民地(しょくみんち)建設(けんせつ)した英国(えいこく)貿易(ぼうえき)(とお)した低開発(ていかいはつ)(ひん)(こん)(こく)発展(はってん)について(かんが)えてください。英国(えいこく)合衆国(がっしゅうこく)のような国家(こっか)存在(そんざい)しなかったとしたら、世界(せかい)はどうなっていたか(かんが)えて(くだ)さい!(ひゃく)以上(いじょう)もの国家(こっか)がこの(ふた)つの国家(こっか)(とお)して、精神的(せいしんてき)にも物質的(ぶっしつてき)にも祝福(しゅくふく)されてきたのです!

 

では、「国家(こっか)」(nation)という言葉(ことば)意味(いみ)(なん)でしょうか?(わたし)たちは通常(つうじょう)国家(こっか)政治的(せいじてき)存在(そんざい) - ()図上(ずじょう)名前(なまえ)のある(くに)(かんが)えます。しかし今日(こんにち)、この言葉(ことば)は、本来(ほんらい)意味(いみ)とは(こと)なる使(つか)(かた)をされています。この言葉(ことば)本来(ほんらい)(ひと)つの政治的(せいじてき)組織(そしき)結集(けっしゅう)した一族(いちぞく)、つまり部族(ぶぞく)国家(こっか)country)を意味(いみ)していました。

 

この言葉(ことば)nation)は、「誕生(たんじょう)」(birthnativity)や「出生(しゅっしょう)の」(natalnative)という言葉(ことば)(おな)語源(ごげん)をもちます。その意味(いみ)は、誕生(たんじょう)および一族(いちぞく)family)と関係(かんけい)があります。

 

しかし現代(げんだい)では、(ひと)つの国境(こっきょう)(なか)複数(ふくすう)民族(みんぞく)()()まれていること、- つまり、系図(けいず)共通(きょうつう)祖先(そせん)(ゆう)する「民族(みんぞく)」が複数(ふくすう)(あつ)まって(ひと)つの(こく)構成(こうせい)していることもあります。(たと)えば、現代(げんだい)のベルギーは「国家(こっか)」と()ばれる1(ひと)つの政治的(せいじてき)存在(そんざい)です。しかし、現代(げんだい)のベルギー国内(こくない)には、(ふた)つの明確(めいかく)(こと)なる民族(みんぞく)存在(そんざい)しています:つまり、フラマン(じん)とワロン(じん)です。今日(こんにち)()(おお)くの国家(こっか)場合(ばあい)同様(どうよう)に、これらの(ふた)つの民族(みんぞく)(かなら)ずしも良好(りょうこう)状態(じょうたい)にある(わけ)ではありません。ユーゴスラビア、(きゅう)チェコスロバキア(今日(きょう)のチェコ共和(きょうわ)(こく)とスロバキア)、および(きゅう)ソビエト連邦(れんぽう)(モンゴル(じん)、グルジア(じん)、ウクライナ(じん)、アゼルバイジャン(じん)、ウズベク(ぞく)、ロシア(じん)等々(とうとう)10以上(いじょう)民族(みんぞく)構成(こうせい))についても、(おな)じことが()えます。スイスは、ドイツ、フランス、イタリアの3つの異文化(いぶんか)構成(こうせい)されています。

 

現代(げんだい)では多数(たすう)国家(こっか)多民族(たみんぞく)国家(こっか)になっているからといって、アブラハムから()ることになっていた多数(たすう)の「国家(こっか)」についての(かみ)約束(やくそく)棚上(たなあ)げにされた(わけ)ではありません。政治的(せいじてき)国境(こっきょう)(こん)(らん)している場合(ばあい)があっても、また多数(たすう)国家(こっか)民族間(みんぞくかん)交配(こうはい)により事実上(じじつじょう)の「人種(じんしゅ)のるつぼ」になっているとしても、(かみ)約束(やくそく)成就(じょうじゅ)(さまた)げられた(わけ)ではありません!(かみ)約束(やくそく)()(ぜん)として存在(そんざい)しているのです!

 

()られ譲渡(じょうと)された長子(ちょうし)相続権(そうぞくけん)

 

さてここで、(すく)(ぬし)イエスキリストの再臨(さいりん)成就(じょうじゅ)されることになる王権(おうけん)約束(やくそく)長子(ちょうし)相続権(そうぞくけん)約束(やくそく)との(おお)きな(ちが)いについて説明(せつめい)します。

 

長子(ちょうし)相続権(そうぞくけん)祝福(しゅくふく)がヨセフから(かれ)息子(むすこ)のエフライムとマナセに譲渡(じょうと)されたことを()べている興味深(きょうみぶか)(はなし)が、創世記(そうせいき)48(しょう)()られます。

 

「イスラエル(ヤコブ)は、ヨセフの息子(むすこ)たちを()ながら、『これは(だれ)か』と(たず)ねた。ヨセフが(ちち)に、『(かみ)がここで(さず)けて(くだ)さったわたしの息子(むすこ)たちです』と(こた)えると、(ちち)は、『ここへ()れてきなさい。(かれ)らを祝福(しゅくふく)しよう』と()った。

「イスラエルの()老齢(ろうれい)のためかすんでよく()えなかったので、ヨセフが二人(ふたり)息子(むすこ)(ちち)のもとに近寄(ちかよ)らせると、(ちち)(かれ)らに(くち)づけをして()()めた。

「イスラエルはヨセフに()った。『お(まえ)(かお)さえ()ることができようとは(おも)わなかったのに、なんと(かみ)はお(まえ)(むすこ)子たちも()せてくださった』。

「ヨセフは(かれ)らを(ちち)(ひざ)からはなし、()にひれ()して(はい)した。

「ヨセフは二人(ふたり)息子(むすこ)のうち、エフライムを自分(じぶん)右手(みぎて)でイスラエルの左手(ひだりて)()かわせ、マナセを自分(じぶん)左手(ひだりて)でイスラエルの右手(みぎて)()かわせ、二人(ふたり)近寄(ちかよ)らせた。

「イスラエルは右手(みぎて)()ばして、(おとうと)であるエフライムの(あたま)(うえ)におき、左手(ひだりて)をマナセの(あたま)(うえ)()いた。つまり、マナセが長男(ちょうなん)であるのに、[意図的(いとてき)](かれ)両手(りょうて)交差(こうさ)して()いたのです。

「そして、ヨセフを祝福(しゅくふく)して()った。『わたしの祖先(そせん)アブラハムとイサクがその御前(ごぜん)(あゆ)んだ(かみ)よ。わたしの生涯(しょうがい)今日(こんにち)まで(やし)って(くだ)さった(かみ)よ。(わたし)をすべての(あく)から(すく)われた天使(てんし)[ヘブライ()使者(ししゃ)]よ。どうか、この若者(わかもの)祝福(しゅくふく)(あた)えてください。どうか、わたしの()とわたしの祖先(そせん)アブラハム、イサクの()が彼らによって継承(けいしょう)されますように。どうか、(かれ)らがこの地上(ちじょう)数多(かずおお)()(つづ)けますように。

「ヨセフは、(ちち)右手(みぎて)をエフライムの(あたま)(うえ)()いているのを()て、不満(ふまん)(おも)い、(ちち)()()ってエフライムの(あたま)からマナセの(あたま)(うつ)そうとした。

「ヨセフは(ちち)()った。『父上(ちちうえ)、そうではありません。これが長男(ちょうなん)ですから、右手(みぎて)をこれの(うえ)()いてください』。

「ところが、(ちち)はそれを(こば)んで()った。『いや、()かっている。わたしの()よ。(わたし)には()かっている。この()(ひと)つの(たみ)となり、(おお)きくなるであろう。しかし、(おとうと)(ほう)(かれ)よりも(おお)きくなり、その子孫(しそん)多数(たすう)国家(こっか)となる』」(創世記(そうせいき)48:8-19)。

 

(なん)という約束(やくそく)でしょう!

 

これらのヨセフの二人(ふたり)息子(むすこ)は、(ふた)つの(おお)いなる国家(こっか) - (あに)のマナセは単一(たんいつ)大国家(だいこっか)、そして(おとうと)のエフライムは大国家団(だいこっかだん)多数(たすう)国家(こっか)集団(しゅうだん)) - に成長(せいちょう)します。

 

では、歴史(れきし)(なが)れて、(だれ)がイスラエル名前(なまえ)継承(けいしょう)することになっていたのでしょうか?聖書(せいしょ)()めば容易(ようい)理解(りかい)できます!年老(としお)いたイスラエル(ヤコブ)は()っています:(わたし)()(かれ)らによって継承(けいしょう)されますように」(かれ)はまた、アブラハムとイサクの名前(なまえ)(かれ)らによって継承(けいしょう)されますように、と()っています。

 

無数(むすう)のアメリカ(じん)英国人(えいこくじん)が、おめでたい(こと)に、(かれ)らの古代(こだい)ルーツに()づいていないのです。(かれ)らは、英国(えいこく)、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、(みなみ)アフリカを(ふく)(えい)連邦(れんぽう)諸国(しょこく)()ばれる大国家団(だいこっかだん)エフライム(ぞく)人々(ひとびと)構成(こうせい)されていることを(まった)認識(にんしき)していません。また、合衆国(がっしゅうこく)無数(むすう)人々(ひとびと)も、聖書(せいしょ)歴史(れきし) - 聖書(せいしょ)預言(よげん) - におけるマナセ(ぞく)人々(ひとびと)であることを(まった)認識(にんしき)していません!

反対(はんたい)に、無数(むすう)人々(ひとびと)が「イスラエル人」と「ユダヤ人」という呼称(こしょう)同義語(どうぎご)であると誤解(ごかい)しています。これは、とんでもない(あやま)り、完全(かんぜん)間違(まちが)った憶測(おくそく)です。この(てん)については、無数(むすう)人々(ひとびと)無知(むち)なのです。これについては、(のち)ほどまた()れますが、ここでは、イスラエル名前(なまえ)()わったヤコブが()(とこ)で、(かれ)名前(なまえ)エフライムマナセ永遠(えいえん)(むす)びつくという(こと)明言(めいげん)していることを(こころ)銘記(めいき)しておいて(くだ)さい!

 

世界(せかい)(おお)くの人々(ひとびと)認識(にんしき)しているたった(ふた)つの部族(ぶぞく)は、ユダ(ぞく)とレビ(ぞく)です。一般的(いっぱんてき)に「ユダヤ(じん)」と()ばれる人々(じん)名前(なまえ)(なか)には、(じつ)多数(たすう)のレビ(ぞく)人々(ひとびと)名前(なまえ)があります。古代(こだい)ヘブライ()では、「コーエン」(Cohen)という名前(なまえ)は「祭司(さいし)(すなわ)ち「レビ(じん)」を意味(いみ)します。リーヴァイ(Levi)、レヴァイン/レビン(Levine)、レヴィンソン(Levinson)、リーヴィー(Levy)、カーン(Kahn)、クーン(Kuhn)、コーハン(Cohan)、4コーヘイン(Kohane)、コーアン(Cohen)、コーン(Kohn)、レヴィッツ(Levitz)、ルウィッツ(Lewitz)、ルイス(Lewis)ルーイソン(Lewison)、リーボフ(Liebov)、リーボウィッツ(Liebowitz)、等々(とうとう)非常(ひじょう)(おお)くの名前(なまえ)が、「レビ」や「コーエン」 - 即ち(すなわち)祭司(さいし)」 - から派生(はせい)しているのです。イッサカル(ぞく)、ダン(ぞく)、セブルン(ぞく)、ナフタリ(ぞく)、ルベン(ぞく)(など)部族(ぶぞく)がどこに位置(いち)していたのか、ユダヤ(じん)でさえ何人(なんにん)(ひと)()っているでしょうか?ほとんどの人々(ひとびと)が、見当(けんとう)もつかないでしょう!無数(むすう)人々(ひとびと)が「ユダヤ」と「イスラエル」を同義語(どうぎご)だと(かんが)えています!(なん)たる誤解(ごかい)(なん)たる無知(むち)

 

ヨセフの二人(ふたり)息子(むすこ)兄弟(きょうだい)です。この二人(ふたり)兄弟(きょうだい)国家(こっか)はやがて、偉大(いだい)単一(たんいつ)国家(こっか)と「国家(こっか)集団(しゅうだん)」になるのです。現代(げんだい)世界(せかい)では、これらの記述(きじゅつ) - (なが)永続的(えいぞくてき)関係(かんけい)兄弟(きょうだい)たちが(とき)には(たたか)うこともあり、(つね)()(けん)(いっ)()するとは(かぎ)らないとしても) - (たが)いに世界(せかい)(とみ)(おお)くを所有(しょゆう)する(ふた)つの偉大(いだい)国民(こくみん) - に相当(そうとう)する国家(こっか)はどこにあるのでしょうか?

 

歴史(れきし)(たず)ね、(みん)俗学(ぞくがく)()理学(りがく)()政学(せいがく)(まな)ぶのも()いでしょう。そうすれば、この聖書(せいしょ)記述(きじゅつ)()てはまる唯一(ゆいいつ)国民(こくみん)がアメリカ合衆国(がっしゅうこく)(えい)連邦(れんぽう)諸国(しょこく)国民(こくみん)であることを発見(はっけん)するでしょう!

 

(てき)城門(じょうもん)

 

英国(えいこく)は、植民地(しょくみんち)建設(けんせつ)し、開発(かいはつ)し、世界中(せかいじゅう)(ひろ)がって()き、(つい)大国家団(だいこっかだん)帝国(ていこく))の地位(ちい)獲得(かくとく)します。第二次(だいにじ)世界(せかい)大戦前(たいせんまえ)世界(せかい)地図(ちず)()(くだ)さい。この時期(じき)世界(せかい)地図(ちず)大抵(たいてい)(えい)連邦(れんぽう)(あか)で、統治領(とうちりょう)保護領(ほごりょう)をピンクで色付(いろづ)けしています。


 

 

世界(せかい)のどの地域(ちいき)()ても、英国(えいこく)領有権(りょうゆうけん)支配権(しはいけん)影響力(えいきょうりょく)(およびよ)んでいることに()づかれるでしょう。

 

まず、イギリス諸島(しょとう)()ましょう。それはまるで、ヨーロッパの(おき)威厳(いげん)()って(よこ)たわるライオンの(ごと)くです。有名(ゆうめい)なイギリス海峡(かいきょう)背後(はいご)難攻不落(なんこうふらく)(ごと)堅固(けんご)(よこ)たわり、ヨーロッパへの海路(かいろ) - (デンマークとスウェーデンの(あいだ)の)カテガット海峡(かいきょう)/(デンマークとノルウェーの(あいだ))スカゲラク海峡(かいきょう)/オランダやフランスの港湾(こうわん)都市(とし) - を(まも)っています。イギリス諸島(しょとう)位置(いち)は、歴史(れきし)(なが)れの(なか)決定的(けっていてき)役割(やくわり)()たしてきました。(たと)えば、第一(だいいち)()第二(だいに)()世界(せかい)大戦(たいせん)(はじ)めとして数多(かずおお)くの戦争(せんそう)結果(けっか)劇的(げきてき)影響(えいきょう)(あた)えています!

 

(つぎ)に、カナダの広大(こうだい)領土(りょうど)天然(てんねん)資源(しげん)物質的(ぶっしつてき)(とみ)、「地球(ちきゅう)下側(したがわ)」と()ばれる大陸(たいりく)のオーストラリア、島国(しまぐに)のニュージーランドについて(かんが)えてみましょう。(さら)に、鉱物(こうぶつ)資源(しげん)(なか)には、世界(せかい)最大(さいだい)埋蔵量(まいぞうりょう)匹敵(ひってき)するものもあります)を(はじ)めとする天然(てんねん)資源(しげん)(めぐ)まれた(みなみ)アフリカにも注目(ちゅうもく)しましょう。

 

19世紀(せいき)後半(こうはん)20世紀(せいき)大部分(だいぶぶん)において、英国(えいこく)は、インド、エジプト、英国(えいこく)・エジプト共同(きょうどう)管理(かんり)スーダン(当時(とうじ)はこう()ばれていました)、(ひがし)アフリカの諸国家(しょこっか)(ベルサイユ条約(じょうやく)によりドイツに(うば)われた(くに)(ふく)む)、等々(とうとう)非常(ひじょう)(おお)くの国々(くにぐに)支配(しはい)していました。英国(えいこく)は、世界中(せかいじゅう)領土(りょうど)(ゆう)していました!(たと)えば、以下(いか)諸国(しょこく)もそうでした:

 

パレスチナ、トランスヨルダン、ジブラルタル、マルタ(とう)、クレタ(とう)、スエズ運河(うんが)、カイバル(とうげ)(アフガニスタンからパキスタンに(つう)じる山道(やまみち))、アンダマン・ニコバル諸島(しょとう)(ミャンマー南西部(なんせいぶ)のベンガル(わん)(おき)位置(いち)する2(ふた)つの群島(ぐんとう))、セイロン(スリランカの旧称(きゅうしょう))、ローデシア(現在(げんざい)は、ザンビアとジンバブエの2つの独立国)、ケニア、タンガニーカ(現在は、ザンジバルとともにタンザニア連合(れんごう)共和(きょうわ)(こく)構成(こうせい)) - シンガポール、マラッカ海峡(かいきょう) - 香港(ほんこん) - ブルネイ、ギルバート諸島(しょとう)、ソロモン諸島(しょとう)、ニュージョージア諸島(しょとう)、ニューギニア - サンタクルス。大西洋(たいせいよう)では、ヘブリディーズ諸島(しょとう)、フォークランド諸島(しょとう)、バーミューダ諸島(しょとう)、バハマ諸島(しょとう)、バーブーダ(とう)、アンティグア(とう)、セントヴィンセント(とう)、セントルシア(とう)、バルバドス、ケイマン諸島(しょとう)英領(えいりょう)ホンジュラス、英領(えいりょう)ギアナ。

 

世界(せかい)主要(しゅよう)(うみ)(りく)(もん)は、ほとんどすべて英国(えいこく)合衆国(がっしゅうこく)領有(りょうゆう)していました。


 

 

(わたし)たち合衆国(がっしゅうこく)場合(ばあい)広大(こうだい)大西洋(たいせいよう)太平洋(たいへいよう)によってヨーロッパでの戦争(せんそう)から(まも)られていたという戦略的(せんりゃくてき)位置(いち)が、(わたし)たちの(くに)における自由(じゆう)維持(いじ)(きわ)めて重要(じゅうよう)役割(やくわり)()たしてきました。(わたし)たちは事実上(じじつじょう)、パナマ運河(うんが)、グアンタナモ(キューバ)、ハワイ諸島(しょとう)、グアム(とう)、ウェーク(とう)における重要(じゅうよう)海門(かいもん)領有(りょうゆう)し、戦略的(せんりゃくてき)(しま)防衛(ぼうえい)しました。(わたし)たちは、ダッチハーバーのアリューシャン列島(れっとう)という厳寒(げんかん)諸島(しょとう)領有(りょうゆう)していました。歴史(れきし)(ふか)知識(ちしき)がなくとも、これらの地域(ちいき)(きわ)めて戦略的(せんりゃくてき)価値(かち)理解(りかい)して(いた)けるでしょう。

 

英国(えいこく)は、ジブラルタルとスエズを領有(りょうゆう)し、エジプトのアレクサンドリアは()うに(およびよ)ばず、マルタ(とう)、クレタ(とう)、キプロス(とう)海軍(かいぐん)基地(きち)として利用(りよう)することで()中海(ちゅうかい)支配(しはい)しました。また、ヨーロッパ(がわ)トルコとアナトリア半島(はんとう)(へだ)てるボスポラス海峡(かいきょう)・ダータネルス海峡(かいきょう)掌中(しょうちゅう)(おさ)めることで黒海(こっかい)(ふう)()めました。英国(えいこく)は、世界(せ&